このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成28年度 の中の 第6回おおた研究・開発フェア内“ウィルチェアー ラグビー ミーティング” 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて のページです。

本文ここから

第6回おおた研究・開発フェア内“ウィルチェアー ラグビー ミーティング” 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

更新日:2016年9月20日

1 日時
  平成28年10月7日(金曜日)13時15分から15時15分

2 場所
  大田区産業プラザPiO(大田区南蒲田1丁目20番20号)
  4階・コンベンションホール 入場無料

3 概要
ウィルチェアーラグビー(wheelchair rugby)は、四肢に麻痺のある障害者が車いすで競技する障害者スポーツの1つです。日本代表は2012年のロンドンパラリンピックにて第4位に入賞し、先日開催されたリオデジャネイロパラリンピックでは、見事銅メダルを獲得しました。
そのような中、大田区企業は、リオデジャネイロパラリンピック期間中にウィルチェアーラグビー日本代表選手が使用するローラートレーナー(注釈1)を区内企業で連携して開発しました。本製品は、スポーツ庁から委託されたハイパフォーマンスサポート事業の研究開発プロジェクトのもとで行われた研究の成果をもとに、大田区企業が連携して製作したものです。大田区企業が得意とするものづくりの力によって、ウィルチェアーラグビーの競技力向上に寄与しております。
今回、ウィルチェアーラグビー パラリンピック日本代表選手及びメカニックの方々に、競技で実際に使用するウィルチェアーの紹介や大田区に期待するものづくりなどの講演、及び実演をしていただきます。なお、イベントの当日は会場にてローラートレーナーを展示予定です。
(注釈1)ウィルチェアーラグビー選手用のトレッドミル(ルームランナー)で、試合前のウォーミングアップやトレーニングの際に使用します。

4 おおた研究開発フェア内 特別講演
  10月7日(金曜日)13時15分から15時15分
  テーマ:“ウィルチェアー ラグビー ミーティング” 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて
  参加者:ウィルチェアーラグビー パラリンピック日本代表選手、メカニック 三山 慧 氏
  詳細(予定):ウィルチェアーラグビー日本代表選手の紹介 Q&A
 ウィルチェアーラグビー用ウィルチェアーの紹介
 大田区に期待するものづくり
 デモンストレーション及びウィルチェアー体験

5 問合先
  大田区産業経済部 工業振興担当課 03-5744-1347

画像:ローラートレーナー
ローラートレーナー

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成28年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)