このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(区議会でのあいさつ) の中の 平成25年第1回大田区議会臨時会 区長開会あいさつ のページです。

本文ここから

平成25年第1回大田区議会臨時会 区長開会あいさつ

更新日:2013年6月13日

平成25年5月24日

 本日、平成25年第1回大田区議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員の皆様のご出席をいただき、厚く御礼申し上げます。

 本臨時会では、「大田区子ども・子育て 会議条例議案」、また専決処分をいたしました報告議案についてご審議をいただきたく、招集を申し上げました。なお、報告議案のうち1件につきましては、議会の承認を求めるものでございます。

本臨時会に提出いたしました議案につきましては、後ほど順次ご説明をさせていただきます。よろしくご審議、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。

 さて現在、国で取りまとめ中の、アベノミクスの三本目の矢にあたる「成長戦略」では、子育ての支援が重視されております。また、東京都においても、小規模保育の整備を先行的に実施する、いわゆる「東京スマート保育」が立ち上がるなど、子育て支援の強化に向けた施策のメニューは徐々に出揃いつつある状況です。
 本区では、「未来を拓き地域を担う子どもを、みんなで育むまちにします」という「おおた未来プラン10年」で掲げた目標のもと、保育を必要とする子どもに、健やかな生活を確保するため、さまざまな保育サービスを提供する施策を実行してまいりました。

 しかしながらこの間、都市部における保育需要は、社会経済状況の変化や女性の社会進出の本格化等を背景に増大化・多様化しており、本年4月1日現在の本区における待機児童数は438名、対前年比46名の増となっております。待機児童解消などの課題解決に向けては、国・自治体とも、さらなる工夫が求められているところでございます。

 第1回定例会の閉会あいさつでも申し上げましたが、特別区長会におきましても、待機児童解消対策の強化を求める国への 緊急要望を取りまとめ、4月9日に内閣府 少子化対策担当大臣、厚生労働大臣に要望を行ったところでございます。

 地方自治体からの働きかけに、国は、2年後の子ども子育て支援新制度の施行前に、地方自治体にできる限りの支援策を行う「待機児童解消加速化プラン」を定め、特に今年度から平成26年度までの2か年の緊急集中取組期間においては、今回の特別区長会の要望を踏まえた支援項目が示されたところです。

 今回の、国による支援の動きを歓迎しますとともに、本区といたしましても、さらなる保育サービス基盤の拡充に積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

 具体的に申し上げますと、本区では、平成23年度から25年度の3年間で、保育サービス定員1,000人増を目標とする「大田区保育サービス基盤拡充のための3か年プラン」の推進に取り組んでおり、既に平成23年、平成24年の2年間で811人の定員増を実現いたしました。3か年プラン最終年度となる平成25年度につきましても、当初目標数300名を450名に増やし、待機児童解消の取り組みを一層強化してまいります。また、引き続き、地域の保育ニーズの動向をよく見極め、適切に対応してまいります。

 以上、ご報告申し上げ、招集のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

お問い合わせ

企画課

電話:03-5744-1735
FAX :03-5744-1502
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(区議会でのあいさつ)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)