このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成31年4月11日) のページです。

本文ここから

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成31年4月11日)

更新日:2019年4月12日

地域力推進会議での松原区長あいさつ(平成31年4月11日)

 委員の皆様おはようございます。

 先日、新元号が「令和」に決まったとの発表がございました。この「令和」という言葉は、万葉集から引用したもので「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められております。
 区といたしましても、新しい時代にふさわしい、区民の誰もが生き生きと暮らし、区に訪れる方々も笑顔が溢れるまちとなるように、頑張ってまいります。
 今年は、桜の開花が少し早く、皆様方におかれましても、お花見などにお出かけになられたことと存じます。私も、矢口地区の二十一世紀桜まつりと、馬込地区の馬込文士村大桜まつりに参加させていただき、地域の皆様と春を感じることができたことを、大変嬉しく思っております。
 区政を運営する職員の体制についてでございますが、4月1日付けで管理職員も含め1,093人の職員に人材育成と適材適所を念頭に異動の発令を行いました。また、区を担う若い人材として209人の新規職員を採用いたしました。
 この1年間、新たな体制でよりよい区政運営に取り組み、大田区の未来に向けて区政を力強く前進してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

  それでは、区政の動きについてお話させていただきます。
 

1 平成31年第1回区議会定例会について 

 2月20日から3月14日までの会期で第1回区議会定例会が開催されました。
 この定例会におきまして、平成31年度各会計予算(案)、平成30年度各会計補正予算(案)、条例案などをご審議いただき、原案のとおり可決していただきました。
 平成31年度予算でございますが、次代を担う子どもたちの応援や、誰もが健やかに暮らせるまちづくりの取り組みを一層強化するほか、防犯・防災対策の推進、地域力の拠点となる公共施設の改築など、区政の重点課題にソフト・ハードの両面から着実に進めるものといたしました。
 今年は、全国初となる勝海舟記念館を開館します。また、長年の重要課題である羽田空港跡地整備のまちづくりや、新空港線の早期整備の実現に向けた取り組みなどを加速させ、魅力あふれる国際都市おおたのまちづくりを進めてまいります。東京2020オリンピック・パラリンピックを契機とした、スポーツ健康都市の実現に向けた取り組みも積極的に進めてまいります。
 今年度も、区民の皆様とともに大田区の明るい未来に向かって、力強く区政運営を進めてまいりたいと思います。
 平成30年度各会計補正予算でございますが、これまでの補正予算等編成後に生じた状況の変化に速やかに対応するための予算を計上しました。
 条例につきましては、大田区立公園条例などの改正をいたしました。

2  区立小中学校体育館等の暑さ対策について  

 夏場の高温時に児童・生徒が安全に活動できるよう、大型冷風機の配備と、冷房設備の整備を行います。
 大型冷風機の配備につきましては、緊急的な対策として、すでに冷房設備が設置されている学校を除く、全小中学校と特別支援学校の体育館、中学校14校にある武道場にそれぞれ1台ずつ、計99台を、5月から10月までの6か月間、レンタルで配備する予定です。
 冷房設備の整備につきましては、体育館の災害時避難所としての機能の向上も含め、更なる教育環境の改善を図るため、今年度は先行して、小学校4校に設置し、検証を行いつつ、順次整備を進めてまいります。
 また、断熱性等を向上させるため、屋根等に対する遮熱塗装工事を試行的に実施し、今後の方向性を検討してまいります。

3 大規模水害における避難対策について 

 3月26日に大田区防災会議を開催いたしました。今回の会議では、昨年発生した大阪北部地震や西日本豪雨等における教訓を踏まえ、全庁的に実施しました「防災対策の緊急総点検」から見えてきた区の災害対策上の課題と対応の状況についてご説明いたしました。大規模水害における避難対策についてもご審議いただき、避難のあり方や避難行動の考え方など、避難対策の方向性についてご了承いただきました。
 区としましては、今後、会議でいただいたご意見等を踏まえ、関係機関とも調整しつつ、避難対策の具体化を早急に進めてまいります。
 また、多摩川や呑川など、想定し得る最大規模の降雨等による洪水被害をあらわしたハザードマップや各個人の避難計画であるマイ・タイムラインについて、区民の皆様への丁寧な説明を行ってまいります。
 このような取り組みを通して、災害に強いまちづくり、災害から区民の皆様を守るまちづくりを進めてまいります。

