このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長メッセージ の中の 年度末を迎えて のページです。

本文ここから

年度末を迎えて

更新日:2019年3月28日

 日々、暖かくなり、過ごしやすい季節となって参りました。
 各地では桜が咲き始め、区内の桜の名所では、多くの区民のみなさんが、これからお花見を楽しまれるのではと思います。
 新聞などの報道によりますと、訪日外国人の中には、お花見を目的に来る方も多いと聞きます。
 四季がある日本を多くの方が楽しんでおられるようです。
 みなさんも、是非、区内の桜を堪能して頂ければと思います。


 2月20日から3月14日までの会期で第1回区議会定例会が開催されました。
 議会におきまして、予算案、条例案とも真摯な審議をいただき、原案通り可決頂きました。
 新年度予算では、東京2020オリンピック・パラリンピックの準備を始め、新空港線の整備の準備、ブロック塀等の改修工事、不登校児童・生徒への支援体制の拡充など、ソフト面、ハード面と、新年度も区民生活の充実に向けた取組みを行っていきたいと思います。
 今回、成立した予算がしっかりと区民の生活に役立つよう、時機を逃さず、効果的かつ効率的な予算執行に努めて参ります。


 2月19日、京浜急行電鉄が京急空港線内の加算運賃を10月から引き下げると発表しました。
 区内の移動は、京急蒲田から羽田空港の間は加算運賃が90円値下げされ、普通運賃に加算運賃に加えた額は250円となります。
 また、品川から羽田空港まで乗車した場合、410円でしたが、今回の引き下げで290円になるようです。
 大田区では、加算運賃の問題に向け長年取り組んできたことから、区民にとっても、大変な朗報になった事は間違いありません。
 ただ、加算運賃が無くなった訳でなく、引き続き、加算運賃の問題は、しっかりと働きかけを続けて行きたいと思います。


 千葉県野田市で10歳のお子さんが虐待を受け亡くなるという痛ましい事件が1月に起きました。
 それから1か月ほどして、横浜市で大やけどを負い放置されていた3歳の妹が、5歳のお兄ちゃんの機転で、近所の男性に助けを求め、保護される事案がありました。
 虐待事件が続いており、基礎自治体の長としても、一人の親としても大変心が痛みます。  
 子供は虐待を受けていても「家に帰りたい」と話すこともあるようで、現場で対応する職員は、日々、難しい判断が続いています。
 区では多くの職員が子供に関わる業務を持っており、子供さんの異変に敏感になるよう努めております。
 どの子供さんも健やかに育って行ける環境づくりに、今後とも努めて参りたいと思います。


 東京オリンピックの開会式まで3月28日現在で484日、パラリンピックの開会式まで517日となりました。
 オリンピックの聖火リレーは、日程などが決まり、来年、3月12日、ギリシャで採火され、その後、アテネを出発、3月20日には友好都市である東松島市の航空自衛隊松島基地に到着、原発事故対応拠点となった福島県のJビレッジを3月26日に出発、その後全国を回り、7月10日から都内を2週間かけてリレーされる計画です。
 一方、パラリンピックの聖火は、開催地である東京都と競技が行われる埼玉県、千葉県、静岡県回り、トーチの火をつなぐ方式でリレーするそうです。
 パラリンピックでは、炎はみんなのものとの考えの基に、炎を分けて色々な場所で灯すことで、大会のエネルギーになるとの理念で聖火はリレーされるそうです。
 大会関連の諸行事のスタートまで1年を切り、大会が近づいてきたことを実感してきました。


 小さな記事でしたが、「ぐるなび」という会社が運営していた「えきから時刻表」という時刻表が見られるサービスが今月末に終了し、検索サイト大手のヤフーが運営していた「ヤフーブログ」が年末に終了するとの記事を見ました。
 これまで無料でサービスを提供し、広告料収入で運営してきたビジネスモデルに一定の変化が出てきたのではと思います。
 情報を得る手段は、19世紀以前は書物や新聞などの紙媒体、20世紀に入り紙媒体にラジオやテレビが加わり、21世紀になりインターネットがさらに加わりました。
 総務省の情報通信白書では、60歳以上の方でも、4人に3人はインターネットを使い、調べ物をしているようです。
 これまで右肩あがり一辺倒のインターネットサービスや情報蓄積の拡大に一定の変化が生じるのではと思います。
 インターネットが成長分野から成熟分野へと移行しようとしており、今後の動きが気になるところです。


 最後になりますが、3月は旅立ちの季節、学校を卒業し、就職や進学のため大田区を離れる方、また、逆に進学や就職のために大田区に来られる方など、多くの人が行きかいます。
 大田区を離れて新たな場所で居を構える皆さんは、是非、大田区の事をいつまでも忘れずに、また、大田区に新たにお越しになるかたは、人情あふれるこの地に早くなれて欲しいと思います。
 寒暖の差が大きく体調管理が大変な季節になりましたが、お元気でお過ごしください。

大田区長

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)