このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成27年度 の中の 18歳選挙に向け模擬投票を体験 区内の高校では初めての体験授業 のページです。

本文ここから

18歳選挙に向け模擬投票を体験 区内の高校では初めての体験授業

更新日:2015年7月14日

1.日時
 平成27年7月14日(火曜日)午前9時から午後0時35分

2.場所
 都立大森高等学校(大田区西蒲田2丁目2番地1号)

3.内容
 来年夏の参議院議員選挙から適用が予定されている18歳選挙権に向け、選挙の仕組みと意義を理解し、主権者としての心構えとスキルを身に付けてもらおうと、東京都選挙管理委員会と大田区選挙管理委員会は、都立大森高等学校(大田区西蒲田2丁目2番地1号)と連携し、「主権者教育授業」を実施した。
 大森区長を選ぶ設定で、3年生の6クラス160名が、演説会で架空の候補者3名の空き地利用方法に関する主張を聞いた後、グループワークを行い、1票を投じた。演説後の質問会では、周辺住民への説明、対応方法や思惑が外れた場合の対応についてなど鋭い質問が出た。グループワークの中では、生徒が疑問に思ったことを区の選挙管理委員や候補者に質問し各候補者の政策への理解を深めた。3年生のアラキさんは「自分で実際に投票用紙を書いてみて、一票の重要性が感じられた。実際の選挙でも候補者の演説に耳を傾けて、理解を深めてから投票を行いたい」と話した。
 開票の結果、「空き地にショッピングモールを作ります」を掲げた候補者が77票で当選した。
 金澤校長は「生徒たちには今回の体験をとおして、授業で学んだことを生かし、主権者として権利をしっかりと使ってもらいたい」と語った。
 
4.スケジュール
(1)立会演説会: 候補者3名   9:00〜9:20(20分)
(2)討論会: 質疑により、各政策の理解を深める 9:20〜9:40(20分)
(3)グループワーク: クラスごとに政策について討論 9:55〜10:25(30分)
(4)投票 10:25〜11:00(45分)
(5)講義:選挙のはなしをしよう 11:10〜11:40(30分)
(6)開票 11:10〜11:40(20分)
(7)フィードバック:開票結果を踏まえて討論と感想、選管職員に質問 11:55〜12:35(40分)

5.問合先
 大田区選挙管理委員会事務局 
 電話:5744-1461

模擬投票_質問会

模擬投票_グループワーク

模擬投票_グループワーク2

模擬投票_名簿対照

模擬投票_投票1

模擬投票_投票2

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成27年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)