このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(区議会でのあいさつ) の中の 平成26年第1回大田区議会臨時会 区長開会あいさつ のページです。

本文ここから

平成26年第1回大田区議会臨時会 区長開会あいさつ

更新日:2014年6月9日

平成26年5月26日

 本日、平成26年第1回大田区議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員の皆様のご参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 ただいま、水井達興議員に黙祷をささげました。追悼の式は、後日、執り行われるとのことでございますが、水井議員が、生前、区議会に残されたご功績は誠に大きいものがあります。ここに、心から哀悼の意を表させていただきます。

 さて、本臨時会では、「平成26年度大田区一般会計補正予算(第1次)」をご審議いただき、また専決処分のご報告をいたしたく、招集を申し上げました。このたびの補正予算には、主なものといたしまして、消費税率の引き上げに伴う「臨時福祉給付金」及び「子育て世帯臨時特例給付金」の所要経費、23億8千万円余を計上してございますが、これは、本制度に係る国の説明が本年2月になったことによるものでございます。なお、これら給付金の支給対象者は、区では、約20万人にも達することから、8月28日以降から、支給対象と見込まれる方に申請書を郵送できるよう準備を進めております。これに先立ちまして、5月7日には、区独自のコールセンターを開設し、区民の皆様からの問い合わせに対応しているところでございます。

 その他、本臨時会に提出いたしました議案につきましては、後ほど順次ご説明をさせていただきます。よろしくご審議、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、平成26年度は、「おおた未来プラン10年(後期)」のスタートの年でございます。後期プランは、前期プランと比較して「防災力の強化」、「東京オリンピック・パラリンピックへの取り組み」、「観光」、「国際化」、「産業」、「福祉政策」など各分野において充実を図っております。前期5年間の成果と課題を検証しつつ、この間の社会情勢の変化にも的確に対応して、今後の5年間、そして、その先の将来もしっかりと見据えながら、大田区の将来像である「地域力が区民の暮らしを支え、未来へ躍動する国際都市おおた」の実現に向けて、一層力強く、着実に取り組んでまいります。なお、後期プランの策定にあたりましては、「おおた未来プラン(後期)策定懇談会」、パブリックコメント、区民説明会などを通じまして、広く区民の皆様から多様なご意見をいただきました。議員の皆様をはじめ、ご意見をお寄せ頂いた皆様に、改めて心より感謝申し上げます。

 また、新年度に入り、大田区を取り巻く環境にも幾つか動きがございました。

 5月1日、国家戦略特別区域を定める政令が施行され、東京都におきましては、大田区をはじめ9つの区が国家戦略特別区域に指定されました。この国家戦略特別区域は、いわゆるアベノミクスの「第3の矢」と呼ばれる成長戦略の柱のひとつであり、限定した区域において規制改革と、税制面及び金融面の優遇措置を講じることにより民間投資を呼び込み、「世界で一番ビジネスがしやすい環境」をつくろうとする政府の構想であります。

 4月28日には、特区の指定に先立ち、大田区に対して内閣官房の国家戦略特区ワーキンググループによるヒアリングが急遽行われました。現在の大田区の考え方を、私から説明し、意見交換をしてまいりました。5月12日には、安倍内閣総理大臣出席のもと、国家戦略特別区域諮問会議が開催され、特区に指定された全国6か所の取組状況が論議されました。大田区の案につきましては、規制改革の積極的な活用をめざす姿勢について、好感をいただいたものと存じます。

 区といたしましては、この新たな特区の仕組みを「羽田空港跡地のまちづくり」や「『新空港線』の整備」、区内の産業及び観光振興などの施策展開に向けて積極的に活用してまいりたいと考えております。加えて、民間事業者の方からも、参画があればと期待をしているところでございます。

 次に、5月7日には、国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会が開催されました。国土交通大臣から「東京圏における今後の都市鉄道のあり方」が諮問され、早くも今年の8月には、交通政策基本計画の中間とりまとめが行われる予定と伝えられているところでございます。また、今後の審議におきましては、「首都直下地震への対応」や「国際競争力強化への対応」「東京オリンピック・パラリンピックへの対応」などが論点となっており、とりわけ、「空港へのアクセスの改善」が焦点となるとも報道されているところでございます。「新空港線の整備」につきましては、乗り越えなければならない課題もあり、区といたしましては、今後の審議の動向等を注意深く見守るとともに、その実現に向けて全力で取り組んでまいりたいと考えております。

 以上、ご報告を申し上げ、招集のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

お問い合わせ

企画課

電話:03-5744-1735
FAX :03-5744-1502
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(区議会でのあいさつ)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)