このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和元年5月7日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和元年5月7日)

更新日:2019年5月8日

地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和元年5月7日)

 委員の皆様おはようございます。

 心地よい日差しの中で新緑が輝き、自然を楽しむのにもよい季節となりました。大田区には、池上梅園や洗足池、ふるさとの浜辺公園など、自然を楽しめる場所が数多くございます。ぜひお出かけになられてはいかがでしょうか。

 さて、このたびの大田区長選挙におきましては、区民の皆様からの信託を賜り、引き続き大田区長の職責を担わせていただくことになりました。
 この選挙期間中、多くの区民の皆様の声を伺い、区政に対する期待の大きさを強く感じました。常に区民の視点から区政を考え、区政運営にあたっていかなければならないとの決意を新たにしたところでございます。

 私は、これまでの3期、12年間における区政運営の実績を掲げるとともに、「令和」という新たな時代を迎えて、「地域力を結集し、新しい世代の礎を築く」ことが区長として大変重要と訴えてまいりました。結果といたしまして、多くの方々に共感と支持をいただき、4期目を迎えることができました。
 これまでの取り組みを改めて振り返りますと、常に大田区の将来を見据えた決断のもとに、多くの成果を挙げることができたと思っております。私は初当選以来、一貫して大田区の将来像の実現のために「地域力」と「国際都市」を2本柱として、区政運営を進めてまいりました。「地域力」を活かした、防災・防犯の取り組みを進め、災害時医療体制の構築、200を超える団体との災害時協力協定の締結、12年間で刑法犯罪発生件数4割以上の削減の実現など数多くの実績・成果を挙げることができました。また、羽田空港が所在する自治体として、世界にひらかれた「国際都市おおた」をつくるため、「国際都市おおた宣言」や「国際都市おおた協会」の設立、多言語対応の「大田観光情報センター」開所などの取り組みを行ってまいりました。さらに、特別養護老人ホーム・高齢者グループホームの定員を約7割増加するなど、誰もが安心していきいきと暮らせるまちづくりを進めてきました。そして、このような様々な施策を積極的に展開しながら、同時に、区財政の健全性の向上にも取り組んでまいりました。これらの実績を着実に挙げることができましたのも、地域の皆様のご協力があればこそでございまして、改めて心より感謝申し上げたいと思います。

 現在、日本社会は大きく変化しております。わが国の人口は2008年をピークに減少局面に入り、高齢化は世界に類を見ないほどの速度で進んでいます。幸いにして大田区では、今後もしばらくは、人口は少しずつ増える予測とはなっておりますが、このような大きな変化を、大局観をもってしっかりと捉えつつ、中長期的な視点で将来を見据え、着実に区政を進めてまいります。

 そこで、このたび、6つの公約を掲げさせていただきました。
第1は、「いつまでも元気なスポーツ・健康・福祉のまち」
第2は、「安心して子どもを産み育てられるまち」
第3は、「災害に強く犯罪のない安心・安全なまち」
第4は、「快適で利便性の高い持続可能な環境都市」
第5は、「にぎわいと創造性豊かな産業都市」
第6は、「地域の歴史・文化・芸術を育む観光・国際都市」
でございます。これまで進めてまいりました、「新空港線」整備による鉄道沿線のまちづくり推進、羽田空港跡地の「新産業創造・発信拠点」整備による地域経済の活性化、「勝海舟記念館」整備による歴史的文化の発信など、区の魅力の向上を、これまで以上に図ってまいります。これらの取り組みを通じて、区民の皆様とともに、「魅力的で住み続けたい おおた」を実現してまいります。

 区民の信託を受けた首長として、今こそ「決断と実行!!」という強い信念のもとで、4期目の区政運営を進めていく覚悟でございます。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

1 大田区議会議員・大田区長選挙の結果とお礼について

 大田区議会議員選挙と大田区長選挙が先月21日に行われました。
 今回の投票率は区議会議員選挙で42.74%、区長選挙では42.73%でございました。
 投票管理者・投票立会人への就任やポスター掲示場の設置等にご協力いただきました皆様に、心からお礼を申し上げます。

2 第68回大田区子どもガーデンパーティについて 

 先月28日に、区内10会場で行われた「大田区子どもガーデンパーティー」では62,738人という多くの方にご来場いただきました。
 各会場ごとにそれぞれ特色のあるイベントが行われ、子どもたちのいきいきとした姿を見ることができ、嬉しく思いました。
 大田区青少年対策地区委員会会長会を中心に、地域の皆様のご協力をいただきましたことに厚く感謝を申し上げます。

3 春の大田区交通安全運動の実施について

 次に、今月11日から20日までの10日間、「世界一の交通安全都市TOKYOを目指して」をスローガンに、春の大田区交通安全運動を実施いたします。
 子どもから高齢者まで幅広い世代を対象とした交通安全啓発事業を実施し、粘り強く交通事故の減少に努めてまいります。
 交通事故のない安全な地域を実現するためには、私たち一人ひとりが正しい交通ルール・マナーを再確認し、交通安全の意識を高めることが重要です。
 自治会・町会の皆様、各警察署や交通安全協会など関係団体の皆様、委員の皆様におかれましては、より一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

