このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成29年9月1日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成29年9月1日)

更新日:2017年9月20日

 委員の皆様おはようございます。
 8月15日の大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」は、悪天候のため実施は叶いませんでした。多くの皆様から花火の協賛金をいただきましたこと、心からお礼申し上げます。
 また、19日の大雨により、大田区内では、雪谷地区を中心に、区内各地で約50件の浸水があり、倒木、擁壁倒壊などの被害も発生しました。
 区は、19日夕方から20日の夕方まで、特別出張所を含め関係各部で、災害に備えた水防態勢をひき、対応したところです。なお、30日夕方にも大雨に備えた水防態勢をとりました。自治会・町会長の皆様にもご協力いただき、ありがとうございました。
 日本各地でも、大雨により、川が氾濫するなど、大きな水害が発生しております。
これからの時期、しっかりした備えが必要となります。区といたしましても、今後も警戒を怠ることなく臨んでまいります。

 それでは、区政の動きについてお話させていただきます。
 

1 中央防波堤埋立地の帰属問題について

 区は、7月18日に、東京都知事に調停申請書を提出いたしました。
これを受け、都は3名の自治紛争処理委員を任命し、現在、調停手続きが進められているところでございます。
 8月2日には、自治紛争処理委員から、区の主張に関する陳述を求められ、大森議長と出席いたしました。中央防波堤埋立地となっている海面で、大田区民が海苔養殖を行い、生産と生活の場としていたという歴史的沿革と、羽田空港を含む空港臨海部と一体的なまちづくりにより、日本全体の発展に貢献できるという考えを、丁寧に説明してまいりました。
 今後の手続きにつきましては、自治紛争処理委員の合議によって決定し、進められることになります。
 帰属に向け、引き続き全力で取組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

2 区立小・中学校教育環境の整備について

 区立小・中学校は、今日から2学期が始まります。現在区は、全ての区立小・中学校1,300の普通教室に、LAN環境や電子黒板、手元の資料を電子黒板に大きく映す書画カメラのなどの教育環境の整備を行っております。
 これらの機器を活用しながら、「児童・生徒の興味・関心・意欲を引き出す授業」、「わかる授業」を実践し、習熟度別少人数指導や放課後補習教室、理科教育の充実など、さらなる学力向上をめざしてまいります。
 タブレット型端末等のICT機器を駆使した新しい教育を本格的に展開していく中で、大田区の宝である未来を担う子供たちの成長をしっかりと支えてまいります。

3 大田区災害医療フォーラムの開催について

 災害時医療の理解を深め、活動の充実を図るため、9月9日の救急の日に、片柳学園大講義室において開催いたします。首都直下地震に備える大田区の災害医療のあり方を、区民、医療関係者、防災関係機関の皆様が一堂に会して考える機会となります。
 当日は区が開発・配備を予定している一人でも対応可能な車輪付き担架の試乗体験もございます。地域防災対策の課題である傷病者の搬送を、大田区のものづくりの力で支援する取り組みです。この春に試作品を区民の皆様にお使いいただき、そのご意見を反映して改良を進めてまいりました。
 試乗会を含む防災展示と災害医療フォーラムに、ぜひ多くの皆様にご参加いただければと思います。

4 敬老の日について

 9月18日は敬老の日でございます。
 この日は「多年にわたり社会に尽くしてきた高齢の方を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としております。今年度、区内の100歳以上となる方は379名で、内訳は女性333名、男性46名となっております。
 なお、最高齢は、年度内に111歳になられる女性でございます。
 区は、今年度末までに、88歳になられる方に区内共通商品券を、100歳、108歳、区内最高齢の方には、お祝い金を贈呈させていただきます。私も訪問させていただき、お祝いを申し上げる予定でございます。
 今年度は、平成30年度から3年間の高齢者施策を実施するための、「おおた高齢者施策推進プラン」策定の年でございます。このプランに基づき、しっかりと高齢者対策に取り組んでまいります。

5 秋の大田区交通安全運動の実施について

 9月21日から30日までの10日間、秋の大田区交通安全運動を実施いたします。
スローガンは “やさしさが 走るこの街 この道路”です。
 区内における今年1月から7月末までの交通事故の死傷者数は、昨年に比べて減少しております。一方、事故の件数は30件増加しており、大変重く受け止めております。特にこれからの時期は日没が早まるため、夕方以降の事故を危惧しております。
 本運動を機に、交通安全に対する意識を高め、悲惨な交通事故を1件でも減少させるため努めてまいります。
 皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

