このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和2年12月9日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和2年12月9日)

更新日:2020年12月11日

地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和2年12月9日)

 委員の皆様おはようございます。

 今年最後の地域力推進会議でございます。早いもので今年も余すところわずかとなりました。本日も大変お忙しいなかご出席いただきまして、誠にありがとうございます。
 
 それでは、区政の動きについてお話させていただきます。

1 新型コロナウイルス感染症について 

 全国的に新規感染者が急増しております。区内においても特に家庭内での感染、職場での感染、大人数での会食といった場面での感染がみられております。こうした中、私は、区民の皆様への注意喚起のため、メッセージ動画を作成し、配信いたしました。内容としましては、
1 マスクを外しての会話はしない
2 体調が悪いときは無理に外出をしない。
3 部屋の換気をする。
の3点です。皆様におかれましても、これらについて改めて気を付けていただきたいと存じます。
 区独自の感染症対策の取組として、区内の東邦大学との連携による「区民の命と生活を守る官学連携プログラム」を実施しております。先月には、区内の飲食店について、東邦大学の専門的な知見から感染症対策についての助言をいただいたところでございます。助言をいただいた様子を、区内の他の飲食店の方にも見て参考にしていただけるよう、現在動画を作成しております。また、今月23日には、区民の皆様を対象にしたセミナーをオンラインで開催する予定でおります。当日は、東邦大学の舘田 一博(たてだ かずひろ)教授に講師をお願いし、新型コロナウイルスを「正しく恐れる」ために必要な知見をお伝えいただきます。詳細は、おおた区報や区ホームページでお知らせさせていただきますので、ご参加いただくようお願い申し上げます。

2 令和2年第4回大田区議会定例会の報告について

 第4回区議会定例会が11月26日から12月7日までの会期で開催されました。
 今定例会におきまして、令和2年度大田区一般会計第7次補正予算案、条例案などをご審議いただき、原案のとおり可決していただきました。補正予算でございますが、新型コロナウイルス感染症への対応及び、第6次補正予算編成後に生じた状況の変化に速やかに対応するための予算を計上いたしました。条例につきましては、大田区新蒲田一丁目複合施設条例の制定などをいたしました。このほか、大田区立田園調布富士見会館内部改修その他工事請負契約などについて、可決していただきました。

3 令和2年度大田区総合防災訓練(風水害編)の実施結果について

 先月15日に、志茂田小学校で、風水害を対象とした大田区総合防災訓練を実施しました。訓練は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から参加者を限定し、風水害対策の全体像を学ぶ講義形式の訓練と、水害時緊急避難場所運営訓練の二部構成で実施しました。参加者からは、住民と行政が一体となって災害に立ち向かうことの重要性や感染症対策を踏まえた避難場所運営の課題を認識できたなどの意見があり、非常に有意義な取組みとなりました。国際都市おおた大使や日本工学院専門学校の生徒さんにも避難者役としてご参加いただき、それぞれの視点から貴重なご意見をいただきました。ご協力いただきました皆様に改めて感謝申し上げます。本訓練から得られた教訓は、各学校防災活動拠点にも共有し、今後の風水害対策にしっかりと反映してまいります。

4 田園調布せせらぎ館の開館について

 東急多摩川駅前の田園調布せせらぎ公園内に、「田園調布せせらぎ館」を令和3年1月16日に開設いたします。昨年新たに完成した新国立競技場にも携わる世界的建築家、隈研吾氏が設計を請け負った本施設は、貴重な国分寺崖線の自然や景観に配慮し、公園と一体となった「森の縁側」をコンセプトに、公園内の憩いの場、区民の地域・文化活動の拠点としてご利用いただくとともに、区の新たなランドマークとしても期待できる施設でございます。館内には、文化活動など様々な用途で利用可能な集会室、自然の景観を満喫できる休憩スペースに加え、カフェを併設するとともに、区立図書館所蔵資料の受取り、返却などが可能な図書サービスコーナーを区では初めて設置いたします。
 オープンに際しては、地域活動団体にご協力いただき、開館の祝賀機運醸成の展示イベントやオンラインによる催しものを企画しております。

5 令和2年度「成人のつどい」の実施について

 来年1月11日に、大田区総合体育館にて「成人のつどい」を開催いたします。
 今年度は、6,218名(令和2年11月15日現在)の新成人の皆様が成人の日を迎えます。未来の大田区を担う新成人の晴れの門出を祝福するとともに、成人としての自覚を促し、これまで育てていただいた保護者の方々や学校の先生方、地域の皆様への感謝と敬意を表する契機とするとともに、それぞれの夢の実現に向け挑戦していっていただきたいという趣旨から、今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じ、時間を短縮したうえで、午前と午後の2回に分けて開催することといたしました。併せて、インターネットによる動画配信も行い、多様な参加手法を導入いたします。今年度のテーマは「2021 CONNECT NEW WORLD」ということで、人と人とのつながりを大切に、これから新たな世界とつながっていこうというメッセージが込められています。
 開催にあたりましては、青少年委員の皆様をはじめ多くの地域団体の皆様にご協力いただいておりますことに感謝申し上げます。今年度も、新成人による運営委員会において、テーマ選定、企画、運営を行い、蒲田駅から会場の大田区総合体育館まで、無料シャトルバスを運行いたします。

6 一年の締めくくり

 今年は新型コロナウイルス感染症の拡大という未曽有の事態により、区政を取り巻く状況は一変し、区民生活や区内の経済活動にも多大な影響が及ぶ一年となりました。新しい生活様式のもと、医療、介護、教育関係者の皆様をはじめ、各地区の自治会連合会長、各関係団体の委員の皆様には、各分野で様々な取り組みにご尽力いただき、また国勢調査や特別定額給付金など区政の様々な面で、大変多くの区民の皆様にご協力をいただきました。改めて感謝とお礼を申し上げます。
 区の1年を振り返りますと、春には、区民の安全で快適な暮らしを守り、次世代により良い環境を継承するために、地球温暖化対策を推進するための区民運動「おおたクールアクション」をスタートさせました。教育現場においては、コロナ禍においても学びを止めない「学びの保障」、「新しい学びの構築」、それらの前提となる「ICT活用の加速化」に向け、区立小・中学校の全児童・生徒への1人1台タブレット端末の貸与を前倒しで進めております。
 6月には、大田区中央防波堤埋立地に町区域が新設され、町名が「令和島」に決まりました。また同月には、区内で19番目の特別養護老人ホームとなる「特別養護老人ホーム誠心園」が西糀谷に開設いたしました。
 7月には、羽田空港跡地第1ゾーンに羽田イノベーションシティが開業し、9月に本格稼働いたしました。
 10月には、新型コロナウイルス感染症や大規模自然災害などの緊急課題を克服するため、「新おおた重点プログラム」を策定いたしました。
 新型コロナウイルス感染症の拡大以降、区は「感染拡大防止」「区民生活支援」「区内経済対策」に全力で取り組んでまいりましたが、今後も区民の皆様の生命・暮らしを守り、経済活動を支えるとともに、子どもたちの未来を切り開く対策に、途切れることなく取り組んでまいります。

 これから本格的な寒さを迎えます。お体にはくれぐれもお気をつけて、年末年始をお過ごしいただければと思います。
 なお、例年 年明けに開催しております「大田区新春のつどい」につきましては、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を勘案して中止とさせていただきました。あいにく皆様とのご対面は叶いませんが、動画配信を予定しておりますので、新年のご挨拶として多くの皆様にご覧いただければ幸いでございます。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)