このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長あいさつ(地域力推進会議) の中の 【中止】地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和2年6月8日) のページです。

本文ここから

【中止】地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和2年6月8日)

更新日:2020年6月9日

【中止】地域力推進会議での松原区長あいさつ(令和2年6月8日)

※6月8日開催予定の地域力推進会議は、新型コロナウイルスの影響で中止いたしました。

1 新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症に関しまして、感染拡大防止にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 5月25日に国の緊急事態宣言が解除されました。区は、これまでと同様に区民の皆さまの命と健康を守るため、感染症拡大防止に努めながら、区民生活支援、区内経済支援を積極的に進めてまいります。皆さまにおかれましても、引き続き感染症拡大防止のご協力をお願いいたします。

 まずは、区の新型コロナウイルス感染症対策についてお話しさせていただきます。

〇緊急事態宣言の発令に伴い休止しておりました区施設についてでございますが、東京都のロードマップに準拠して、消毒等の衛生管理の徹底や利用人数の制限など、必要な感染防止策の準備が整った施設から、順次再開しております。各施設の状況につきましては、区ホームページをご覧いただくか、各施設までお問い合わせいただければと思います。
 なお、区立小・中学校につきましては、6月1日から再開し、現在分散登校を行っております。

〇特別定額給付金についてでございますが、5月1日に開始したマイナポータルを通じてのオンライン申請に続き、6月1日から郵送による申請書の送付を開始いたしました。申請方法や注意点等について、区ホームページにてご案内しておりますので、ご覧いただければと思います。
 給付につきましては、オンライン申請受付分は5月15日から開始しており、郵送申請受付分の給付は今月中旬以降の開始を予定しております。
 なお、特別出張所においても、申請専用のコーナーを設置し、郵送申請に伴う補助を行っております。

〇令和2年度補正予算についてでございますが、新型コロナウイルス感染症への緊急対応等のため、補正予算を編成し、5月27日に開催された第1回大田区議会臨時会において議決いただきました。主な内容は次のとおりでございます。
第1、 特別定額給付金につきまして、順次給付を行っておりますが、新たに予算計上し、今後の受付分に対応いたします。
第2、 PCR検査センターにつきまして、5月21日から医師会の御協力を得て、開設いたしました。今後も区と医師会が一丸となって、検査体制の強化に取り組んでまいります。
第3、 児童手当給付世帯に臨時特別定額給付金を支給し、生活支援を実施いたします。
第4、 妊婦の方が衛生資材の購入や健診等のタクシー移動にも利用できるチケットを配布いたします。
第5、 外国人区民の方への相談体制を強化します。新型コロナウイルス感染症拡大に伴い増加している各種相談やその支援を、身近な場所で安心して円滑に受けることができるよう、特別出張所等にテレビ通訳タイプのタブレット端末を増台しました。
第6、 失業等に伴う収入減少により、住居を失うおそれが生じている区民の方に対して、住宅確保給付金を支給いたします。
第7、 国民健康保険に加入している被用者が新型コロナウイルス感染症に感染又は発熱等の症状があり感染が疑われる場合、その療養のために就労することができない期間、傷病手当金を支給いたします。
第8、 区立小・中学校において、プログラミング教育、児童・生徒の習熟度に応じた少人数指導等を行うICT環境を整備するため、タブレット端末を追加配備いたします。

〇新型コロナウイルス感染症対策における高齢者のフレイル予防、見守り支援についてでございます。
 新型コロナウイルス感染症は、高齢者に重篤な健康被害をもたらすと言われております。高齢者も在宅で過ごされる時間が増えており、こうした生活の中では、フレイルの進行や日々の生活の見守りが難しいという課題が生じております。
 区は、こうした状況下においても、高齢者が少しでも安心して日々の生活を過ごせるよう、区報や区設掲示板、区ホームページなどあらゆるツールを用いてフレイル予防のための情報の発信に取り組んでおります。また、地域包括支援センターにおいては、民生委員の方々と連携しながら一人暮らし高齢者名簿に登録されている方々を中心に、電話等で様子を伺うなど高齢者の見守り支援を行っております。地域でご心配な高齢者がいらっしゃいましたら、お近くの地域包括支援センターをご案内いただければと思います。

 さて、まもなく梅雨入りを迎えます。
 区は、昨年の台風19号を踏まえ水害時緊急避難場所の増設を行いました。水害時緊急避難場所のルールについては、6月1日発行のおおた区報防災特集号でお知らせしておりますので、ぜひご覧いただければと思います。特に、新型コロナウイルスの感染防止を踏まえた避難のポイントが4点ございます。
1 避難とは「難」を「避」けること。安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。自宅が安全な場合は、自宅にとどまりましょう。
2 避難場所は多くの方が避難するため、密接・密集状態となり感染を拡大させる要因となります。親戚・友人宅など、水害時緊急避難場所以外へ避難することも考えてみましょう。
3 水害時緊急避難場所の物品には限りがあります。マスク・消毒液・体温計をできるだけ持参してください。一人ひとりが、健康管理に気を付けましょう。
4 豪雨時や、浸水が始まってからの屋外の移動は困難となり、ふたが空いているマンホールに落下するなどの危険があります。また、アンダーパス(地下通路)の浸水など車による避難も危険があります。早め早めの避難を心掛けましょう。やむを得ず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況などを十分確認してください。そのほか、家庭内備蓄・非常持ち出し品の準備など日ごろからの備えをお願いいたします。 

