緊急事態宣言の9月30日までの延長を受けて(大田区長 松原忠義)

ページ番号:916111574

更新日:2021年9月13日

区民のみなさまへ

 9月12日までとされていた「緊急事態宣言」の期間が、9月30日までに延長となりました。

 都内の1日の新規陽性者数は、一時に比べると減少し、大田区においても、直近一週間平均の陽性者数は約85名と、これまでに比べると減少傾向にあります。しかし、デルタ株等の感染力は強く、都内の感染の中心である10歳未満や若年層を含めたあらゆる世代の方に感染の危険性があります。

 感染の再拡大を防ぐためにも、区民の皆様には、マスクの着用、三密の回避、手指消毒、適切な換気など、基本的な感染対策を継続していただくなど、感染予防のための行動を引き続き、お願いいたします。

 新型コロナワクチン接種につきまして、10月、11月分の集団接種会場の予約枠を9月2日に追加しました。また、妊娠中の方やそのご家族の方、12歳から29歳までの若年層の方と、その同居するご家族、そして、11歳以下のお子さんと同居するご家族の方が、予約を取りやすくなるよう、優先予約枠も新たに追加いたしました。更に、大田区では、「今日・すぐ☆ワクチン」と名付け、大田区産業プラザ(PiO)会場の当日予約の受付も開始しました。

 大田区では、ワクチン接種を希望される区民の皆様が接種できるワクチンを確保しております。また、それぞれのご事情に合わせて予約も受け付けておりますので、接種を希望される区民の皆様は、お早めに予約していただきますようお願いいたします。

 なお、ワクチンに関する最新情報は、ホームページやツイッターなどで随時発信しておりますので、ぜひご覧ください。

 大田区は、今後も様々な取り組みを行い、引き続き、希望される区民の皆様のワクチン接種が円滑に進むよう努めてまいります。

 

関連リンク