6 国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田について 

 9月30日に羽田空港旧整備地区において開催いたします。
今年は「『HANEDA』から『世界』へ」をテーマとし、来場者に国際都市おおたの魅力を実際に体感していただける出展・ステージを企画しております。
 国際都市おおた宣言で表現される「観光」・「多文化共生」・「産業」を見て、体感して、楽しめるイベントでございます。
 区民の皆様のおもてなしの意識を醸成し、国内外からの来訪者とのふれあいを通じて2020年東京オリンピック・パラリンピックへ向けた国際交流を育むきっかけになると考えております。
 多くの皆様のご来場をお待ちしております。
 

7 第34回大田区民スポーツまつりの開催

 大田区総合体育館では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関連したプログラムを用意しております。4月に新設された大森東水辺スポーツ広場ではビーチバレーボールの体験会を、そのほか、全47会場でも各種スポーツ体験会を行います。
ぜひ多くの会場に足を運び、様々な種目のスポーツに挑戦していただきたいと考えております。
 区民スポーツまつりの実施をとおして、スポーツ健康都市宣言に掲げる「健康で豊かな生活」の実現につなげてまいります。
 運営にあたりましては、大田区自治会連合会、大田区青少年対策地区委員会会長会、大田区青少年委員会の皆様にもご協力いただいております。日頃のご尽力に改めて感謝申しあげます。

8 障がい者福祉強調月間、しょうがい者の日のつどいの開催及び障害者総合サポートセンターについて

 区は10月を障がい者福祉強調月間と定めております。
 障がいのある方の社会活動への参加を促進し、区民の皆様の障がい者福祉に対する理解と認識をより一層高める期間として、しょうがい者文化展やしょうがい者巡回パネル展を開催いたします。
 10月15日には、今回で37回目を迎える「しょうがい者の日のつどい」を大田区総合体育館で開催いたします。
 合唱やダンスコーナー、中国雑技団による公演や大田区スポーツ推進委員協議会のご協力いただき、誰でもできるユニバーサルスポーツとパラリンピック種目のボッチャの体験コーナーを開設いたします。是非、皆様にお立ち寄りいただきたいと思います。
 また、障がい者総合サポートセンターは開設3年目をむかえました。増築工事もはじまり、医療と福祉の連携によりサポートセンター機能を強化し、医療ケアを必要とする重度の障がいのある方の短期入所と学齢期の発達障がい児に対する地域での在宅生活を支援するための事業を業務委託で行う予定です。
 先日、障がい者就労定着事業の一つとして、第34回就労者激励会を産業プラザで開催し、520人を超える方にご参加いただきました。就労者への激励が日々の就労者の活力となることを強く感じております。11月3日の文化の日には、さぽーとぴあスペシャル・デーも開催いたします。
 障がい者総合サポートセンターの運営をさらに強化してまいりますので、障がい者が暮らしやすい地域、環境づくりに皆様のご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

9  社会を明るくする運動強調月間の報告とご協力へのお礼について

 7月4日には、駅頭広報活動、22日には区民ホールアプリコにて「大田区民のつどい」を開催いたしました。 
保護司の皆様をはじめ、自治会・町会連合会、青少対、民生委員、小中学校PTAなど、多くの構成団体の皆様にご尽力いただきました。
 区内各地で社明運動が活発に行われ、運動の趣旨のさらなる普及を図ることができたのは、皆様方のご理解とご協力があってのことでございます。心から感謝申し上げます。

10 日中青少年友好訪問団等の派遣について

 8月3日から9日まで、公募で選ばれた大田区の高校生等10名の団員を大田区の友好都市・中国北京市朝陽区と友好協力関係都市の大連市へ派遣し、政府への表敬訪問や学校訪問などを行いました。
 また、8月3日から8日まで、北京市朝陽区との友好都市締結20周年を記念して、区内の中学生男女各1名が朝陽区の中学生とペアを組み「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」に参加し、健闘いたしました。
 これらの交流は「国際都市おおた」として国際的な視野を持つ人材を育成する有意義な訪問となりました。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

地域力推進課

電話:03-5744-1224
FAX :03-5744-1518

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)