治療薬の取り扱いについて

ページ番号:950711900

更新日:2022年9月27日

中和抗体薬並びに経口薬の取り扱いについては以下をご参照ください。

治療薬の適応となる患者について

治療薬の適応となる患者については、以下の資料をご確認の上、適正な処方をお願いします。また、患者への丁寧な説明を行っていただき、同意を得た上での処方をお願いいたします。

中和抗体薬(ロナプリーブ・ゼビュディ・エバシェルド)の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の中和抗体薬(ロナプリーブ(カシリビマブ・イムデビマブ)、ゼビュディ(ソトロビマブ)、エバシェルド(チキサゲビマブ・シルガビマブ))は、当面の間、国が所有したうえで、医療機関等に無償で提供しています。
手続きについては、下記リンクをご参照ください。

外来、往診等で中和抗体薬投与を行う医療機関の登録について

中和抗体薬を外来、往診等で投与する場合において、当該投与を行う医療機関(以下「投与医療機関」という。)が投与対象者を入院患者として受け入れることが困難な場合、患者の病態悪化時に対応することができる医療機関(以下「バックアップ医療機関」という。)と連携体制を構築の上、都を通じて厚生労働省へ登録する必要があります。
登録に係る詳細は下記リンクをご参照ください。

経口薬の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の経口薬(ラゲブリオ(モルヌピラビル)、パキロビッドパック(ニルマトレルビル・リトナビル))は、当面の間、国が所有したうえで、治療を行う医療機関及び対応薬局に無償で提供しています。
取り扱いを希望される場合は下記リンクをご参照ください。

経口治療薬の処方を行った場合は、処方の実績を申告する必要がありますので、下記リンクをご参照ください。

お問い合わせ

感染症対策課

電話:03-5744-1263
FAX :03-5744-1524

お問い合わせメール