このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の 東京オリンピック・パラリンピック大田区推進本部 の中の 東京オリンピック・パラリンピック大田区アクションプログラム の中の 令和元年度大田区オリンピック・パラリンピックアクションプログラム(第6次)事業一覧 のページです。

本文ここから

令和元年度大田区オリンピック・パラリンピックアクションプログラム(第6次)事業一覧

更新日:2019年8月7日

スポーツの振興

新スポーツ健康ゾーンの整備《森ヶ崎公園サッカー場・昭和島2丁目公園》

昭和島や森ヶ崎公園に新たなスポーツ施設の準備を進め、「新スポーツ健康ゾーン」の機能強化を図ります。

新スポーツ健康ゾーン活性化事業

公園やスポーツ施設が集積しているエリアで、区民が健康づくりに取り組めるよう、ビーチエリアでのスポーツ教室やビーチバレー場等の無料開放を実施します。

障がい者スポーツの振興

6月のおおたユニバーサル駅伝大会、11月のさぽーとぴあスペシャルデーなど、障がいの有無に関わらず楽しめるスポーツプログラムを実施するとともに、障がい者水泳教室など、障がいのある方が参加できるプログラムも実施します。

ユニバーサル駅伝

スポーツによる健康の増進

スポーツ健康都市宣言記念事業

スポーツをするきっかけや体験づくりのため、総合型地域スポーツクラブや大田区スポーツ協会の協力の下、7月のおおたスポーツ健康フェスタ、10月に区民スポーツまつり、また年に2回OTAウォーキングを実施します。

スポーツに取組む機会の創出

区民の健康維持・増進を図るため、忙しくて時間が取れない層やスポーツへの関心が低い層の区民にスポーツのきっかけづくりとなる事業の実施や広報活動を行います。

高齢者の健康維持事業

高齢者の元気を応援する講座を複数回実施し、また、高齢者の元気をアップする運動イベントを実施することで、高齢者が身体を動かす機会を提供します。

子どもの体力向上の推進

全小学校に体育指導補助員を配置するとともに、全中学校をアクティブスクールに位置付け、小中学生の体力向上に取り組みます。また、体育・健康教育授業地区公開講座を実施し、保護者や地域の方への啓発活動を実施します。

小・中学校体力向上の取り組み

国際都市おおたの観光振興

職員の英語コミュニケーション能力向上支援

職員の英語コミュニケーション能力を高めるための職場研修や職員の自己啓発に対する支援を実施し、外国人区民に対する窓口対応力を向上させます。

(一財)国際都市おおた協会への運営支援

国際都市おおた協会は、大田区における多文化共生、国際交流及び国際協力の活動支援や国際人材の育成を地域の力と連携・協働を通じて推進し、地域の活性化に寄与することを目的にしています。

来訪者受入環境の整備

区民はもとより、外国人旅行客や障がい者、高齢者など大田区を訪れる人々が、安心して区内を回遊して、観光とまち歩きを楽しめるように、観光資源や観光拠点等をピクトグラム・記号・多言語で表記した観光案内サインの新規設置や盤面更新を実施します。

観光振興

おおたの観光魅力発信事業

消費・経済活動を伴うMICEは、誘致することで地域経済の活性、区のブランド力、認知度向上につながります。区では、民間事業者が実施するMICE事業を支援するとともに大田区らしいMICE誘致における戦略とあり方を策定します。

観光情報センター等の運営

京急蒲田駅直結の商業施設内に区観光情報センター、羽田空港国際線旅客ターミナルビル内に区観光情報コーナーを設置し、観光情報の提供などを実施します。

大田区内の観光情報センター・コーナー

商店街活性化テーマ別選択事業補助金(国際観光都市関連事業)

商店街で実施するイベントについて、国際観光都市関連のテーマで企画実施する場合に申請できる大田区の補助金制度です。

都市機能の向上

空港臨海部まちづくり・交通ネットワーク等調査

羽田空港跡地のまちづくりの進展や東京2020大会の開催等の状況変化を見据え、国際都市にふさわしい空港臨海部の実現に向けて、様々な調査計画等に取り組み、まちづくりを推進します。

