このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 令和2年度 の中の 【プレスリリース】【必見】グローバル時代の先駆けとなった咸臨丸出帆から160年!海舟が見た、感じた!サンフランシスコ 全国初の勝海舟記念館開館1周年特別展 のページです。

本文ここから

【プレスリリース】【必見】グローバル時代の先駆けとなった咸臨丸出帆から160年!海舟が見た、感じた!サンフランシスコ 全国初の勝海舟記念館開館1周年特別展

更新日:2020年9月4日

日時
令和2年9月4日(金曜日)から12月6日(日曜日)まで

場所
大田区立勝海舟記念館(南千束二丁目3番1号)

内容
幕末、万延元年(1860年)勝海舟は、艦長として、咸臨丸で品川を出帆し、苦難の航海を経て太平洋を横断した。勝海舟記念館では、開館1周年を記念して、「勝海舟記念館開館1周年特別展 海舟が見た、感じた!サンフランシスコ〜咸臨丸出帆160年〜」を開催いたします。
渡航時の海舟自筆の手記(日記帳)、海舟が現地で入手した地図や蒸気機関の模型のほか、初公開資料として、現地に残る咸臨丸水夫の墓所の写真などを展示します。常設展も9点が初公開資料と見どころ満載です。
そして、勝海舟記念館グッズに「エコバック(ブラック・カーキ)1,000円」「クリアボトル(500ml)1,000円」が新登場。当館は、昭和3年に建築され、国登録有形文化財である旧清明文庫を増築していますが、エコバックはその外観を、クリアボトルはその特徴的なネオゴシック建築の意匠をあしらったおしゃれなデザインです。
また、洗足池図書館から勝海舟記念館までの石畳の歩道に、洗足池を描いた浮世絵や版画、咸臨丸や旧清明文庫をデザインした路面タイル(10か所)を設置いたしました。記念館まで向かうなかでも「海舟が愛した洗足池」を感じていただけます。
    
問合先
文化振興課 電話 03-5744-1627
勝海舟記念館 電話 03-6425-7608

水夫の墓所(企画展)の画像
水夫の墓所(企画展)

エコバックとクリアボトルの画像
エコバックとクリアボトル

路面タイルの例(川瀬巴水・洗足池乃残雪・昭和26年作)の画像
路面タイルの例(川瀬巴水・洗足池乃残雪・昭和26年作)

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)