このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成26年6月6日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成26年6月6日)

更新日:2014年6月9日

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成26年6月6日)

 委員の皆様おはようございます。

 昨日からあいにくの雨模様が続いておりますが、本日もお足元の悪い中ご出席いただき、ありがとうございます。地域からは爽やかな話題が届いております。
 区立小学校の女子6名で構成されている、縄跳び競技でありますダブルダッチ団体チームが、今月アメリカ合衆国で開催されます世界大会へ出場いたします。彼女たちは、昨年の全国大会でも、みごと優勝を飾っており、実力は充分でございます。去る5月28日に行われました表敬訪問では、華麗な技を披露してくれました。区でも、世界大会における活躍を応援しております。

 それでは、区政のご報告をさせていただきます。

1 平成26年度第1回区議会臨時会の報告及び第2回区議会定例会の開催について

 第1回区議会臨時会が先月26日に開催されました。平成26年度大田区一般会計第1次補正予算案などを御審議いただき、原案のとおり可決していただきましたことを御報告申し上げます。
 平成26年度大田区一般会計第1次補正予算でございますが、臨時福祉給付金、子育て世帯臨時特例給付金に係る経費など、当初予算編成後に生じた状況の変化に速やかに対応するための予算を計上いたしました。
 また、第2回区議会定例会は6月11日から開催される予定でございます。

2 平成25年度決算について

 昨年度の大田区の決算についてご報告させていただきます。
 平成25年度の歳入と歳出について、4月から5月末まで出納の整理を行いまして、この度、速報値がまとまりましたので、ご報告いたします。
 平成25年度の歳入総額は、2,406億円余、歳出総額は2,258億円余でございました。収入率は101.97%、執行率は95.70%でございます。
 歳入から歳出を引きました額が約148億円となりますが、このうち約2億円につきましては、昨年度に引き続いた事業を今年度も行うため、繰り越しいたします。したがいまして、実質的な決算剰余金は、昨年度より57億円増の、約146億円となりました。この決算剰余金の半分の約73億円を、将来の大田区の事業執行のために、財政基金に積み立ていたします。残りの半分は、今年度の予算に繰り越しいたします。

3 「平成26年度大田区政に関する世論調査」の実施について

 2年に一度実施しております「大田区政に関する世論調査」の実施についてでございます。
 今回の調査期間は7月18日から8月5日までの19日間を予定しております。20歳以上の区民の皆様から、2,000名の方を無作為に選ばせていただき、調査票を郵便でお送りいたします。皆様のご意向やご要望を的確に把握し、今後の施策に反映するもので、区政にとって重要な調査でございます。調査協力のお願いにつきましては、6月21日号の大田区報にも掲載いたします。
 何とぞ主旨をご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

4  憲法週間記念人権講演会の開催結果について

 5月15日に大田区民ホールアプリコにおいて、戦場カメラマン・ジャーナリストの渡部陽一さんをお招きして、『憲法週間記念 人権講演会』を開催いたしました。
 本日ご出席の委員の方々にも、多数ご出席いただきまして、ありがとうございました。当日は、1,200名を超える多くの区民の皆様にご来場いただきました。
 講演では、渡部さんが撮影した、戦場での映像と写真を交えながら、厳しい状況においてみられる、深い家族愛、人間愛の様子とともに、平和への切なる思いなどを、全身を使って伝えてくださりました。「世界中の人たち一人ひとりがしあわせに生きる権利がある。日本のように。戦場カメラマンとしてそれを伝えること、また日本の声を戦場に生きる方々に届けること。2014年はそうしていきたい。」と、その思いを熱く語っていただきました。
 実施後のアンケートでは、9割に及ぶ方々から「よかった」との回答をいただくと共に、渡部さんに向けて「感動をありがとう」「からだに気を付けてご活躍を」とエールが寄せられました。ご協力いただき、ありがとうございました。

5  平成26年春の駅前放置自転車クリーンキャンペーンの実施結果報告について

 先月もお話しておりますが、5月21日から30日の10日間にわたり、4つの駅で「春の駅前放置自転車クリーンキャンペーン」を実施いたしました。
 今回のキャンペーンには、地域の皆様方や警察など総勢232名の多くの方のご参加をいただきました。また、キャンペーン中には放置された自転車と原動機付自転車について、合計で719台の撤去を行いました。
 大切なことは、区民一人ひとりに「放置自転車は迷惑行為である」との意識をもってもらうことです。放置自転車のない、安全で快適な空間づくりを目指し、皆様とともに取り組んでまいりますので、より一層のご協力を、今後ともよろしくお願い申し上げます。

