このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成31年度・令和元年度 の中の 2020年に向けた、馬込文士村演劇祭の立ち上げ企画 リーディング公演&トークイベント開催 のページです。

本文ここから

2020年に向けた、馬込文士村演劇祭の立ち上げ企画 リーディング公演&トークイベント開催

更新日:2019年9月19日

日時
令和元年11月20日(水曜日) 19時開演(18時30分開場)

場所
大田文化の森ホール(大田区中央2-10-1)

かつて名だたる文豪や詩人が居住していた馬込文士村にスポットを当てた企画です。

(概要)
2020年、大田区にゆかりのある作家の作品や暮らしぶりなど馬込文士村を舞台にした地域密着型の演劇祭を開催します。今年度はその準備期間として、文士の作品のリーディング公演や、ゲストによる当時の文士達の生活や人柄についての対談を行います。
大正後期から昭和初期にかけて多くの作家や芸術家が住み、交流していたことから、大田区の山王・馬込地区は「馬込文士村」と呼ばれていました。尾ア士郎を中心に、宇野千代、川端康成、萩原朔太郎など、名だたる文豪や詩人たちが居住し、お互いの作品に影響を与えながら交流を深めていました。(文化振興協会HP:https://www.ota-bunka.or.jp/)
■料  金 全席自由 入場無料(事前申込制)
■定  員 200名(応募多数の場合は抽選、未就学児入場不可)
■内  容
《1部》リーディング公演(出演:劇団山の手事情社 演出:安田雅弘)
  文士の作品を演劇的にお聞かせします。
《2部》対談「昔日の客」(ゲスト:関口直人氏、島田潤一郎氏)
  文士達に愛された古書店「山王書房」の店主による著書「昔日の客」を中心に、当時の文士達の暮らし、交流、人柄などを語ります。
■申込締切日 10月31日(木曜日)必着
■申込方法 協会ホームページ内の応募フォームまたは往復はがき
■協力:劇団山の手事情社
■申込先 〒146-0092 東京都大田区下丸子 3−1−3 大田区民プラザ内
(公財)大田区文化振興協会 文化芸術振興課
「馬込文士村演劇祭企画」係 TEL 03-3750-1611

問合先
(公財)大田区文化振興協会 文化芸術振興課TEL 03-3750-1611

書籍「昔日の客」の版画
書籍「昔日の客」より版画

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)