このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成28年度 の中の 大田区制70周年の年に70万人突破!「大森 海苔のふるさと館」来館者70万人達成! のページです。

本文ここから

大田区制70周年の年に70万人突破!「大森 海苔のふるさと館」来館者70万人達成!

更新日:2016年7月18日

1 日時
 平成28年7月16日(土曜日)午前11時30分から11時45分まで 

2 場所
 大森 海苔のふるさと館 (大田区平和の森公園2番2号)

3 内容
 大田区沿岸の海苔の歴史を伝える「大森 海苔のふるさと館」は、平成20年4月6日に開館し9年目を迎えました。年間約9万人と多くの方々に利用され親しまれています。
 7月16日(土曜日)に来館者が70万人となったため、これを祝し、70万人目の方へ記念品を贈呈しました。今年度は大田区制70周年にあたり、節目を彩るお祝いとなりました。

4 詳細
 大森をはじめとする東京湾の海辺は、江戸時代中頃に全国で初めて海苔の養殖がおこなわれた海苔養殖の発祥の地ですが、埋立てなどの沿岸整備計画により、昭和38年春に海苔養殖の歴史を閉じました。大森海苔のふるさと館は、その海苔養殖の伝統と歴史を後世へ伝えることを目的とした施設です。
 3連休の初日の本日、大森海苔のふるさと館正面玄関前において、大田区長より70万人目の来館者へ記念品の贈呈を行いました。地元の方や関係者が集まる中、最初に松原忠義大田区長からは、「当館は、海苔の歴史を伝えるために、地域とともに歩んでいる館。この規模の施設としては類を見ないほど多数の方々に来ていただいています。今回の70万人目の方は地元の方でした。これからも当館が、地元地域の人にも、遠くの人にも楽しい憩いの場となるようにと願っています。」と挨拶しました。続いて、認定特定非営利活動法人 海苔のふるさと会の中村博副理事長から、「大森 海苔のふるさと館は、地域とともにある施設です。これからも今日のお二人のような地元の方に愛されるような施設であり続けたいと思います。」と気持ちを語りました。
 70万人目の来館者となった横山さん、岡本さんは、当館近くに在住で、「大森 海苔のふるさと館」には2人でよくいらしているそうです。「70万人目になれて光栄。とても良い場所なので、皆さんもぜひ一度来てみてください。」と記念来館者となった思いを語りました。
 平成28年度は大田区制70周年となる記念の年であり、来館者70万人達成は彩を添えるお祝いとなりました。

5 問合先
 大森 海苔のふるさと館  電話:03-5471-0333
 郷土博物館        電話:03-3777-1070

写真:左から、松原大田区長、、岡本さん、横山さん、中村副理事長
左から、松原大田区長、、岡本さん、横山さん、中村副理事長

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)