このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成29年3月3日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成29年3月3日)

更新日:2017年3月6日

 委員の皆様おはようございます。
 3月に入り、日ごとに春の陽気が感じられる季節となってまいりました。本日は桃の節句、ひな祭りの日にあたります。雛人形を見ますと日本の伝統・文化を改めて感じるところです。
 2月12日にアプリコで行われた「太鼓の祭典」「おおた 和の祭典」では、茶道、邦楽、日本舞踊など、様々な日本文化を約3,400人の方に体験いただきました。26日には、池上梅園で梅まつり・ジャパンデイが盛大に行われ、多くの方においでいただき、私も楽しんでまいりました。

 それでは、区政の動きについてお話させていただきます。
 

1 平成29年度予算案の概要について

 平成29年度当初予算案につきましては、現在、第1回大田区議会定例会でご審議をいただいているところでございます。区民の皆様には3月1日号の大田区報で概要をお知らせしております。
 一般会計の総額は、2,618億5,893万7千円。平成28年度当初予算と比べ、1.7%増となり、これまでで最大規模の予算案となりました。予算編成にあたっては、「暮らしてよし、訪れてよし、地域力あふれる 国際都市おおた」の実現を目指し、大田区の未来に向けて区政を力強く前進させる予算案といたしました。
 それでは、4つの重点課題ごとに、予算案の主なものをお話しさせていただきます。

 重点課題の一つ目は「未来を拓く子どもたちや若者の成長を支える取り組み」でございます。
 児童相談所の設置に向けて、昨年6月に「大田区児童相談所移管推進本部」を立ち上げました。幅広い児童相談行政の専門家を活用し、全庁的な視点で設置に向けた検討を進めてまいります。
 子どもの貧困に対して総合的に取り組んでまいります。今年度末策定予定の「おおた子どもの生活応援プラン」の推進にあたり、計画推進会議を設置するとともに、すべての子どもたちを社会的に包み込むような温かい支援、いわゆる「社会的包摂」に関する理解を深めるための意識啓発事業や、地域での自主的な活動を支援するための基盤づくりを行います。
 保育園待機児童解消を図るため、保育サービス定員700人の拡充を目標に、認可保育所をはじめ、小規模保育所、認証保育所等の整備に取組みます。認証保育所を利用する保護者に対して、所得状況に応じた補助金を支給し、利用者負担の一層の軽減を図ってまいります。
 併せて、区内保育施設に継続勤務する保育士に対して手当を支給し、給与面での処遇改善を図ることで、離職防止やキャリア・アップにつなげ、保育人材の確保を強化してまいります。
 教育関係では、全ての区立小・中学校に無線LAN環境、電子黒板、書画カメラ、タブレット端末を整備するとともに、習熟度別少人数指導や放課後補習教室、理科教育の充実など、学力向上を目指した環境整備を着実に進めてまいります。

 二つ目の重要課題である「誰もが健康で、いきいきと活躍できるまちづくり」についてでございます。
 高齢者が身近な地域で、より一層活躍できる多様な働き方を応援するため、シルバー派遣事業の対象を保育・子育て支援分野へ拡大してまいります。さらに、高齢社会が一層進行する中、高齢者の運動・栄養・社会参加の3要素に働きかける「大田区元気シニアプロジェクト」を推進してまいります。
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、区内開催競技種目等の普及啓発や外国チームの事前キャンプの誘致、トップアスリートとの交流、ボランティア参画など、「スポーツ健康都市」の取り組みを強化してまいります。
 ごみ減量、ごみ集積所の美化の促進に向け、言語や文化、習慣の違う外国人や転入者をはじめとした多くの区民に、資源とごみに関する情報を適時提供するために、都内では最多の6言語に対応する、スマートフォン用アプリケ―ションを導入します。

 三つ目の重点課題とした「災害に強く、安全で安心な生活基盤の確立」についてでございます。
 災害時の復旧・復興活動に不可欠な特定緊急輸送道路沿いの建築物の耐震化を促進するため、耐震化にかかる費用の最大9割を助成できるよう制度を拡大します。
 蒲田駅周辺地区のまちづくりでは、東西の駅前広場や東口地下自転車駐車場の整備をさらに進め、駅周辺街区の建替えを支援し、人が集い・にぎわう、交通結節点としての蒲田のまちづくりを推進してまいります。
 大森駅周辺地区では、池上通りの拡幅整備や沿道のまちづくり、東口の駅前広場の再整備を含む公共施設の再編等を検討し、中心拠点大森のまちづくりを推進してまいります。
 池上駅では、平成31年度を目途に東急電鉄が進める駅舎改築や駅ビル建築計画を支援し、まちと一体感のある、人にやさしく、利便性の高い駅を目指してまいります。
 

