このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 令和2年度 の中の 【プレスリリース】海苔養殖等に使われた船の模型を紹介 企画展「大田の船模型 海苔と漁業の思い出をのせて」を開催 のページです。

本文ここから

【プレスリリース】海苔養殖等に使われた船の模型を紹介 企画展「大田の船模型 海苔と漁業の思い出をのせて」を開催

更新日:2020年6月3日

表題
海苔養殖等に使われた船の模型を紹介 企画展「大田の船模型 海苔と漁業の思い出をのせて」を開催

日時
令和2年8月16日(日曜日)まで
(新型コロナウイルスの感染拡大の防止に伴い、会期を変更する可能性があります。)

場所
大森 海苔のふるさと館(平和の森公園2-2) 2階企画展コーナー

概要
大田の海苔生産者が漁業権を放棄し、最後の海苔採りをした昭和38年春以降、船大工や手先の器用な人々が、船の存在を伝えるために船模型を製作しました。大田区では、海苔の船のほか大田で使われていたさまざまな船の模型を収集し、保管してきました。
そこで、これらの船模型を展示し、それぞれの船の役割や在りし日の姿を写真でたどります。

詳細
明治中期までは、大森で船といえば海苔採りのベカブネぐらいでした。しかし、大正時代になると、養殖技術の向上に伴い、竹ヒビを載せて千葉県沿岸の種付け場を往復するための大型の船が必要になりました。そこで、まず中古の手繰船(打瀬船)や砂利船(荷足船)が代用として使われ始め、やがて専用の海苔船が誕生しました。戦後になると、漁場の拡大や生産技術の向上に伴い、各家で海苔船を所有するようになりました。人数分のベカブネを載せた海苔船で沖合の漁場を往復し、漁場ではベカブネに乗って海苔を採りました。
開館時間 午前9時から午後5時
休館日 第3月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 無料

展示予定資料
船模型7点、古写真 12点

問合先
大森 海苔のふるさと館 03-5471-0333(第3月曜休館)
大田区立郷土博物館 03-3777-1070(月曜休館)

「海苔船」模型 松原留蔵氏制作の写真
「海苔船」模型 松原留蔵氏制作 

「海苔船」模型 小島貫靖氏制作の写真
「海苔船」模型 小島貫靖氏制作

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)