このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成27年度 の中の 岩城法務大臣、大田区更生保護サポートセンターを視察 大田区保護司会の活動を激励 のページです。

本文ここから

岩城法務大臣、大田区更生保護サポートセンターを視察 大田区保護司会の活動を激励

更新日:2016年1月25日

1 日時
  平成28年1月25日 14時から15時15分

2 場所
  大田区更生保護サポートセンタ―(大田区蒲田2丁目10番1号)

3 概要
 「大田区更生保護サポートセンター」は、大田区保護司会活動の拠点として、廃校となった区立小学校の校舎の一部を活用してオープンした。
 平成20年5月には、法務省から全国初の「更生保護サポートセンター」(当時全国で6か所)として指定を受けて運営している。
 センターには、午前10時から午後4時まで、企画調整保護司が常駐して活動しており、保護司と保護観察対象者の面接の場の提供のほか、保護司の研修会の会場、更生保護関係団体などの関係機関との連携を強化し、地域に根差した犯罪、非行防止活動を推進するなど、地域における更生保護の拠点として活動している。
 平成27年度「法務省行政事業レビュー公開プロセス」での議題である「保護観察の実施」に関して、視察の対象となった。

4 内容
 本日、岩城法務大臣が初めて「大田区更生保護サポートセンター」を訪問し、
松原忠義大田区長が大臣を現地で出迎えた。大田区保護司会の横山和文会長、額田光雄企画調整保護司らがセンターを案内し、概況を説明した。
 このセンターは、大田区の協力により、全国的に先駆けて設置したこと。
 また、地域における更生保護の拠点ができ、保護司が集い、関係機関・団体との連携を深めることにより、情報やノウハウを共有し、保護司会活動の活性化に寄与していることなど、センターが果たしている役割を説明した。
 岩城法務大臣と大田区保護司会との間で活発な意見交換があり、保護司の安定確保など保護司会が抱えている現状などを話し合い、改めて「大田区更生保護サポートセンター」の意義が確認された。

5 問合先
  大田区総務課 
  電話 03-5744-1142
  更生保護サポートセンター  
  電話 03-3739-1734

岩城法務大臣を迎える松原区長

施設視察1

施設視察2

大田区保護司会の活動説明の様子

意見交換の様子

集合写真

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)