このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の 区のプラン(計画や施策など) の中の 個別分野のプラン の中の 福祉 の中の (仮称)障がい者総合サポートセンター基本計画 の中の テキスト(音声読み上げ機能対応)版 の中の (仮称)障がい者総合サポートセンター基本計画(表紙、はじめに、目次) のページです。

本文ここから

(仮称)障がい者総合サポートセンター基本計画(表紙、はじめに、目次)

更新日:2011年2月15日

ここでは、
基本計画の表紙
大田区長の、計画策定にあたっての挨拶
目次
について、掲載しています。

表紙

(仮称)障がい者総合サポートセンター基本計画
平成23年2月
大田区福祉部障害福祉課

はじめに (仮称)障がい者総合サポートセンター 基本計画の策定にあたって

 障がいのある方や、そのご家族のために、地域での支援や相談体制を充実させ、生活を総合的にサポートするための拠点施設として、「(仮称)障がい者総合サポートセンター」を設置することとし、平成21年3月に作成した、「大田区10か年基本計画(おおた未来プラン10年)」において、計画事業として位置づけました。この計画の実現に向け、さまざまな検討を重ね、このたび「基本計画」を策定いたしました。
 計画策定にあたりましては、各障がい者団体や、関係機関から選出していただいた委員の方々を中心とした「大田区地域自立支援協議会」における活発な議論によるご意見を反映しながら、区としても、部局を越えた庁内検討会を設置し、検討を重ねてまいりました。パブリックコメント(区民意見公募手続)により、区民の皆様から広くご意見をたまわるとともに、直接ご意見を伺う場として、区民説明会を開催いたしました。ご意見、ご提案をお寄せいただいた皆様に、あらためて心より感謝申し上げます。
 今後も、障がいのある方が、安心していきいきと暮らしていける地域をつくっていくために、さまざまな方面のご意見を伺いながら、(仮称)障がい者総合サポートセンター運営へ向けた、具体的な計画、並びに、障がい者福祉施策全体の再構築を進めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
平成23年2月
大田区長

目次

第1章 計画策定にあたって
1 今、なぜ、(仮称)障がい者総合サポートセンターが必要なのか
2 大田区の障がい者福祉の現状と課題
【1】8つの重点課題
【2】第2期大田区障害福祉計画の進捗状況と評価、課題

第2章 大田区がめざす、これからの障がい者福祉
1 地域の力があふれる障がい者福祉の向上に努めます
2 大田区地域保健福祉計画における基本理念の実現に取り組みます
【1】ライフステージに対応した総合的な支援体制を整備します
【2】障がい者分野の3つの重点課題に取り組みます

第3章 (仮称)障がい者総合サポートセンターの概要
1 生活を総合的にサポートする「拠点」としての役割
2 建設予定地と建設規模
3 取り込むべき機能のメニュー一覧
【1】相談支援部門
【2】地域交流支援部門
【3】就労支援部門
【4】居住支援部門
【5】管理運営部門
4 主な施設、支援機関等との連携
【1】大田区内の主な施設、支援機関等との関係の種類
【2】広域的な専門相談機関との連携


第4章 (仮称)障がい者総合サポートセンター設置と障がい者福祉施策の再構築
1 事業、施設の活用、改善
2 サービス、支援機能の拡充

第5章  (仮称)障がい者総合サポートセンターの設置に向けて今後の取り組み
1 運営方式の検討
2 (仮称) 障がい者総合サポートセンター事業実施計画の作成にあたって
3 (仮称) 障がい者総合サポートセンター施設建設にあたって
4 名称について
5 設置までのスケジュール

資料編 これまでの検討の経過
1 (仮称) 障がい者総合サポートセンター庁内検討委員会
2 大田区地域自立支援協議会
3 大田区障害者福祉連絡協議会
4 先進自治体への視察
5 大田区地域自立支援協議会との連携
6 パブリックコメント、区民説明会の結果

本計画においては、「(仮称)障がい者総合サポートセンター」を、省略して「サポートセンター」とも表記しています。

お問い合わせ

障害福祉課

電話:03-5744-1700
FAX :03-5744-1555

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)