4 春の大田区クリーンキャンペーンの実施について  

 次に、今月11日から20日まで、区内5つの駅で放置自転車の防止と喫煙マナーの向上を目的に、春の大田区クリーンキャンペーンを実施いたします。
 放置自転車やポイ捨て・歩きたばこのない清潔で安全なまちづくりを目指し、啓発活動を継続してまいります。
 自治会・町会をはじめとする地域の皆様、協力企業、鉄道事業者、警察署など関係機関の皆様のご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

5 大田区・第二消防方面合同水防訓練の実施について

 今月19日に、大田区と品川区内の消防署及び消防団、災害協定団体等と連携し「大田区・第二消防方面合同水防訓練」を多摩川田園調布緑地にて実施いたします。
 この訓練は、水防活動の技術の向上を図り、被害の軽減につなげていくため、水防関係団体が様々な水防工法の訓練を行うものです。
 近年の異常気象等により、ゲリラ豪雨と呼ばれる集中豪雨や強い勢力をもった台風の発生頻度が増加しており、昨年7月には、西日本を中心とした豪雨災害が発生したことで多くの尊い人命が犠牲となりました。
 区民の皆様には、是非、訓練をご覧いただき、ご自身と地域での災害の備えにしていただければと思います。

6 受動喫煙防止対策について

 7月1日に「改正健康増進法」、9月には「東京都受動喫煙防止条例」の一部が施行されます。条例では、屋内の受動喫煙による健康影響を未然に防止し、誰もが快適に過ごせるまちを実現することを目指すものになっております。
 このような情勢に対応し、区は昨年、受動喫煙防止対策推進本部を設置し、法律や条例の趣旨に基づいた受動喫煙防止に関する取組みについて検討と準備を進めております。
 今年は、今月31日から6月5日までの期間に、厚生労働省の「禁煙週間」に合わせて、区役所本庁舎1階ロビーでパネル展示を実施し、区民の方へたばこと受動喫煙の害等について周知、意識啓発を行います。また、31日には禁煙を希望する喫煙者に対して禁煙支援を行うほか、本庁舎周辺で受動喫煙防止啓発のチラシやグッズを配布するなど、広く受動喫煙による健康への影響について、区民や事業者へ周知してまいります。

7 大田区人権講演会の開催について

 来月7日に区民ホールアプリコにおいて、人権講演会を開催します。俳優としてテレビ、映画、舞台で幅広く活躍中の笹野 高史さんをお招きし、「私の役者人生〜人との絆 家族の大切さ〜」と題しお話いただきます。
 区では引き続き区民の皆様の人権意識の高揚を図り、人権尊重の社会をより推進してまいります。ご都合がつく方は是非お越しください。

8 郷土博物館の特集展示について

 1911年、日本が初めてオリンピック大会に代表選手を送った第5回ストックホルム大会の派遣選考会が、羽田運動場で実施されました。そのときに、NHKの大河ドラマで「いだてん」でも描かれている、マラソンの金栗 四三選手と短距離の三島 弥彦選手の2人が日本代表に選ばれました。
 この度、三島 弥彦選手のご子孫の方から、いくつかの資料をお借りすることができましたので、来月1日から8月6日の期間、郷土博物館で「羽田からオリンピックへ」と題して展示いたします。羽田運動場の歴史をたどりつつ、羽田からストックホルムへと旅立った三島 弥彦選手の活躍を紹介いたします。
 この展示を通じて、羽田の歴史とともに、オリンピックに対する関心を深めていただく契機となれば幸いです。ぜひ、足をお運びいただければと思います。

9 大田スタジアムのリニューアルオープンについて

 大田スタジアムは、約1年間の改修工事を終え、7月1日にリニューアルオープンいたします。今回の改修においては、照明をLED化するなど老朽化した施設の機能更新をはじめ、エレベーターの設置や車いす専用の観客席の設置などユニバーサルデザインに配慮し、さらに多くの方に親しんでいただける施設といたしました。
 オープンに先立ち、来月29日には、「OTAスタジアムフェス」と題しまして、新しい人工芝でのスポーツ体験のほか、ステージショーやクイズ大会、またフードエリアを設けるなど、ご家族で丸一日楽しめる催しを行います。当日は、大森駅と蒲田駅からの無料バスも運行いたします。
 翌日の30日は、小学生向けの野球教室を開催、その後、オープニングゲームとして、東京ガス対東都大学オールスターチームとの交流試合を行います。観覧は無料です。また、8月には軟式野球連盟による子ども野球チームを集めた野球まつり、11月にはジャイアンツアカデミーによる少年野球教室の開催も予定されています。
 新しくなった大田スタジアムで、多くの区民の皆様にご来場いただき、お楽しみいただければと思います。
 なお、大田スタジアムを運営している公益財団法人「大田区体育協会」の名称は、5月1日から「大田区スポーツ協会」に変更となりました。

10 大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」について 

 平和の尊さと大切さを若い世代に語り継ぐことを目的に、8月15日、多摩川河川敷で平和都市宣言記念事業「花火の祭典」を開催いたします。
 今年度は、約1年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックの気運醸成などの思いを込めて、花火の打上げを行う予定です。
 毎年のお願いではございますが、区民の皆様には、本事業の趣旨をご理解いただき、協賛金のご協力をお願い申し上げます。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)