このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成28年度 の中の 大規模災害の教訓を活かす!災害時に医療従事者達を現場で支える後方支援業務活動を訓練で確認〜第1回 災害医療図上訓練を実施します〜 のページです。

本文ここから

大規模災害の教訓を活かす!災害時に医療従事者達を現場で支える後方支援業務活動を訓練で確認〜第1回 災害医療図上訓練を実施します〜

更新日:2017年3月9日

日時
平成29年3月11日(土曜日)14時50分〜15時50分

場所
大田区役所本庁舎(大田区蒲田5丁目13番14号)
6階:旧教育長室(指揮統制室)、2階:205、206会議室(各機関本部)

概要
3月11日、区と医療関係者の約30名が参加し、大田区役所本庁舎において、発災後10時間〜24時間の時間帯で起こり得る課題に対応する訓練を実施します。
災害医療活動における区の医療活動拠点(指揮統制室)と各機関の災害対策本部の活動(各種調整、指示等)の連携の重要性を確認し、今後の対策につなげる契機とします。
訓練では、3月11日午前6時45分発災の地震(最大震度7)を想定し、コントローラー(課題付与者)とプレーヤー(課題解決者:指揮統制室、各機関本部)に分かれて行います。随時、コントローラーから電話等で、プレーヤーに対して課題(病院等の被災に伴う要請、傷病者の広域搬送要請、救護所の要員補充・応援部隊の到着に係る調整等)が与えられ、プレーヤーは解決に向け課題に対応します。

参加者 (約30名)
指揮統制室(各機関本部との調整等を行い、区内の医療活動をとりまとめる。)
 健康政策部、大田区災害医療コーディネーター、大田区災害薬事コーディネーター
各機関本部(自組織において会員・職員の安否確認、活動に係る調整・指示を行う。)
 東京都地域災害医療コーディネーター、大森医師会、田園調布医師会、蒲田医師会、
 大森歯科医師会、蒲田歯科医師会、大田区薬剤師会、蒲田薬剤師会、東京都柔道整復師会大田支部、
 東京労災病院、東邦大学医療センター大森病院、池上総合病院、大森赤十字病院、荏原病院

問合先
健康政策部副参事(災害時医療担当)  電話:03-5744-1730

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)