このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成27年5月8日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成27年5月8日)

更新日:2015年5月11日

 委員の皆様おはようございます。
 清々しい五月晴れが心地よい季節となりました。まちではツツジの花が見頃を迎え、池上梅園や東糀谷防災公園など区内の公園でも美しく咲いております。ぜひお出かけになられてはいかがでしょうか。

 さて、このたびの大田区長選挙におきましては、区民の皆様からの信託を賜り、引き続き大田区長の職責を担わせていただくことになりました。
 この選挙期間中、多くの区民の声を伺い、その区政に対する期待の大きさを強く感じました。改めて、常に区民の視点から区政を考え、区政運営にあたっていかなければならないとの決意を新たにしたところでございます。
 私は、これまでの2期、8年間における区政運営の実績を掲げますとともに、大田区を愛する者のひとりとして、区民の皆様とともに「魅力的で住み続けたい おおた」を創造していくことが使命であると、訴えてまいりました。結果といたしまして、多くの方々の共感と支持をいただき、3期目を迎えることができました。

 これまでの取組みを改めて振り返りますと、常に大田区の将来を見据えた決断のもとに、多くの成果を挙げることができました。大田区の将来像の実現のために「おおた未来プラン10年」を策定し、「地域力」と「国際都市」を2本柱として、区政運営を進めてまいりました。
 喫緊の課題である保育園待機児への対応としては、8年間で保育サービス定員の3,576人増を実現し、また、平成24年には、「スポーツ健康都市」宣言や大田区総合体育館の開設などを通じて、区民の健康づくりを進めてまいりました。本年3月の「障がい者総合サポートセンター さぽーとぴあ」の開所により、障がい者の相談や生活、就労を一元化して、地域とともに支える仕組みを整えることができました。そして、様々な施策を積極的に展開しながらも、同時に、大田区財政の健全性の向上を図ってまいりました。
 これらの実績を着実に挙げることができましたのも、地域の皆様のご協力があればこそと、改めて感謝を申し上げたいと思います。

 さて、現在、日本社会は、少子高齢化と人口減少という大変動にさらされております。政府は、この急速な人口構成の変化に対して的確に対処し、地域社会の持続的発展と住民福祉の向上のため、全国の自治体に「地方創生」の取組みを求めております。同時に、グローバル化と都市間競争が急速に加速している時代にあって、2040年を見据えた適切な処方箋を用意し、着実に実行してまいります。
 そこで、このたび「10の約束」を掲げさせていただきました。その主なものを挙げますと、
○安心して産み、育て、学びやすく、夢と希望のもてる子育て政策の強化
○住み慣れた地域で安心して暮らせる、医療と福祉の連携と充実
○産業分野では、観光振興の強化と地域産業のブランド化の推進と世界への発信
○まちづくりでは、羽田空港を活かし、日本中の「技」や「巧み」、「美」と「食」の文化が並ぶ産業交流施設を、日本再生の戦略拠点として空港跡地に整備し、世界にひらかれた「国際都市おおた」を創造すること
○防災力の強化と犯罪ゼロをめざした、安全安心なまちづくりの推進
○2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、スポーツ健康都市をつくり、次世代に「夢と遺産(レガシー)」を残すこと
これらの区民との約束を果敢に断行し、「魅力的で住み続けたい おおた」を実現することを通じて、区民の区政に対する期待に応えてまいります。区民の信託を受けた首長として、今こそ「決断と発進!」という強い信念のもとで、3期目の区政運営を進めていく覚悟でございます。これからもよろしくお願い申し上げます。

 それでは、区政の動きについてお話させていただきます。

1 大田区議会議員・大田区長選挙の結果とお礼について

 大田区議会議員選挙と大田区長選挙が4月26日に行われ、天候に恵まれて終えることができました。統一地方選挙の後半戦として行われた投票率は、区議会議員選挙で42.34%、区長選挙では42.32%でございました。
 投票管理者・投票立会人への就任やポスター掲示場の設置等にご協力いただきました自治会・町会長さんをはじめ地域の皆様に、心からお礼を申し上げます。

2 元気高齢者に対する活動の啓発について

 まずはじめに、区では、高齢者の方の健康維持、社会参加、就労などを支援するために、「元気高齢者のチャレンジガイド」を作成いたしました。ガイドでは、老人いこいの家で新たに実施する、介護予防に役立つ高齢者のチャレンジ講座や大田区オリンピック・パラリンピックアクションプログラムの一環である健康維持事業などの取り組みを紹介し、高齢者の方の参加の機会をご案内しております。
 次に、このたび50年余り活動しています、大田区老人クラブ連合会が、名称を大田区シニアクラブ連合会に改めました。ますます進展する高齢社会の課題解決に向けて、地域、シニアクラブ、区との連携を強化してまいります。
 区は、高齢者の方が力を発揮する機会を創出し、高齢者がいきいきと暮らせるまちづくりを引き続き進めてまいりたいと思います。