6  行政代執行法に基づく代執行の実施について

 老朽化した空き家に対する行政代執行についてでございます。
 昨年、「大田区空き家の適正管理に関する条例」を施行したところです。かねてより、建材が飛散し、倒壊の恐れのある西糀谷三丁目に所在する管理不全な空き家について、所有者には再三にわたり除却等の措置をとるよう指導等を行ってまいりました。しかしながら、一向に改善がないことから、地域の安全に重大な影響があり、これ以上放置することはできないものと判断しまして、去る5月29日より行政代執行に着手しました。
 空き家に対する行政代執行は都内でも初めてのことであり、周辺の建物が近接している中で、老朽化している建物を除却するという代執行はかなり難しく、作業に20日間程度を見込んでいるところです。
 今後も引き続き、空き家の適正管理に取り組み、安全で安心なまちづくりの推進を図ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

7  平成26年度大田区観光大使の委嘱について

 平成26年度大田区観光大使の委嘱についてでございます。
 大田区では、平成21年度より大田区に縁のある外国籍の方を対象に、「大田区観光大使、通称:来〜る大田区大使」を公募し、平成25年度までに41名の方に委嘱をいたしました。 
 今年度は、5月22日に委嘱式を行い、25年度から継続して大使を務める9名に加え、新たに15名に大使を委嘱し、
24名10カ国の体制で進めてまいります。
 観光大使の皆さんには、区内のイベントに参加していただき、インターネットや人的ネットワークを活用して、大田区の魅力を発信していただきます。また、区内の外国人来訪者の受入環境整備にも御協力いただきます。
 今後も大田区では、海外への情報発信、外国人来訪者の受け入れ環境整備を強化し、来訪者の誘致に努めてまいります。

8  タイ王国首都バンコク大型視察団の受入報告について

 5月23日から28日にかけて、タイ王国の首都バンコクの職員によります大型視察団が税務研修のため来日いたしました。
 現在、タイは国情不安の最中ではありますが、ぜひ大田区の先進的な税務システムを学び、祖国で活かしたいとのことで、バンコクの副事務次官をはじめとする税務職員68名が5月27日に大田区を訪問し、大田区職員による税務研修を受けたところでございます。私も歓迎のご挨拶をさせていただきましたが、目を輝かせて、大変熱心に学んでいた姿が印象的でした。研修終了後には、池上本門寺も見学いただきましたが、「日本の伝統文化の素晴らしさを肌で感じることができ、感動した。」との感想がございました。
 タイからの研修生受け入れは、一昨年のタイ政府行政官訪問団の財政、人材育成研修に続いて2例目でございます。大田区のおもてなしの心が伝わり、今回の視察団もぜひ大田区で研修を受けたいと希望され、実現いたしました。
 昨年7月から短期滞在についてはビザ免除措置が始まり、現在、タイでは訪日ブームが起こっており、昨年だけで45万人もの方々が日本を訪れているそうです。
 今後ともこのような機会をとらえ、大田区の魅力を海外の方々に発信し、世界に開かれた「国際都市おおた」をアピールしてまいります。

9  大森 海苔のふるさと館 来館者50万人達成記念セレモニーについて

 「大森 海苔のふるさと館」の来館者が50万人を迎えました。
 平成20年4月に開館いたしました「大森 海苔のふるさと館」は、大田区沿岸の海苔づくりの貴重な伝統文化を伝える施設でございます。国の文化財として指定を受けた海苔の生産用具を保存展示するほか、元海苔の生産者をはじめとする地域の方々とともに海苔つけ体験学習会など、海苔にかかわる多彩な事業を展開してまいりました。
 このような地域の方々の温かいご支援のおかげで、ついに来館者が50万人に達し、去る5月31日に「来館者50万人達成記念セレモニー」を開催し、記念来館者への記念品贈呈式と大森甚句コンサートを開催いたしました。
 これからも、「大森 海苔のふるさと館」を大田区内外にPRし、大田区のかけがいのない文化である海苔の歴史や伝統を、これからの未来を支える多くの方々に伝えてまいります。

