このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成31年度・令和元年度 の中の 【画期的】町工場の底力が社会的課題を解決!第31回大田区中小企業新製品・新技術コンクール入賞企業決定 のページです。

本文ここから

【画期的】町工場の底力が社会的課題を解決!第31回大田区中小企業新製品・新技術コンクール入賞企業決定

更新日:2019年10月21日

<概要>
大田区及び(公財)大田区産業振興協会では、優れた新製品や新技術を開発した区内中小企業を表彰し、その高度な開発力・技術力を広く内外にアピールすることで区内産業の振興を図るべく「大田区中小企業新製品・新技術コンクール」を実施しております。
平成元年にコンクールを開始してから、これまでに269件の新製品・新技術を表彰し、日本を代表する中小製造業のまちである大田区の顔となるに相応しい、さまざまな新製品・新技術を発信してまいりました。
今年度は、昨年度の16件を上回る20件の応募があり、厳正な審査の結果、9社の入賞企業を決定しました。(詳細は別紙参照)

<今年度のポイント>
機械装置を中心に医療・介護、ロボット、インフラ、鉄道、スポーツ用途他、多種多様な応募がありました。最優秀賞に選ばれた「直進軽快車いす」は、筋力の弱い介護者が水勾配など路面の傾斜に影響されずに少ない力で操作できる車いすで、介護事業者と町工場との連携により開発されました。また、優秀賞には大型の風力発電器ブレード用の点検ロボットと地下埋設物の位置を可視化する探査技術がそれぞれ選ばれ、奨励賞・特別賞には大田区らしい加工技術を駆使した製品や機械装置など、6社が選ばれました。

<第31回大田区中小企業新製品・新技術コンクール>
実施:大田区・(公財)大田区産業振興協会 (後援:日刊工業新聞社、日経BP総研)
対象:区内中小企業者が概ね5年以内に開発した新製品・新技術
審査:東京工業大学教授(副学長)佐藤勲 審査委員長 他
参考:http://www.pio-ota.jp/concours/(歴代受賞案件)

<表彰式のご案内>
 日時:令和2年2月6日(木曜日)10:15〜
 会場:大田区産業プラザ(PiO)(京急蒲田駅より徒歩3分)
 備考:「第24回おおた工業フェア(http://www.pio-ota.jp/k-fair/24/)」内で実施。

問合先
大田区産業経済部工業振興担当     堀江    03-5744-1347
大田区産業振興協会ものづくり・イノベーション推進課 石川    03-3733-6145 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)