4 木造住宅除却工事助成事業の開始について 

 昭和56年以前に旧耐震基準で建てられた木造住宅は、地震により倒壊する危険性が高いと言われています。
 こうした危険性の高い住宅の建て替えを推進するため、4月1日から助成制度を開始いたしました。古い住宅の建て替えをお考えの方や、空家の活用にお困りの方などは、是非ご相談ください。ご希望の方には、戸別訪問を行うなど、積極的な普及啓発活動も進めてまいります。
 今後も、災害に強いまちづくりを推進してまいりますので、引き続き、地域の皆様のご協力をお願いいたします。

5 「大田の工匠 技術・技能継承」について 

 平成29年度より始まりました、区内中小製造業において、技術・技能継承に積極的な企業を表彰する事業、「大田の工匠 技術・技能継承」がこのたび、厚生労働省が実施する「地域発!いいもの」応援事業に選ばれました。
 この応援事業は、全国各地域で行われている技能振興などに効果を上げている特色ある取り組みを、「地域発のいいもの」として選定し、国民へ広く知らせることで、技能尊重の気運を高めるとともに、地域活性化を図ることを目的としております。今回全国で9つの事業が選定されましたが、そのうち都内では唯一、大田区の取り組みが選ばれました。
 今後も区として、技能・技術の継承をしっかりと支援し、「ものづくりのまち大田」を盛り上げてまいります。
 

6 「大田のお土産100選」の選定に向けて  

 4年目を迎える「大田のお土産100選」表彰事業は、4月1日から募集を開始いたしました。表彰最終年度となる本年度で、合計100点の選定を目指します。
 過去3年間において、食品部門で54点、ものづくり部門で25点、合計79点の製品・商品を選定いたしました。来年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、100選の総合版パンフレットを作成して配布するなど、「大田のお土産100選」を広くプロモーションし、区内産業の発展に努めてまいります。
 ぜひ、区内ものづくり、食品部門事業者の皆様にお声かけいただき、奮ってご応募いただければと思います。

7 第68回大田区子どもガーデンパーティーについて

 4月28日に、第68回大田区子どもガーデンパーティーを区内10会場で開催いたします。
 今回も、大田区青少年対策地区委員会会長会が、会場ごとに実行委員会を組織し、関係機関、団体の皆様のご協力のもと各会場、特色ある催しを準備いただいております。
 ゴールデンウイーク恒例の、子どもたちが楽しい1日を過ごせる地域のイベントに、多くの方々のご来場をお待ちしております。
 

8 「洗足池 春宵の響」の開催について

 今年で25回目の開催となる「洗足池 春宵の響」を、5月15日に洗足池西岸「池月橋」にて開催します。
 笛の演奏の第一人者である福原 徹(ふくはらとおる)氏をはじめ、日本の伝統芸能を牽引する方々にご出演いただきます。近年、光による演出も加わり、外国の方々も多く来場し、幻想的な雰囲気を体感いただいております。
 今年の夏には勝海舟記念館が開館することもあり、勝海舟にちなんだ演目の演奏やパネル展の展示など、開館に向けた気運醸成を図ってまいります。
 当日は、ぜひ会場に足をお運びいただき、夜の洗足池で和の音色をお楽しみください。

9 勝海舟記念館について 

 勝海舟記念館は、夏の開館に向け、整備を進めておりますが、開館に先駆け、郷土博物館で、「幕末・明治における勝海舟と大田区」のコーナーを、6月6日まで、設けております。4月27日と5月11日には、学芸員による展示解説もございます。
 是非、足をお運びいただければと思います。

 以上をもちまして、今月のごあいさつとさせていただきます。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)