このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 平成26年10月6日の地域力推進会議は台風のため中止しました のページです。

本文ここから

平成26年10月6日の地域力推進会議は台風のため中止しました

更新日:2014年10月10日

松原区長からのメッセージ

 大田区内の猫の不審死について、容疑者が逮捕されました。皆様にも大変ご心配をおかけしておりましたので、私もひとまずほっとしております。

1 国家戦略特区の東京圏における第1回区域会議について

 今月1日、国家戦略特区の東京圏における第1回区域会議が開催され、私も出席してまいりました。区域会議では、東京圏の区域計画(素案)が示され、大田区が提案した特定事業や今後検討すべき改革事項が盛り込まれています。
 国家戦略特区法に規定する特定事業では、羽田空港跡地のプロジェクトを推進していくため、都市計画法等の特例が盛り込まれ、よりスピーディーな整備が可能となる環境が整うとともに、蒲田駅周辺街路において、エリアマネジメントに係る道路法の特例を活用し、オープンカフェやイベント開催による観光促進が図られる見通しとなりました。その他、国家戦略特区における産業の国際競争力の強化などのために医療機器の開発拠点化につきまして、区が主張する薬事審査の迅速化などが、今後追加に向け検討すべき規制改革事項として取り上げられることとなっております。
 区といたしましては、引き続き、国家戦略特区の仕組みを積極的に活用したまちづくりを進めてまいります。

2 平成26年第3回大田区議会定例会の報告について

 第3回大田区議会定例会が9月11日から10月9日までの会期で開催されております。
 今定例会には、平成25年度各会計歳入歳出決算、平成26年度大田区一般会計第3次補正予算、条例案などの議案を提出しております。
 補正予算、条例案などの議案につきましては、原案どおり可決していただきました。
 補正予算でございますが、テナント型私立認可保育所の開設準備補助に係る経費、予防接種制度改正に伴う経費、景況変動に対応する商店街活性化推進事業に係る経費、などを計上いたしました。
 条例でございますが、「大田区放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例」、「大田区特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例」及び「大田区家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例」を制定したほか、地方税法の改正に伴う条例改正などを可決していただきました。
 また、平成25年度各会計歳入歳出決算につきましては、現在ご審議いただいているところでございます。

3 「大田区いじめ防止基本方針」について

 近年、社会問題となっている「いじめ問題」を防止するために、大田区では、9月24日に「大田区いじめ防止基本方針」を策定いたしました。
 策定にあたっては、「地域力」を生かして、地域社会全体でいじめ対策を推進していくという大田区の特徴を反映いたしました。この基本方針では、「いじめを許さない」「子どもをいじめから守り通す」「学校では教員の指導力を高め組織的に対応する」「学校、保護者、地域住民、関係機関が連携して取り組む」ことを基本に、対策を講じることとしています。
 これまでも、いじめ防止に向けて、区独自の調査やスクールカウンセラーの導入などに取り組んでまいりましたが、今後は、全ての区立学校で「学校基本方針」を策定して、これまで以上に組織的・計画的に対応していくことになります。
 子どもの健全育成のために、これまで同様、御協力をお願いいたします。

4 18色の緑づくりについて

 自治会・町会の皆様にご協力をいただいている18色の緑づくりについてでございます。このたび、地域の花が18すべての地域で決まりました。
 各地域で花を見かけるたびに、まちが花により彩られ、地域の個性が表れ、みどりのまちづくりが進んでいることにうれしさを感じております。また、地域のNPO団体が、自治会・町会の方に花づくりの講習会を実施し、ノウハウを提供するなど、地域の皆様が力を合わせて育成をしていただいていることに、地域力の結集を感じております。
 今後も、関係各部局が連携を深め、18色の緑づくりが、今まで以上に皆様の目に触れることで、潤いや安らぎを感じていただける機会を増やしていきたいと思います。
 引き続き、地域の緑づくりにご協力いただきますようお願い申し上げます。

5 国際都市おおたフェスティバル in 「空の日」羽田について

 先月27日に、国際都市おおたフェスティバル in 「空の日」羽田を実施いたしました。
 2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会の開催決定をはじめ、羽田空港を取り巻く状況が大きく変化する中、空港跡地に隣接する場所でイベントを開催することは、世界と繋がる「国際都市おおた」を宣揚し、跡地活用に対する内外の関心を高め、アピールしていく上で大いに意義があるものと考え、今回初めて開催させていただきました。
 当日は天候に恵まれ、大田区内外から外国人の方も併せ延べ約2万4千人の方々にご来場いただき、自治体主催の国際交流イベントとしては国内最大級規模となりました。多くの皆さんにご尽力いただき、大盛況のもと開催することができました。
 オープニングセレモニーには、中華人民共和国駐日本国大使夫人の汪婉(おうえん)参事官や、ナミビア共和国大使館特命全権大使であるソフィア・ナムパ・ナンコンベ閣下をはじめ多くのご来賓にご参列いただき、大田区の郷土芸能や海外の民族音楽などで大いに盛り上がりました。
 ご来場いただいた方の中には、初めて羽田空港に来たという方もおられ、「羽田空港で日本各地を食で旅する気分を堪能した。」「外国人や外国文化に触れることができ、とても楽しかった。」等のご意見をいただくなど、「国際都市おおた」の魅力を大いに発信できたものと捉えております。今回の成果をより確かなものとし定着させていくためにも、反省・改善点を踏まえた上で来年度以降も実施させていただければと思います。
 ご協力いただいた地域の方々をはじめ企業、団体そしてご来場いただいた多くの区民の皆様に改めて感謝とお礼を申し上げます。

