このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成31年度・令和元年度 の中の 自転車の「盗難」と「ながら運転」を防止!〜条例を一部改正し安全・安心なまちの実現へ〜 のページです。

本文ここから

自転車の「盗難」と「ながら運転」を防止!〜条例を一部改正し安全・安心なまちの実現へ〜

更新日:2019年9月25日

施行日
令和元年10月1日(火曜日)予定 (一部は令和2年1月1日施行)

内容
 本日、大田区議会第3回定例会において、自転車利用者に対し、自転車への盗難防止措置実施を義務付けるとともに、いわゆる「ながら運転」をしない等の道路交通法関係法令を遵守することを定める改正条例案が可決されました。一部を除き、10月1日に施行される予定です。

1 改正の経緯
近年、自転車の盗難についても深刻な状況が続いており、平成30年中の区内自転車盗認知件数が2,146件で都内ワースト2位、今年8月末時点では1,341件と都内で最も多くなっています。
一方、区内における自転車が関与する事故の件数が増加傾向にあり、平成30年中の交通事故全体に占める自転車事故の割合は、4割を超える状況です。また、スマートフォンの普及等の時代変化により、自転車乗用中のながら運転に起因する重大事故も全国各地で発生しています。
これらの課題解決のため条例を一部改正し、自転車利用者に対して「施錠等の盗難防止のための措置の実施」及び「道路交通法関係法令の遵守」を規定します。

2 主な改正内容
(1)自転車の利用者の責務として、次のア及びイを加えます。
ア 施錠等の盗難を防止するための適切な措置を講じること。
イ 道路交通法関係法令を遵守すること。

(2)(1)イに伴い、題名を次のように改めます。
大田区自転車等の適正利用及び自転車等駐車場整備に関する条例
現条例名…大田区自転車等の放置防止及び自転車等駐車場整備に関する条例

(3)一部を除き、公布の日から施行されます。(1)アのみ、令和2年1月1日施行。

3 改正により期待される効果
●平成30年中に区内で盗難された自転車の58.9%が無施錠であったことから、施錠等の盗難防止のための措置を行うよう注意喚起することで、自転車盗難被害の減少を図ります。
●ながら運転が道路交通法関係法令により禁止されていることを条例に明記し、改めて自転車利用者の方々に周知することで、自転車の重大事故防止を図ります。

 今後も、自転車盗難と交通事故のない安全・安心なまちの実現に向けて努めてまいります。

問合先
都市基盤整備部都市基盤計画調整担当課長 電話03-5744-1315

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)