このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和元年9月2日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和元年9月2日)

更新日:2019年9月3日

地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和元年9月2日)

 委員の皆様おはようございます。

 8月15日に予定されていた大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」は、台風10号による悪天候のため、中止の判断をさせていただきました。
 協賛金をはじめとして、地域の皆さま、関係者の皆さまには、多大なご協力をいただきましたことに、心から感謝を申し上げます。

 7月は「社会を明るくする運動強調月間」でございました。
 保護司の皆さまをはじめ、多くの地域の皆さまにご協力いただき、区内各地で、駅頭広報活動やイベントなど様々な活動が行われました。
 7月20日の「大田区民のつどい」には、約1,000人の方にお集まりいただき、まさに地域力の結集がつくりあげた催しとなりました。
 また、各地域ごとにも様々な集会が行われ、ご協力いただいた皆様に、心より感謝を申し上げます。

 それでは、区政の動きについてお話させていただきます。

1 おおた重点プログラムの策定について 

 私は、平成19年に区長に就任して以来、大田区基本構想に掲げる区の将来像「地域力が区民の暮らしを支え、未来へ躍動する国際都市 おおた」を実現するため、平成21年に、区の基本計画である「おおた未来プラン10年」を策定し、施策を推進してまいりました。
 新たな時代の幕開けである令和元年度は、大田区基本構想の計画期間の中間の年であり、今後10年を歩み始める節目の年度です。
 近年では、生活様式の多様化や人口構成の変化、グローバル化など、社会情勢は加速度的に変化しており、大きな時代の波を捉えた新たな基本計画を策定する必要があります。
 この度、新たな基本計画に先立ち、時機を捉えた施策を切れ目なく展開するために、「おおた重点プログラム」を策定いたしました。
 本プログラムを推進し、令和を歩むための土台を固め、令和3年度からの新たな基本計画へとつなげることで、盤石な礎のもと地域の皆様とともに、一層力強く区政を推進してまいります。

2 令和元年第3回区議会定例会について

 第3回区議会定例会が9月12日から10月10日までの会期で予定されております。平成30年度各会計歳入歳出決算や条例案などの議案を提出する予定でございます。

3 マイタイムライン講習会について

  区では、台風や集中豪雨による大規模水害対策として、マイタイムライン講習会を5月から開催してまいりました。日本工学院で行われた講習会を皮切りに、6月からは各特別出張所管内毎に開催し、先月3日をもって一連の講習会を終了することができました。
 この期間中は地域のお祭りや小・中学校の運動会と重なる時期でございましたが、皆様のご協力のもと18地区合計約600名にものぼる多くの皆様にご参加いただきました。
 また、このマイタイムライン講習会はマスコミにも取り上げられ、取材にご協力いただきました地域の皆さまには、改めてお礼を申し上げます。
 10月までは台風による災害リスクも伴います。引き続きマイタイムラインの普及啓発を継続してまいりますので皆さまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

4 通学路のパトロール強化について

 区は、子どもたちの安全を守るため、青色回転灯車4台による区内通学路の巡回パトロールを行なっております。
 このたび、さらに犯罪抑止効果を高めるために、青色回転灯車を警察のパトロールカーのように白黒にラッピングいたしました。
 本日から新学期が始まります。子どもたちが下校する時間帯を中心に、より安心感を与えるパトロールを行ってまいります。また、不審者情報が入った際には、その地域を重点的にパトロールするなど、緊急対応にも努めてまいります。
 子どもたちが安全に過ごせるよう、引き続き地域の皆さまのご協力をお願い申し上げます。
 

5 秋の大田区交通安全運動の実施について

 今月21日から30日までの10日間、「秋の大田区交通安全運動」を実施いたします。
スローガンは “世界一の交通安全都市TOKYOを目指して”です。
 区内における今年1月から6月末までの交通事故件数は、前年より77件減少し、負傷者数も91名減少しました。しかし、死亡者数は前年の2名から3名へ増加しており、重く受け止めております。特に、これからの時期は日没が早まり、見通しが悪くなる夕方以降の事故を大変危惧しております。
 本運動を機に、交通安全に対する意識を高め、悲惨な交通事故を1件でも減らしていくよう努めてまいります。皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

6 羽田空港における新飛行経路について

 先月8日に、国より新飛行経路による運用開始及び国際線の増便を来年3月29日から実施するとの発表がございました。
 この間、区では、空港周辺地域の皆さまの生活への影響が懸念されることから、住民への丁寧な説明、騒音対策、落下物防止対策を含む安全対策を中心とした要望書を3度にわたり国に対して提出するなど、対応してまいりました。その結果、低騒音機の導入促進や落下物防止対策基準の策定などの対策が講じられてまいりました。
 空港を抱える地元自治体として、これまで要望してきたことに対する国の対応や取り組み状況を注視し、引き続き丁寧な説明会の継続実施、さらなる対策の強化、徹底を強く求めてまいります。
 

7 大田区居住支援協議会の設立について

 高齢者や障がい者などが転居する際に、家賃の滞納や孤独死、入居中のトラブルなどの不安が大きく、大家さんが入居を敬遠するといった事例が多くございます。
 これまで区では、住宅探しにお困りの方の相談を受け付けるなどの支援を行ってまいりましたが、より一層、支援を充実するため、9月3日に、不動産関係団体及び居住支援団体等と大田区で構成する大田区居住支援協議会を設立いたします。
 今後、協議会では、関係団体が支援策について話し合い、居住支援団体等による様々なサービスを活用し、高齢者や障がい者などの居住の安定を図ってまいります。