3 大田区生活再建・就労サポートセンター JOBOTA(ジョボタ)の開設について

 大田区生活再建・就労サポートセンター JOBOTA(ジョボタ)は、失業などの理由で経済的に苦しいといった「生活困窮者」の方に対して、経済的自立・就労に向けた支援を行うことを目的としております。JOBOTA(ジョボタ)は、仕事の「JOB」と「OTA」をかけております。
 場所は、JR大森駅東口から徒歩2分のビルの6階に開設しております。相談者が気軽に来所でき、ハローワークにも近い場所ということで選定いたしました。
 今後は、生活困窮の方々を含め区民の方々へのジョボタ(JOBOTA)の一層の周知を図っていくとともに、関係機関はもとより、地域の民生委員、保護司、自治会・町会の方々とのネットワークを築き、生活困窮者の方々を早期に把握・発見して相談につなげることができるような体制づくりを行ってまいります。

4 春の大田区交通安全運動について

 春の交通安全運動が今月11日から20日までの10日間行われます。
 区内の交通事故は、皆様のご尽力のおかげをもちまして、年々減少しているところでございますが、子どもや高齢者の死傷事故は、昨年、合わせまして346件でございました。区といたしましては、次世代を担う子どものかけがえのない命を地域全体で守ることと、依然として死傷事故率が高い高齢者の交通事故防止を基本に、地域の方々が交通安全に関心を持ち、広く交通安全を心がけることにより、痛ましい交通事故を1件でも減らしたいと考えております。
 自治会・町会、各警察署や交通安全協会など関係機関・団体の皆様、委員の皆様におかれましては、実施期間中の特段のご理解とご協力をお願い申し上げたいと思います。

5 風水害対策と大田区合同水防訓練について

 近年、大量の雨をもたらします台風やゲリラ豪雨と呼ばれます集中豪雨が発生する頻度が増え、日本各地において甚大な被害が発生しております。区内でも平成25年度、26年度と続けて家屋への床上浸水被害が発生しており、これからの時季、しっかりとした備えが必要となります。
 区では、地域防災計画に風水害対策の充実を図ったほか、特に近年の気象変動に対応すべく、関係部を挙げて風水害対策の強化を図っております。その一環として、5月17日に東京消防庁第2消防方面本部と「大田区合同水防訓練」を大森ふるさとの浜辺公園において実施いたします。本年は、大規模な訓練となりますので、多くの区民の皆様にご覧いただきたいと思います。

6 「洗足池 春宵の響」の開催について

 本年も今月25日に、洗足池の「池月橋」を会場として、「洗足池 春宵の響」を開催いたします。
 昨年まで、大田まちづくり芸術支援協会(asca)主導で開催しておりましたが、今年度は、公益社団法人洗足風致協会、雪谷地区自治会連合会、千束地区自治会連合会などの10団体で実行委員会を構成し、各団体と区が連携して事業を実施いたします。
 洗足池の風物詩として、多くの区民にも親しまれている春宵の響を継続していくことで、日本の文化や芸術の発信や地域文化活動の推進を図ってまいりたいと思います。
 当日には、是非足を運んでいただき、洗足池の風情に日本の伝統芸能を交えた「洗足池 春宵の響」を堪能していいただければと思います。

7 (仮称)勝海舟記念館整備事業について

 洗足池の東側にございます、国登録有形文化財の鳳凰閣(旧清明文庫)は、(仮称)勝海舟記念館として平成29年度の開館に向けて、昨年度、基本計画を策定し、現在整備を進めております。今年度より、本事業につきましては、主管課を教育委員会から観光・国際都市部に変更いたしました。文化財建造物の保存・活用を行いながら、勝海舟という人物を知っていただく施設とし、来館される方々が展示をご覧いただくうちに、勝海舟の歴史的功績と洗足池とのゆかりについて理解が深まるような内容とし、勝海舟が抱いていた世界観を感じていただく記念館を目指してまいりたいと思っております。
 「勝海舟の想いを未来につなげる記念館」として、区観光名所の一つとして親しまれる施設となりますように、地域の方々や関係部署と連携を深めながら、今後も整備を進めてまいります。

以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

地域力推進課

電話:03-5744-1224
FAX :03-5744-1518

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)