10 スポーツ健康都市宣言記念事業 第1回おおたスポーツ健康フェスタについて

 平成24年6月30日に行ったスポーツ健康都市宣言を記念し、7月5日に、大田区総合体育館において第1回おおたスポーツ健康フェスタを開催いたします。お手元にチラシをお配りしておりますが、宣言から2年が経過する中で、区民の皆様にスポーツによる健康づくりに取り組んでいただくきっかけとなることを願って開催するものでございます。お子様から大人の方まで誰でも楽しめるプログラムを多数ご用意しております。また、ゲストとして北京オリンピック陸上4×100mリレー銅メダリストの朝原宣治氏をお招きし、トークショーと走り方教室を開催する予定でございます。
 また、実施にあたりましては、大田区スポーツ推進委員協議会、区内の地域スポーツクラブはもとより、地域の皆様にご協力いただいております。
 ぜひ、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

11 環境月間について

 6月は環境月間でございます。
 区では、6月2日にJR蒲田駅・大森駅前周辺におきまして、「喫煙マナーアップキャンペーン」を実施いたしました。朝のお忙しい時間にもかかわらず、自治会・町会をはじめとする区民の皆様に、ご協力を賜り、ありがとうございました。
 また、先月の25日になりますが、「多摩川河川敷清掃活動 グリーンアクションたまがわ」を実施いたしました。区民の皆様をはじめ、地域の企業・団体にも社会貢献活動の一環としてご協力をいただきました。
 この環境月間を区の環境保護、環境美化の機会と捉え、引き続き、推進してまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

12 「社会を明るくする運動」強調月間について

 7月は法務省主唱の“社会を明るくする運動”の強調月間でございます。
 日頃より、“社会を明るくする運動”の推進に格段のご協力をいただき誠にありがとうございます。皆様ご存知のとおり、この運動は、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について、理解を深めるための全国的な運動でございます。
 本運動におきましても、おおたの「地域力」を存分に発揮し、関係機関・団体が連携し、地域社会全体で支えながら、犯罪や非行のない明るい地域社会を築いていきたいと考えております。
 また、先日5月30日には大田区と大田区保護司会の間で、保護観察を受けている少年を区の臨時職員として雇用し、職業体験の機会を提供する協定を締結いたしました。法務省東京保護観察所によれば、このような協定を締結する自治体は都内では、初めての取り組みと伺っております。今後も、保護観察対象者の就労支援に積極的に取り組んでいきたいと考えております。皆様方の更なるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

13 「平成26年度 大田区健康診査のご案内」について

 毎年6月から始まります「大田区健康診査」についてのご案内に、誤りがございました。区民の皆様、また、関係の医療機関の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

14 「花子とアン」事業の推進について

 連続テレビ小説「花子とアン」の放映についてでございます。
 来週の6月14日に、「花子とアン」のモデルであります、村岡花子さんにゆかりのある大森めぐみ教会においてパイプオルガンコンサートが開催される予定でございます。申込開始から大好評をいただき、締切の6月3日までに、区内外から定員を大幅に上回る492名の方からお申込みをいただきました。
 大田文化の森の展示コーナーで開催している村岡花子常設展も、開始からちょうど2か月が経過しました。花子さんが住んでいた大田区中央3丁目にあります、観音通り共栄会には、入新井第四小学校の児童が村岡花子さん翻訳の「赤毛のアン」を読んで、描いてくれた絵のフラッグがたくさん飾られています。このように地域の方々のご協力もあり、花子さんが大田区大森にゆかりのある方であることが益々浸透してきているように感じております。
 文化の森では、6月14日からは第2期として『花子の書斎』をテーマとした展示を行いますので、お誘い合わせの上、ぜひご来場くださいますようお願い申し上げます。
 また、先月20日にはドラマのもう1つの舞台であります甲府市の宮島雅展市長が来庁されました。村岡花子さんのゆかりの地として連携を取り合い、お互いの地域の活性化と観光・文化の振興を目指していくことをお話させていただきました。
 皆様のご協力を頂きながら、引き続き文化薫る大田区を広くPRしてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 最後に、特別出張所管内のまちの個性を地域の花で表現する取組み「18色の緑づくり」についてでございます。
 地域の皆様のご協力により、花の選定が着々と進み、現在、13地区で地域の花が選定されました。様々な花で各地域がますます華やかになり、活気ある大田区になることを楽しみにしております。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

地域力推進課

電話:03-5744-1224
FAX :03-5744-1518

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)