このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成27年度 の中の インド人少年が日本の中学生と交流(2015年国際ユース作文コンテスト最優秀賞・文部科学大臣賞受賞のウダヤン・サハさんが、中学生と文化交流をします) のページです。

本文ここから

インド人少年が日本の中学生と交流(2015年国際ユース作文コンテスト最優秀賞・文部科学大臣賞受賞のウダヤン・サハさんが、中学生と文化交流をします)

更新日:2015年11月30日

1 日時
 平成27年12月2日(水曜日) 13時20分から14時10分

2 場所
 大田区立大森第六中学校

3 趣旨等
 国際ユース作文コンテストは 主催:公益財団法人五井平和財団、後援:文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、日本私立中学高等学校連合会、東京都教育委員会、NHK、日本経済新聞により、毎年実施されている作文コンテストで、対象は子どもの部(小学生・中学生)、若者の部(高校1年生から25歳まで)となっています。
 2015年度は、ユネスコ創設70周年記念事業として募集し、10月末に受賞者の発表がありました。12月1日に、日経ホールで当財団フォーラムの中で今年度最優秀賞・文部科学大臣賞を獲得したウダヤン・サハさん(10歳、子どもの部)、ナラヤン・クルカルニ(20歳、若者の部)の作品の発表と表彰式があります。
 今年度の作文のテーマは『心の中に平和を築く』で、内容は「70年前に設立されたユネスコは、心の中に平和を築くことにより、世界に恒久平和をもたらそうとした。人の心の中に平和を築くとはどういうことなのか。私たちの心は、まわりの人々や世界にどのように影響すると思うか。あなた自身の体験を踏まえ考えを書いてください。」ということでした。
 応募総数は12,960で、内訳は日本(4,062)、アジア(日本以外4,646)、大洋州(73)、中東(169)、ヨーロッパ(1,287)、アフリカ(989)、北米(320)、中南米(1,414)でした。
 大田区立大森第六中は、2011年度にユネスコスクールに加盟し、同年以降、毎年同コンテストに全校生徒が応募しています。本年度は、同校が学校奨励賞(41校が受賞)、石田壮一郎さんが佳作(中3、子どもの部25点が受賞)を受賞しました。
 今回、子どもの部の最優秀賞受賞のため来日するウダヤン・サハさんとの文化交流会を以下のとおり実施します。

4 行事の概要
 来校者:ウダヤン・サハさん(10歳)とその両親
 日時:12月2日(水曜日)13時20分から14時10分
 内容:合唱、英語スピーチ、日本文化紹介(空手・書道・茶道・剣道)、英日メッセージ(以上本校から)/ ウダヤン・サハさんからのお話 ほか 

5 問合先
 大田区立大森第六中学校 副校長 電話:03-3726-7155

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成27年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)