このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
おおた区議会
大田区トップページ

サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 大田区議会 の中の 会議の結果・記録 の中の 決議・意見書 の中の 平成25年 の中の 上池台地区における新たな浸水対策を早急に求める意見書 のページです。

本文ここから

上池台地区における新たな浸水対策を早急に求める意見書

更新日:2013年9月30日

 東京都においては、平成25年2月、下水道管の再構築、水再生センター・ポンプ所の再構築、浸水対策及び震災対策などを盛り込んだ「経営計画2013」を策定し、都民・区民の安全を守り、安心で快適な生活を支える施策に努めていることと認識している。 
 大田区内においては、これまでの取り組みにより、幹線等の下水道施設整備が徐々に進み、大規模な浸水被害は軽減している。一方、近年多発している局地的な集中豪雨(以下「ゲリラ豪雨」という。)により、未だ浸水被害が発生し、早急な対策が求められている。
 当区、上池台三丁目と五丁目地域は、平成12年3月に東京都下水道局が策定した緊急重点雨水対策「雨水整備クイックプラン」の中で浸水対策重点地区に指定され、平成17年に区立上池台三丁目公園内の地下に貯留容量6,700立方メートルの雨水調整池が完成し、それ以降、浸水被害が大幅に減少した。しかしながら、本年7月23日のゲリラ豪雨では、当該地域において、住宅や商店などへの床上・床下浸水被害が発生している。
 地域の方々からは、雨が降るたびに浸水に対する不安の声が数多く寄せられ、早急な対策が求められている。また、当該地域は坂下やくぼ地などの地形であることから、同様な豪雨が降ると、今後も繰り返し浸水被害が発生するおそれがあると考えている。
 大田区議会は、東京都が上池台三丁目と五丁目地域の浸水被害を十分に検証し、当該地域における新たな浸水対策を早急に実施し、区民が安全で安心して暮らせるまちづくりが推進されるよう、下記事項を強く要望する。

                                  記

1 上池台地区の浸水被害を十分に検証すること。
2 上池台地区の新たな浸水対策案を確立し早急に実施すること。
 
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

                                                            平成25年9月30日

東京都知事 宛

                                                            大田区議会議長

本文ここまで


このページの上へ戻る
以下 奥付けです。
大田区議会
〒144-8621 大田区蒲田五丁目13番14号(区役所本庁舎10階)電話:03-5744-1474(直通)FAX:03-5744-1541
蒲田駅東口から徒歩1分(JR京浜東北線、東急多摩川線・池上線)
Copyright (c) Ota City. All rights reserved.このページのトップに戻る