このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成28年度 の中の イクメン新米パパが挑戦 ベビーダンスでハッピーに「パパの手でつくる赤ちゃんのハッピータイム」講座 のページです。

本文ここから

イクメン新米パパが挑戦 ベビーダンスでハッピーに「パパの手でつくる赤ちゃんのハッピータイム」講座

更新日:2016年6月6日

1 日時 平成28年6月5日(日曜日) 午前10時から午前11時30分まで
2 場所 大田区大森北4丁目16番4号 大田区立男女平等推進センター エセナおおた
3 概要
 6月5日(日曜日)、大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」で、ベビーダンス講座「パパの手でつくる赤ちゃんのハッピータイム」が行われた。
53組の応募があり、選ばれた28組の赤ちゃんと父親が参加。ベビーダンス考案者のママダンサー田中 由美子氏の指導の下、親子で楽しい時間を過ごした。
4 内容
 講座を主催している大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」は、男女共同参画社会の実現と区民が自主的に活動する場の提供を目的に設置されている。
 女性活躍推進が進められる中、今回の主役は父親。講座は父親の積極的な育児参加を促すことを目的としている。
 生後3か月からハイハイができるまでの第一子の赤ちゃんとその両親を対象に開催され、全3回の連続講座で今回はその初日。
「ベビーダンスでパパもハッピー、ベビーはすやすや」と題した内容で、参加者全員がベビーダンスを初体験した。
 参加者たちは、始まる前に健康チェックシートの記入や赤ちゃんの体温測定などを済ませ、待ち時間には初めて会うお友達とふれあうなど微笑ましい姿が見られた。
 母親たちは別室でディスカッションがあり退室。父親と赤ちゃんでベビーダンスのレッスンが始まった。
 講師は「自分の子育て中は、父親が子どもに人見知りをされてしまうほどでしたが、このベビーダンスをきっかけに父親に対して人見知りもしなくなり、眠ってくれるようにもなりました。子どもを父親に預けられることで、子育てによるストレスがとても減りました。今日はベビーダンスを覚えて、お母さんにゆっくりシャワーを浴びてもらえるような時間をつくれるようにしましょう」と述べ、ベビーダンスの必要性を語った。
 その後、注意事項などが話され実践開始。まずは音楽に合わせて、赤ちゃんとふれあう「手遊び」を行った。父親も赤ちゃんもだんだん緊張がほぐれ、笑顔になっていった。
 続いて、メインのベビーダンスを開始。正しいだっこひもの付け方などのチェックから始まり、ダンスのステップの指導や振り付けの指導がされる中、初めての体験に父親たちは「これ難しい」と苦戦しながらも、始まる前に泣いていた赤ちゃんたちはいつの間にかすやすや眠っていた。開始10分後にはおよそ8割の赤ちゃんが眠ってしまうほどだった。
 ディスカッション中の母親達に見せるための決めポーズを猛特訓し、最後には母親を目の前に恥ずかしがりながらも成果を披露。見事ベビーダンスを成功させ、母親たちからは沢山の拍手が送られた。
参加者で6ヶ月の男の子の父親は「初めてのベビーダンスでしたが、自分は疲れたけど、意外とすぐ寝てくれていました。家でも試してみたいと思います。」また、5か月の女の子の父親は「だっこひもを使うのも初めてで、案の定泣いてしまいましたが、ベビーダンスを始めると寝ていました。今後もベビーダンスを使いたいと思います。」と意気込みを語ってくれた。
5 問合先
大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」 電話:3766-4586

手遊び1

手遊び2

練習中の様子1

練習中の様子2

練習中の様子3

決めポーズの練習

練習の成果をママに披露

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)