 四つ目の重点課題である「地域の資源と強みを活かし、国際都市おおたの成長を牽引する取り組み」についてでございます。
 大田の観光にぎわい創出のための補助金を新設いたします。地域の団体や企業など民間の力が、大田区の観光資源を活用して新たなにぎわいを創り出す取り組みを支援し、区への来訪者増加を図ります。なかでも運河や河川等水辺の魅力を広く周知し、区の認知度向上を促進してまいります。
 羽田空港跡地第1ゾーンの整備については、2020年のまちづくり概成に向けて、重要な年となります。4月以降に、跡地における土地区画整理事業に着手するほか、5月に運営事業者を選定し成長戦略拠点の整備がスタートするなど、羽田空港跡地整備は具体化に向けて大きな一歩を踏み出します。
 新空港線については、現在、国、東京都、鉄道事業者、区の間で、整備実現に向けて諸課題の話し合いを進めており、今年度末を目途に一定の整理が図られるよう取り組んでいます。関係者間で合意が得られた後、速やかに事業着手できるよう、第三セクターを想定した整備主体設立の予算を計上しました。

 以上、重点事業を中心に平成29年度予算案をご説明させていただきました。

2 新スポーツ健康ゾーンの整備について 

 大森ふるさとの浜辺公園のレストハウスや船着場が完成いたしまして、隣接地に東京初の常設ビーチバレーコートを有する大森東水辺スポーツ広場、さらに平和の森公園には相撲場を開設いたします。3月25日には、完成記念式典を予定しています。これらの施設は4月1日からご利用いただけます。
 オリンピック種目でもあるビーチバレーボールの普及と区民のスポーツへの参加意欲向上を図るため、大会誘致も行っていきます。
 今後も、スポーツ健康都市の取り組みを一層強化してまいります。

3 春の大田区交通安全運動について

 来月6日から15日までの10日間、「春の大田区交通安全運動」を実施いたします。
大田区の交通事故件数は、皆様のご尽力のおかげをもちまして、前年に比べ約200件減少させることができました。
交通事故による死者数は平成27年から横ばいの11人であり、交通安全運動を機に、交通安全に対する意識を高め、悲惨な交通事故を1件でも減らしていきたいと考えております。
 自治会・町会、各警察署や交通安全協会など関係団体の皆様、委員の皆様におかれましては、より一層のご理解とご協力を、よろしくお願い申し上げます。

4 龍子記念館 名作展「仏と画業」の開催について

 龍子記念館では、先月から名作展「仏と画業(がぎょう)」を開催しております。
 川端龍子は、サイズが大きく構図も大胆な作品を数多く描いております。そうした中で今回は、今年の干支である酉年の守護本尊、不動明王など約40点を展示しております。いつもの画風とは異なる、仏画に込められた龍子の心を感じていただければと思います。本展示は、6月中旬まで公開しております。4月2日の馬込文士村大桜まつりの日には、記念館を無料で公開させていただきます。
 この時期、記念館の向かいにある龍子公園では、桜をはじめ、様ざまな花々をお楽しみいただけます。
 是非、足をお運びいただければと思います。
 

5 大田区制70周年記念事業について

 大田区は3月に区制70周年を迎えます。
 これまで、大田区イメージソング「笑顔、このまちから」や大田区公式PRキャラクター「はねぴょん」、大田区シンボルマークの制作・発表など、区制70周年を迎える機運を高めてまいりました。
 3月12日には、大田区民ホール アプリコを会場に約1,400名の区民の皆様をお招きし、感謝の気持ちを込めて「大田区制70周年記念式典」を開催いたします。式典では「国際都市おおた宣言」を行います。あわせてイメージソング「笑顔、このまちから」の制作に携わっていただいた作詞家の湯川れい子さん、作曲家の千住明さん、歌手の夏川りみさんにご出演いただき、記念コンサートを行う予定でございます。

6 平成28年度大田区区政功労者及び大田区区民等特別表彰について

 大田区制70周年記念式典の中で、大田区区政功労者及び大田区区民等特別表彰式を行います。
 大田区区政功労者表彰は、昭和35年から始まり、区の発展、向上に多々ご尽力いただいた方々のご功績に対し、表彰させていただいております。昨年度までの表彰者総数は、個人・団体を合わせて延べ14,151件となっております。今年度は、個人157人、団体1件の、合計158件の皆様を表彰させていただきます。
 大田区区民等特別表彰は、スポーツ、文化、社会貢献その他の分野において顕著な業績を挙げた区に関わる個人及び団体を表彰するものです。今年度は、大田区民栄誉賞としてプロボクシング世界チャンピオン1名を、また、大田区区民等特別表彰としてリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック入賞の選手5名を表彰させていただきます。
 表彰させていただく皆様に、あらためて敬意を表しますとともに、心から感謝申し上げます。多くの方々と一緒にお祝いできましたら嬉しく思います。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

地域力推進課

電話:03-5744-1224
FAX :03-5744-1518

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)