このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成28年度 の中の 江戸時代から続く伝統行事 羽田「水神祭」が行われました のページです。

本文ここから

江戸時代から続く伝統行事 羽田「水神祭」が行われました

更新日:2016年6月14日

1 日時
平成28年5月11日(水曜日) 午前10時から

2 場所
羽田空港近くの多摩川河口(水神社は大田区羽田6丁目13番地8号)

3 内容
 かつて漁師町として栄えた羽田をしのぶ、水神社(羽田6丁目13番地8号)の例大祭「水神祭(すいじんさい)」が本日(5月11日)、羽田空港近くの多摩川河口で行われた。この祭は、漁業の大漁と船の海上安全を祈願して江戸時代から続いているもので、戦後は毎年5月11日に行われている。
 強風に負けることなく、本日午前10時に榊(さかき)で飾られた船「えさ政丸」が、水神社の宮司や大田漁業協同組合(羽田六丁目・村石幸光組合長)の関係者、来賓者ら30名程を乗せ、玉川弁財天近くの多摩川沿岸から出発。羽田空港から離発着する飛行機や釣りをしている人の姿を見ながら、約2キロ先の海上に立つ「御神酒上げ棒(おみきあげぼう)」と呼ばれる柱に向かった。
 約10分で御神酒上げ棒に到着。船上で宮司が祝詞(のりと)をあげて神事を行い、御神酒や塩、シジミなどを海上にまき、続いて参列した漁業関係者らが拍手を打って、大漁と海上の安全を祈った。例年は、海の神様である香川県の金毘羅様から取り寄せた高さ70センチメートル程のお札と地元「羽田水神社」のお札を御神酒上げ棒に取り付けるが、本日は強風のため、後日取り付けることとなった。
 羽田の地は、江戸時代から漁師町として栄え、この祭も当時から続いていると言われているが、始まりは定かでない。昔は羽田の各町から大漁旗や提灯で飾られた船やお囃子を乗せた船が川の中ほどに出て、櫓(ろ)を漕いでいた若者たちが裸になり川に飛び込んで先を競って泳ぎ、拝み棒にお神酒を供えてまた泳いで船に戻ってくる、という勇壮な祭だったそう。
 しかし、昭和37年、沿岸の埋め立てなどで漁業権を放棄。また後継者不足から漁師の数も当時から比べてずいぶん少なくなり、今では祭の規模こそ小さくなったが、「漁師町羽田」の名残を伝える伝統行事として、地元の人々に受け継がれている。現在でも羽田では、シジミやアサリ、ハマグリなどの貝類やアナゴ、ボサエビなどの漁が続けられている。羽田の海産物は地元の料理店などにも提供され、ご当地グルメとして人気を博している。
 大田漁業協同組合によると、この祭は昔、1月・5月・9月の年3回行われていた。どんなに荒天でも中止されたことがなく、雪の日でも決行されたことがあるそうだ。
この行事の後、水神社ではお祭に来た人たちに、アナゴ、エビ、シロキス、かき揚げなどの天ぷらが振る舞われる。また夕方からはカラオケなどの演芸が行われ、毎年600人ほどの人で賑わうという。
 組合長の村石さんは、「航行安全と大漁になるようにと今日の水神祭でお祈りしました。」と話していた。

4 問合先
大田漁業協同組合  03-3741-9719 

神事を行う宮司と参列者1
神事を行う宮司と参列者1

神事を行う宮司と参列者2
神事を行う宮司と参列者2

海に向かって祈願する宮司
海に向かって祈願する宮司

海に向かって祈願する様子1
海に向かって祈願する様子1

海に向かって祈願する様子2
海に向かって祈願する様子2

大漁を祈願しシジミを撒いているところ
大漁を祈願しシジミを撒いているところ

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)