このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 蒲田地域 の中の 矢口特別出張所 の中の できごと の中の 「矢口シニアメンズサロン」が行われました!(令和元年5月24日) のページです。

本文ここから
矢口特別出張所

「矢口シニアメンズサロン」が行われました!(令和元年5月24日)

更新日:2019年6月6日

地域力推進矢口地区委員会高齢者見守り検討分科会が企画し、男性高齢者のフレイル予防や社会参加を促すきっかけをつくることを目的に、矢口シニアメンズサロンを開催しました。フレイル予防の3つの柱「運動」「栄養」「社会参画」を盛り込んだ内容の初企画となりました。


フレイル予防のパンフレットを配付しました。

実施概要

日  時  令和元年5月24日(金曜日)午前11時 〜 午後2時
場  所  矢口特別出張所
参加者  24名
スタッフ他 34名(高齢者見守り検討分科会委員、大田区社会福祉協議会、地域包括支援センターやぐち、蒲田地域福祉課、矢口特別出張所他)

主 催

矢口地区自治会連合会
地域力推進矢口地区委員会

内 容

〇講話 フレイル予防について
講師:地域包括支援センターやぐち 地域ささえあい強化委員(蒲田地区担当) 渡部 達郎 氏

スライドを使って、フレイル予防とは何か、どういう生活を送ることで健康で長生きできるか等についてご説明いただきました。
参加者の中には熱心にメモを取る方もいらっしゃり、「簡潔で理解できた。」「これからは社会参画が大事だと感じた。」等のご意見が出ました。

〇健康測定「運動」
2つのグループに分かれ、「健康測定」と「切手整理ボランティア」を交代で実践しました。

健康測定では、ソフィアメディ株式会社の皆様にご協力いただき、骨密度、血管年齢、筋肉量について測定しました。
この3種類は、通常の健康診断等ではなかなか測定できる機会がないため、参加者は皆さん大変興味を持っていました。
なかには、血管年齢が実年齢より30歳も若い方もいました!
また、健康測定までの待ち時間には、すぐに実践できる簡単な健康体操を教わりました。

〇ボランティア体験「社会参加」
ボランティア体験では、大田区社会福祉協議会で定期的に開催している「切手整理簿ボランティア」を実践しました。
このボランティアは使用済み切手の周りを5ミリに切り揃えることで売却額が上がり、その売却益がひとり親世帯への食糧支援のための米の購入代金に充当されるというものです。参加者も委員も一緒になって真剣に取り組んでいました。

〇昼食、栄養講話「栄養」
委員と栄養士が相談の上、栄養バランスのとれたお弁当を発注し、参加者は食事をとりながら栄養について学びました。
併せて蒲田地域福祉課栄養士から普段の食生活で気を付けること等についてお話ししてもらいました。参加者からは「今後食事の中身を検討してみたいと思った。」というご意見も出ました。

お問い合わせ

矢口特別出張所

大田区矢口2丁目21番14号
電話:03-3759-4686
FAX :03-3759-1492
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)