このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成31年度・令和元年度 の中の 【プレスリリース】画期的!ものづくり立国は町工場社長との直接対話から!〜中高生を対象に「まちこうばがやってくる!」イベントを開催〜 のページです。

本文ここから

【プレスリリース】画期的!ものづくり立国は町工場社長との直接対話から!〜中高生を対象に「まちこうばがやってくる!」イベントを開催〜

更新日:2020年1月9日

日時
令和元年11月30日(土曜日)13時30分 〜16時30分

場所
大田区産業プラザPiO(南蒲田1-20-20)

内容
全国の中小企業に共通する問題の一つに「人材不足」があります。主な原因は「若者が企業の存在を知らない」「企業がどのような仕事をしているかがわからない」などが挙げられます。
そのような中、若者たちに向けて自社をPRし、積極的に迎え入れようとする東京都大田区の町工場経営者たちがいます。彼らの前向きな取り組みをご紹介します。

今年で2回目を数えるイベント「まちこうばがやってくる!〜働く場所としてのまちこうばの展示会〜」がおおたコマプロジェクトの主催で開催されました。8社の町工場が出展、製品展示のほか、自社の活動を動画で紹介しました。加えて9社がパネル出展しました。
また、会場中央には、下町ボブスレーの最新デザイン実機が登場し、彩りを添えました。
さらに、会場大型スクリーンでは全日本製造業コマ大戦大田区場所の様子や下町ボブスレーの取り組みが放映されました。

この展示会の最大の魅力は、出展企業の経営者と直接対話できることです。技術や製品紹介だけでなく「職場」としても理解してもらうことに重点を置いています。高校生からの労働に関する質問にも丁寧に答えてくれる経営者の姿勢は、来場者にも好評です。
さらに今年は、新企画として職人の必需品「ノギス」と「マイクロメーター」の使い方講座も開催。お土産として「ノギス」か「マイクロメーター」をお持ち帰りいただきました。

約3時間の開催にもかかわらず、当日は中高生を含め約70名の方が来場。開場直後から盛況となりました。来場者からは「まちこうばを身近に感じることができてよかった」「今度は工場にもいってみたい」等の声が聞かれました。
また参加した経営者からも「目的をしっかり持って来場してくれた人が多くいたと感じられた。継続実施し町工場の認知度を高めていきたい」(関実行委員長)、「多くの方の来場に感謝。これからも地元大田区の町工場を知ってもらう機会を作って、働く人を募っていきたい」(柳沢大森工場協会会長)などの意見がありました。

「町工場で働く職人さんが増えてくれればと思います。来年も開催予定ですので、是非お越しください。」(大井大森工場協会事務局長)などの感想がありました。
経営者の想いが、来場者にしっかり伝わったことを実感できるイベントとなりました。

未来につなぐ町工場経営者たちの取り組みは、これからも続きます。

来場者には、来場特典として「まちこうば入門の書」をプレゼント。大田区町工場の特徴や、出展・パネル展示した町工場を中高生向けに解りやすく紹介しています。
パンフレットは、参加企業が協力して製作。写真やイラストを多用し、温かみのある仕上がりとなりました。

問合先
(公財)大田区産業振興協会 ものづくり・イノベーション推進課長
電話 03−3733-6154

来場特典「まちこうば入門の書」の画像
来場特典「まちこうば入門の書」

当日の会場の様子の写真
当日の会場の様子

パネル展示と下町ボブスレーの写真
パネル展示と下町ボブスレー

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)