このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成27年11月6日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成27年11月6日)

更新日:2015年11月9日

 委員の皆様おはようございます。11月に入りまして、めっきり寒くなってまいりました。十分お体にはお気をつけくださいまして、ご活躍をいただきたいと思います。
 地域では文化センターまつりや自治会・町会によりますお祭りなど、趣向を凝らした催しが区内全域で開催されております。私もお邪魔させていただいた際に、地域の皆様のご活躍や楽しんで参加する様子を近くで見ることができ、地域力の広がりを実感しているところでございます。
 さて、大田区の町工場を舞台といたします連続ドラマ「下町ロケット」が先月から放映されております。ご覧になっている方も多いとは思いますが、実際に区内の製作所でロケが行われておりまして、大田区の町工場や技術を知っていただくいい機会になればと私も期待しております。また、これを契機に区内のより一層の産業活性化につなげてまいりたいと思っております。
 それでは、区政の動きについてお話させていただきます。

1 第3回区議会定例会及び第4回区議会定例会について

 9月11日から10月9日までの会期で第3回区議会定例会が開催されました。本定例会におきまして、平成26年度各会計歳入歳出決算が認定され、平成27年度一般会計第2次補正予算案、条例案などについて原案のとおり可決していただきました。
 また、第4回区議会定例会が11月26日から12月7日までの会期で開催される予定でございます。

2 国勢調査へのご協力のお礼について

 平成27年の国勢調査の回答期間が終了いたしました。多くの区民の皆様から回答をいただき、誠にありがとうございました。回答状況でございますが、9月20日のインターネットの回答締め切り時点で、回答数が都内の区市町村で最も多い11万9千件余りとなりました。ネット回答について、簡便で時間短縮につながったなど、区民の方からお声をいただいております。
 これも自治会・町会をはじめとする国勢調査員の皆様の地道な調査活動の結果であります。この場をお借りしまして、調査員の皆様のご尽力に心より感謝申し上げます。
 皆様方からいただいた回答は、集計を行い、人口速報集計公表など、様々なデータとして行政機関等で活用されます。改めまして、今日までご協力ありがとうございました。

3 「旅館業法の特例」の活用を含む区域計画の認定について

 国家戦略特区を活用した取組みについてご報告させていただきます。
 先月20日でございますが、大田区が提案しておりました「旅館業法の特例」の活用を含む東京圏国家戦略特別区域計画案が内閣総理大臣の認定を受けました。これは、外国人の滞在に適した施設の確保と、広がりつつあります民泊サービスに行政が関与することで安全・安心面の不安解消を目指すもので、全国の特区の中で内閣総理大臣の認定第一号となりました。今後、関連条例案の第4回区議会定例会への提出に向けて、引き続き準備を進めてまいります。
 条例化により区民の皆様の安全・安心を守るとともに、訪日外国人の増加を区内の地域経済の活性化につなげてまいりたいと考えております。

4 マイナンバー制度について

 大田区では、今月中旬から順次、通知カードが入った簡易書留が、ご家庭に配達されます。国民にとって利便性の高い公平、公正な社会を実現するための基盤となる制度でございます。通知カードを受け取っていただき、個人番号カードを申請していただきますようよろしくお願い申し上げます。

5 第32回 大田区区民スポーツまつりのお礼について

 第32回大田区区民スポーツまつりを、10月12日の体育の日を中心に大田区総合体育館ほか、区内の41会場で開催いたしました。天候にも恵まれまして、本年の参加者数は、14,074人でございました。
 いくつかの会場を私も回らせていただきましたが、どの会場でも元気にスポーツに親しむ区民の皆様の姿に触れることができました。
 実行委員会会長をお務めいただきました大田区自治会連合会の樋口会長をはじめ、自治会連合会、青少年対策地区委員会、区内のスポーツ団体等の皆様のご協力により、大変多くの方にお集まりいただき、盛大にイベントを行うことができました。心から御礼を申し上げたいと思います。
 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいて、ホッケー競技会場のサブピッチが大田区に決定いたしました。また、「野球・ソフトボール」が追加種目となったあかつきには、大田スタジアムをソフトボール競技会場として活用できるように、区議会とともに大会組織委員会に対して要望いたしました。東京オリンピック・パラリンピックの開催は、スポーツ振興を進めるうえで絶好のチャンスでございます。この機を捉えて、スポーツ健康都市に相応しい環境づくりを強化してまいります。