8 勝海舟記念館について

 今月7日に、勝海舟記念館をオープンいたします。
 勝海舟ゆかりの洗足池の地で、勝海舟の功績や国登録有形文化財の建造物などの魅力を伝えてまいります。なお、9月7日の初日は、午後1時から開館となります。
 また、先月27日から今月26日まで、飯田橋にある区政会館では、勝海舟記念館の開館記念として、勝海舟にゆかりのある港区、墨田区と連携し、区外の方向けの3区連携のパネル展を開催しております。
 皆さまのご来館を心よりお待ち申し上げております。

9 生涯学習情報誌「WaKuWaKuおおた」の発行について

 これまで、区内で行われる講座・講演やイベント情報などは、おおた地域力発見倶楽部+生涯学習ガイド「わくわく」として発行してまいりましたが、この度タブロイド版の生涯学習情報誌「WaKuWaKuおおた」を創刊する運びとなりました。

 タブロイド版では、これまで講座やイベント等に馴染みが少なかった方でも参加しやすい情報を集め、「やってみたい!はじめてみたい! が みつかる生涯学習情報紙」をコンセプトとして、年2回各12万部を発行する予定です。創刊号は、9月15日に発行し、新聞3紙への折込みでお手元にお届けいたします。

 こうした取組みを通じて、個々の学びと地域社会づくりが循環する「生涯学習社会」の実現を目指してまいります。

10 敬老の日について

 9月16日は敬老の日でございます。
 この日は、「多年にわたり社会に尽くしてきた高齢の方を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としております。
 今年度、8月1日現在で区内の100歳以上の方は、426名で、男性が69名、女性が357名でございます。このうち、新たに100歳になられた方は184名で男性が32名、女性が152名となっております。また、区内の最高齢は、年度内に110歳になられる女性でございます。
 区では、今年度末までに88歳になられる方に区内共通商品券を、100歳、108歳、区内最高齢の方には、お祝い金を贈呈させていただきます。
 私も訪問させていただき、お祝いを申し上げる予定でございます。

11 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会について

 今月23日から26日まで、ブラジル男子バレーボールチームが大田区総合体育館で合宿を行います。ブラジル代表は、前回のリオ大会で金メダルを獲得し、東京2020大会でもメダル獲得が有力視されています。
 滞在期間は3日間とわずかではありますが、区民の皆さまが世界トップレベルの技術・スピードを間近で見学できる機会を設けられるよう、ブラジルオリンピック委員会と調整しております。
 また、今月27日まで、おおたウエルカムボランティアの二次募集を行っており、合わせて、15歳から参加できる高校生ボランティアを新たに募集しております。こちらは、来年の4月末までの募集となりますので、是非、ご家族やお知り合いの方々にお声掛けしていただければと思います。

12 国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田の開催について

 国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田を、9月28日に「羽田空港旧整備場地区」で開催いたします。
 今年も、羽田空港で行われる空の日イベントと同日開催となり、連携した企画もご用意しております。今年は、「平成から令和につながる大田のおもてなし!」をテーマとし、来場者に国際都市おおたの魅力を実際に感じていただける出展・ステージを企画しています。また、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた機運を醸成する企画として、オリンピアンによるトークショーや、地元 羽田・糀谷地区の自治会・町会の皆さまのご協力のもと、東京五輪音頭2020を披露していただきます。
 このイベントを通じて、区民の皆さまが大田区への誇り・愛着を持ち、おもてなし意識と国際交流感覚を育むきっかけになればと思います。
 多くの方のご来場をお待ちしております。

13 障がい者福祉強調月間について

 区は、10月を障がい者福祉強調月間と定めております。
 障がいのある方の社会活動への参加を促進し、区民の皆様の障がい者福祉に対する理解と認識をより一層高める期間として、しょうがい者文化展やしょうがい者巡回パネル展を開催いたします。
 10月20日には、今回で39回目を迎える「大田区しょうがい者の日のつどい」を大田区総合体育館で開催いたします。
 心のバリアフリーに関する講演会や歌と踊りのショーなどをはじめ、大田区スポーツ推進委員協議会の皆さまのご協力のもとユニバーサルスポーツとパラリンピック競技紹介及び体験コーナー、福祉の店、模擬店なども出店いたします。
 是非、お立ち寄りいただければと思います。

14 大田区青少年交流センターの開設について

 平成29年度で旧平和島ユースセンターを閉館し、新たに大田区青少年交流センター「ゆいっつ」として10月21日に開設する運びとなりました。
 増改築工事中においては、委員の皆さまをはじめ区民の皆さまにご理解とご協力をいただき、改めてお礼を申し上げます。
 青少年の健全育成を図るとともに、スポーツ、地域交流・国際交流を推進する拠点として、また「新スポーツ健康ゾーン」内の施設として、スポーツに親しみながら気軽にお立ち寄りいただくなど、幅広いご利用を願っております。
 開設に先立ちまして、10月13日に内覧会、開設前日の20日にオープニングイベントを開催いたします。
 是非、足をお運びいただければと思います。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)