2 令和2年第1回区議会臨時会の報告及び第2回区議会定例会の開催について 

 第1回区議会臨時会が先月26日及び27日の会期で開催されました。令和2年度一般会計補正予算案、条例案などを御審議いただき、原案のとおり可決及び承認していただきました。
 補正予算につきましては前述したとおりでございます。
 条例につきましては、大田区国民健康保険条例の改正などをいたしました。
 このほか、町区域の新設についてなどを可決していただきました。
 また、令和2年第2回区議会定例会が6月11日から6月22日までの会期で開催される予定でございます。

3 町区域の新設について

 中央防波堤埋立地は、その帰属について本区と江東区との間で係争中でしたが、令和元年9月20日に示された判決を受け入れ、両区の境界が確定し、議会の議決を経て、6月1日に町区域が新設され、「令和島」と町名が決まりました。
 この町名につきましては、多数のご応募をいただくとともに、「大田区中央防波堤埋立地町名案選考委員会」におきまして、熱心なご議論をいただきました。自治会連合会からは、区民の代表として選考委員会にご出席いただきましたことを、改めて感謝を申し上げます。
 令和島は、これまでの歴史的沿革を踏まえつつ、空港臨海部の次代に向けて輝く未来を象徴するものであり、「令和」へと改元された年に帰属が決まった区域としてふさわしい町名であると考えております。
 区は引き続き、東京都をはじめとした関係団体・機関と連携しながら、中央防波堤埋立地を含む空港臨海部エリアの魅力創出等に向けた取り組みを推進してまいります。

4 特別養護老人ホームの整備について

 6月1日に、区内で19番目の特別養護老人ホームとなる「特別養護老人ホーム誠心園」が西糀谷に開設いたしました。入所定員は75名でございます。
 今後も、在宅生活が困難になった方のニーズに応じた介護サービスを提供できるよう介護基盤の整備を進め、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちを目指してまいります。

5 大田区地球温暖化防止アンバサダーの任命について

 地球温暖化対策を推進するためには、区民の皆さま、お一人おひとりが地球温暖化の問題を自分事と捉え、省エネや3Rなどの環境にやさしい行動を実践していただくことが必要です。
 区では、この春、地球温暖化対策を推進するための区民運動「おおたクールアクション」をスタートさせました。より多くの区民の皆さまにこの運動にご参加いただくためには、地球温暖化の現状や将来への影響などをしっかりと情報提供をしていくことが重要であると考え、このたび、大田区出身の気象予報士である依田 司(よだ つかさ)さんに、6月1日付けで「大田区地球温暖化防止アンバサダー」にご就任いただきました。依田さんには、地球温暖化に関する情報を発信していただくとともに、「おおたクールアクション」の応援団としてご活躍いただく予定でございます。
 区は、引き続き、地域の皆様と連携・協力しながら、地球温暖化対策を推進してまいります。

6 社会を明るくする運動の強調月間について

 7月は、法務省主唱の社会を明るくする運動の強調月間でございます。
 この運動は、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深めるための全国的な運動で、今年で70回目を迎えます。本運動におきましても、おおたの「地域力」を結集し、関係機関・団体の裾野を広げ、地域社会全体で犯罪や非行のない明るい社会を築いていきたいと考えております。
 新型コロナウイルス感染症をめぐる状況を踏まえ、今年の強調月間中の取り組みは原則中止としておりますが、引き続き、皆様方の更なるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 結びになりますが、都は6月2日、都内の感染状況を都民の皆さまに的確にお知らせし、警戒を呼び掛ける「東京アラート」を発動しました。国の緊急事態宣言は解除されておりますが、まだまだ予断を許さない状況です。区民の皆さまにおかれましては、引き続き、感染症拡大防止の取り組みにご理解とご協力をお願い申し上げます。
 また、夏日を迎えた日も出てきており、熱中症も懸念される時期になってまいりました。今年は感染を防止する取り組みも継続する必要があり、今後もマスクを使用することが多く見込まれます。
 区は、在宅での適切な冷房の使用や、こまめな水分補給といった熱中症予防に関する周知も取り組んでまいります。皆さまにおかれましては、感染拡大防止に加え、例年以上にご自身の健康状況の把握に努めていただければと思います。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区長あいさつ(地域力推進会議)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)