このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成31年度・令和元年度 の中の 【プレスリリース】大田区の伝統工芸を区内外へPR!〜大田区伝統工芸士に新たに2名の工芸士を認定〜 のページです。

本文ここから

【プレスリリース】大田区の伝統工芸を区内外へPR!〜大田区伝統工芸士に新たに2名の工芸士を認定〜

更新日:2020年2月18日

日時 令和2年2月18日(火曜日)午後2時から午後2時30分まで
場所 大田区役所5階 庁議室

1 概要
 区内外で活躍している区内在住の伝統工芸士の社会的評価の向上を図るとともに、区民の伝統工芸への興味・関心を喚起するため、平成29年度より、大田区伝統工芸士認定制度を創設し、これまでに6名の方を認定してまいりました。今年度は、大田区伝統工芸士認定審査会の審査を経て、大田区長が下記の2名を新たに大田区伝統工芸士として認定し、本日大田区役所にて認定証の贈呈を行いました。認定者のお二人には、ご自身の分野である絽ざしならびに和裁についての歴史や特徴についてお話いただきました。
 清水耕次大田副区長は、認定されたお二人について「大田区内における伝統工芸振興に大変貢献していただいている。今後のお二人の益々のご活躍と大田区伝統工芸発展の会のご発展を心よりお祈りする」と祝福しました。

2 認定者詳細
(1) 黒川(くろかわ) 朋子(ともこ)氏(絽ざし 制作実務年数 約50年)
アメリカボストンに2年在住後帰国し、着物・帯・ハンドバッグ等の制作を始めるとともに赤坂・京都にて絽ざし教室を開くほか、講師としても活躍している。また、「日本手工芸指導協会会長賞」「日本手工芸指導協会内閣総理大臣賞」などの賞を受賞している。

(2) 中山(なかやま) 健(たけし)氏(和裁 制作実務年数 約25年)
横浜にある衣装研究会に入り初代横浜マイスターに認定されている鈴木榮治代表に師事した。現在は父が創業した「きもの仕立処 中山和裁」の2代目として活躍しているほか、コンクールの審査員や指導員としても活躍している。2019年11月には東京マイスター(優秀技能者)に認定されている。

    
問合先 文化振興課 電話 03-5744-1226 

左から順に黒川氏、清水大田副区長、中山氏
左から順に、黒川氏、清水大田副区長、中山氏

 黒川朋子氏制作の絽ざし作品
黒川氏制作の絽ざし作品

中山健氏制作の着物
中山氏制作の着物

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)