このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成27年度 の中の 環境学習スペシャル「燃料電池車」がやってくる! のページです。

本文ここから

環境学習スペシャル「燃料電池車」がやってくる!

更新日:2015年12月10日

1 日時、場所
 平成27年12月17日(木曜日) 東調布第三小学校
 平成27年12月18日(金曜日) 大森第六中学校

2 概要
 環境学習スペシャル「燃料電池車がやってくる!」は、区が11月に公用車に導入した燃料電池車(トヨタ「MIRAI」)と東京ガス株式会社が実施するエネルギー環境教育をセットにした区立小・中学校への環境学習出前授業である。区は、環境にやさしいまちづくりのシンボルとして、区内を走行するとともに、環境学習や環境イベント会場等で実際に区民の皆様に触れていただきたいと考えている。
≪東調布第三小学校≫
 当日は、東京ガス株式会社の武川氏から地球温暖化やエネルギーの説明を受けた後、小型の燃料電池にオルゴールをつなぎ、水素ボンベを1プッシュ。
 教室内にはオルゴールの音色とこどもたちの歓声が響きわたった。
 また、燃料電池車の実物には、「どこから水が出るのかな」「水素タンクはどこに入っているの」との質問とともに、「かっこいい」「今度はドライブにいきたいなぁ」という感想も飛び出した。
≪大森第六中学校≫
 ユネスコスクールの加盟校である大森第六中学校の3年生、128名が2グループに分かれ、燃料電池を題材に「持続可能な社会づくり」の授業を実施した。エネルギーを考えるうえでの3つのキーワード「多様性・効率・変換」に焦点を当て、現在利用されている発電・省エネの技術や歴史について、環境・社会・経済の視点から説明があった。
 「燃料電池車と電気自動車はどちらが良いのか?」という質問には、どちらも更なる発展の余地があり、今後の技術革新によって大きく変わってくる。ひとつの技術や製品だけに固執するのではなく、いろいろな選択肢を用意することが重要ではないかと反対に問題提起する内容で締めくくった。

3 実施会場(東調布第三小学校)
(1)会場:東調布第三小学校(南久が原2丁目17番1号)
(2)日時:平成27年12月17日(木曜日)第5・6時限、小学5年生57名
(3)内容:地球温暖化について、エネルギーについて、燃料電池のしくみ

4 実施会場(大森第六中学校)
(1)会場:大森第六中学校(南千束1丁目33番1号)
(2)日時:平成27年12月18日(金曜日)第1・2時限 第3・4時限、中学3年生128名(64名×2回)
(3)内容:燃料電池の歴史、燃料電池のしくみ、今後の開発のポイント

5 主催
 大田区(環境清掃部 環境・地球温暖化対策課)、大田区教育委員会

6 協力
 東京ガス株式会社

7 問合先
 環境・地球温暖化対策課長 電話:03-5744-1361

環境学習の様子

環境学習の様子

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成27年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)