6 平成26年秋の大田区交通安全運動のお礼について

 秋の大田区交通安全運動を先月21日から30日までの10日間実施いたしました。
「やさしさが 走るこの街 この道路」をメインスローガンに、警察をはじめとする関係機関や地域の皆様にご協力をいただき、運動に取り組んでまいりました。
 特に自治会・町会の皆様には、100か所以上で延べ1万人の多くの方に街頭指導等にご尽力いただきましたことを、お礼申し上げます。
 運動期間中の交通事故件数の速報値でございますが、大田区内の交通事故件数は、35件で、昨年と比較すると23件減となりました。
 死亡事故につきましては、1月から8月末までに4件発生しています。このうち4人中3人の被害者が歩行者であり、そのうち2人は青信号で横断歩行中に事故が起きました。皆様におかれましても、横断歩行中にも左右の状況に気を付けていただくとともに、交通量の多い日中の横断に注意するようお願いいたします。夕暮れ時や夜間には自転車は必ずライトを点けたり、反射材を用いた身の周り品を着用するなど交通ルールとマナーの実践をお願い申し上げます。

7 区民と区長との懇談会について

 区政に役立てるために「区民と区長との懇談会」を開催しております。
 第1回目は7月29日に地域活動に興味のある方を対象に、「地域力推進の核として」というテーマで、第2回目は8月4日に若者を対象とし、「国際都市おおたを目指して〜私たちができること」をテーマに実施し、活発なご意見をいただきました。
 第3回目は10月17日に高齢者を対象として、「わたしの健康づくりと生きがい」をテーマに、池上会館で開催いたします。元気で生き生きと生活するために工夫していること、孤立を防ぐための仲間づくりなどについて、懇談をしたいと思います。当日本門寺公園で行われます公園体操の後に、ぜひ続けてご参加ください。
 また、第4回目は10月30日に女性を対象に、「地域の中での子育て」というテーマで実施いたします。子育てを通して日頃から感じていることをお話しいただき、地域全体で子どもを見守り、はぐくんでいくためのアイデアを共有したいと考えています。
 皆様のご参加をお待ちしております。

8 OTAふれあいフェスタ2014の開催について

 11月2日、3日の日曜日、祝日の2日間にわたりまして、恒例の「OTAふれあいフェスタ」を開催いたします。
 会場は、平和島公園、平和の森公園、大森ふるさとの浜辺公園、ボートレース平和島の4会場です。
 25回目を迎える今回は、「地域力!国際都市おおた〜みんなに愛されニコニコ25周年〜」として、区民の皆様が「国際都市おおた」を実感できるイベントとしてまいります。
 皆様と共に、地域住民の輪を広げ、強めていきたいと考えております。皆様のご協力をお願い申し上げます。

9 「花子とアン」関連について

 3月に始まった「花子とアン」のテレビ放映が、9月27日に最終回を迎えました。この放送を通して、私自身、家族や友達の温かさや素晴らしさを再認識させていただきましたので、さびしく感じております。最終日、新井宿会館では、「花子とアン」最終回を見る会が開催されました。当日は、花子さんのお孫さんの村岡美枝さんに会場にお越しいただき、和やかな雰囲気の中、ドラマの最終回を視聴するとともに、半年を振り返っての座談会が開催されました。
 これまで、推進委員の方々にはそれぞれの地域でまちの魅力づくりにご尽力いただき、大森の地域の魅力発信や観光PRの取り組みを行ってまいりました。その一つに、ドラマの舞台地の甲府市や飯塚市とも交流が始まり、区内の地域活性だけでない広がりと発展が生まれ、新しい交流が始まりました。そして、大田文化の森では、半年間に渡る常設展を開催し、2か月ごとに展示替えを行い、訪れる多くの方々に楽しんでいただきました。
 高い視聴率が続くドラマ終盤の先月13日、大森地域では池上会館と大田文化の森において大田区「花子とアン」推進委員会関連イベントが開催され、区内外から多くの方にお越しいただきました。「大田区発!地域文化発信シンポジウム」では、多くの方に来場いただき、村岡花子さんに関する貴重なエピソードや花子さんが暮らした大森や馬込文士村の魅力や歴史についての大変興味深いパネルディスカッションに熱心に聞き入っていました。
 放送は終了しましたが、引き続き文化と観光の振興を進め、大田区の魅力を発信し続けてまいりますので、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせ

地域力推進課

電話:03-5744-1224
FAX :03-5744-1518

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)