6 平成27年度秋の駅前放置自転車クリーンキャンペーンの実施結果報告について

 先月22日から31日までの10日間にわたり、秋の駅前放置自転車クリーンキャンペーンを、地域の皆様方のご協力をいただきまして実施をいたしました。地域の皆様方には、警察署・鉄道事業者などの関係機関とともに、JR蒲田駅をはじめ9つの駅頭で、自転車を放置しないよう呼びかけていただきました。延べ445名もの方々にご参加いただきました。また、期間中には、放置された自転車と原動機付自転車について、9つの駅で合計847台の撤去を行いました。
 大切なことは、区民一人ひとりが『自転車放置は迷惑行為である』との意識を持ってもらうことだと思います。今後も放置自転車のない安全で快適な空間づくりを目指し、皆様とともに取り組んでまいりますので、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

7 大田区しょうがい者の日のつどいほか施設まつりについて

 今年度も7月から11月にかけて各障がい者施設におきまして、地域との交流の場としてそれぞれに工夫した施設まつりを開催しております。
 なかでも先月18日に大田区総合体育館で開催いたしました「第35回大田区しょうがい者の日のつどい」には、約4,100人もの方々にご来場いただき、例年以上に盛況となりました。
また、今年3月に開設した障がい者総合サポートセンターでは、先日3日に「さぽーとぴあ スペシャル・デー」を開催し、約800人の方にお集まりいただきました。
 各施設のおまつりやイベントの開催にあたり、多くの皆様のご尽力をいただいております。心から感謝とお礼を申し上げます。

8 児童虐待防止推進月間について

 11月は児童虐待防止推進月間でございます。
 児童虐待の相談件数は依然として増加しておりまして、特に子どもの生命が奪われるなどの重大な事件が後を絶たないところでございます。児童虐待問題は、社会全体で解決すべき重要な課題の一つとなっております。区では、虐待の発生予防、早期発見・早期対応に努め、切れ目のない総合的な支援を推進してまいります。引き続き皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

9 人権週間行事について

 12月4日から10日は人権週間でございます。全国では、人権尊重に関する様々な取組みが行われます。
 大田区におきましては、「区報人権特集号」を新聞折り込みなどを通して、広く区民の皆様に配布させていただきます。また、来月11日に野球評論家の村田兆治さんをお招きして「人生先発完投〜相手を思いやる気持ち」のテーマで人権講演会を開催いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

10 区民と区長との懇談会について

 今年度も区民の皆様から様々な意見を頂戴し、区政に役立てるために「区民と区長との懇談会」を開催しております。
 本日の午後は、「地域の中での子育て」というテーマで、キッズな大森にて開催いたします。子育てを通して日頃から感じていることをお話いただき、地域全体で子どもを見守り、はぐくんでいくためのアイデアを共有したいと考えております。 
 来月10日には、嶺町集会室にて「住み慣れた地域でいきいきと暮らす」をテーマに行います。地域活動を通して感じていること、孤立を防ぐための仲間づくりや世代間交流の事例、健康で元気にいきいきと生活するために工夫していることなど、お聞かせいただければと思っております。皆様のご参加をお待ちしております。

11 大田区・長崎市交流シンポジウムの開催について

 今月21日になりますが、日本工学院専門学校の大講堂で「大田区・長崎市交流シンポジウム」を開催いたします。田上長崎市長をお招きして、大田区と長崎市の首長対談をさせていただくとともに、元長崎市立博物館館長の原田博二氏に「出島と勝海舟から見る日本の近代化」と題した講演をしていただきます。
 かねてから交流のあります長崎市とは、勝海舟という人物を通して歴史的つながりもございます。当日は、「(仮称)勝海舟記念館」の整備事業についてもPRさせていただくとともに、両自治体の観光PRや、物産販売も行います。
 このシンポジウムを通しまして、ますます相互交流が促進されることを期待しております。皆様のご来場をお待ちしております。

12 「国際都市おおた」シンポジウムの開催について

 来月14日に、大田区民ホール・アプリコで「国際都市おおた」シンポジウム〜いま、みんなで考えよう。身近な地域の国際交流〜を開催いたします。
 基調講演では、数学者で大道芸人のピーター・フランクルさんに「真の国際人を目指すために」と題して、100か国以上訪問された経験の中で学んだことを、大道芸を交えながらお話していただきます。
 パネルディスカッションでは、日本工学院専門学校の留学生に『留学生から見た大田区の魅力』を発表していただいた後、パネリストから感想をいただくとともに、大田区が目指す国際都市像などについて語り合います。
 魅力ある「国際都市おおた」を皆様とともにさらに進めてまいりますので、ぜひご来場いただきたいと思います。

 結びに、明日と明後日はOTAふれあいフェスタでございます。大田区で一番大きなイベントでございます。昨年はおよそ38万人にお越しいただきました。ぜひ多くの皆様のご来場をお待ちしております。
 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

地域力推進課

電話:03-5744-1224
FAX :03-5744-1518

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)