空港臨海部のまちづくり

外国人滞在施設経営事業(特区民泊)の推進

国家戦略特区における旅館業法の特例を活用し、安全・安心・衛生面に配慮した滞在施設を提供する環境の整備を行います。

大田区の民泊制度について

大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)について

大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の申請手続きについて

おもてなしストリート支援

蒲田駅周辺街路で行う事業の実施主体に対する支援、JR蒲田駅東口商店街街区を中心とした駅周辺の賑わい、繋がりを創出します。

新空港線の整備促進事業

新空港線の事業を速やかに進めるために、より具体的な事業計画などを区民一人ひとりに理解いただけるよう、広報・啓発活動を実施します。関係者間で合意形成が図られた後、速やかに整備主体を設立します。

新空港線「蒲蒲線」整備促進事業

空港跡地における成長戦略拠点の形成

2020年のまち開きに向け、羽田空港跡地第1ゾーンでは区内産業の活性化、おおたの魅力発信に寄与する、世界と地域をつなぐ「新産業創造・発信拠点」の整備を公民連携により進めます。

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業に関するパンフレット・リーフレットの発行について

コミュニティサイクルの試行実施

新たな交通手段として、観光振興や公共交通の補完等の効果を期待し、平成29年3月から試行実施しています。区内の移動だけでなく、都内10区での相互乗り入れを行っています。

コミュニティサイクル

大森駅周辺地区の整備

大森駅東口駅前広場(交通島)整備工事により、安全・安心で魅力のある歩行者環境を創出するとともに、大森の歴史・文化を広く発信していきます。また、東京2020大会と連動したスポーツイベント等の実施を予定している地元まちづくり協議会等の活動を、区が支援します。


(注釈1)画像はイメージです。

まちの魅力向上

地域におけるユニバーサルデザイン実践講座

区内在住・在勤の方々に対し、障がい当事者の方による講話や障がい疑似体験を通じて、ユニバーサルデザインの考え方を普及します。

呑川水質浄化対策の推進

呑川の水質浄化に向けて、様々な取組(浄化施設の整備・稼働、河床整正工事、合流式下水道の改善など)を行っています。

河川(呑川の水質浄化に取り組んでいます)

ブルートライアングルプロジェクトの推進

区の木「クスノキ」を食草とするアオスジアゲハは、オーストラリアでは「ブルートライアングル」と呼ばれています。アオスジアゲハをはじめとしたアゲハチョウが飛び交う豊かな環境の創出と保全に努めます。


多摩川台公園


東糀谷防災公園

オリンピックレーンの無電柱化

オリンピック競技会場(大井ホッケー競技場)周辺道路の無電柱化等、整備工事を実施します。

外国人来訪エリアにおける無電柱化

空港周辺エリアの環境整備工事を実施します。


整備前


整備後 (注釈1)写真はイメージです。

18色の緑づくり支援

18の地区(各特別出張所)ごとに「地域の花」を選定して皆さんに育てていただき、特色のある景観をつくる取り組みを行います。

18色の緑づくりを進めています

屋内・屋外での喫煙対策

たばこセミナー等を実施し、受動喫煙に対する理解を広め、健康増進に繋げます。また、分煙環境を整備し、喫煙ルールの周知徹底を行うことで、まちの魅力を向上させます。

街の美化

放置自転車対策・喫煙マナー向上の推進

放置自転車の防止・喫煙マナーの向上を図ることにより、清潔で快適な地域環境を目指します。

街の美化

区内産業の魅力発信

産業クラスター形成支援事業(障がい者用スポーツ用具の開発)

産業クラスター形成のモデルケースとして実施している障がい者スポーツ用具の開発に取組み、より完成度の高い製品開発を目指します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大田区産業振興協会HP「障がい者用スポーツ用具の開発」

文化の振興

大田区文化レガシー創設

春宵の響き(5月)や花火の祭典(8月)、文化フェア(2月)、おおた和の祭典(3月)などの和文化発信イベントを開催します。また、区内で行われる文化事業・イベントの認知度を向上させるため、おおたウエルカムボランティアによる情報発信を行います。


おおた和の祭典


春宵の響き

大会開催への協力

おおたウエルカムボランティア事業

東京2020大会を契機に国内外から来訪する観戦客やブラジル選手団を区民とともに「おもてなし」するため、区が独自に採用したボランティアによる活動を行います。

オリンピック・パラリンピック教育の実施

区立全小・中学校が「オリンピック・パラリンピック教育の推進」を教育課程に位置付け、年間35時間程度を目安にオリンピック・パラリンピック教育を組織的・計画的に実施します。

気運醸成

大会競技種目の普及啓発及びオリンピック・パラリンピック大会気運醸成事業

パラリンピック競技や区内で開催されるホッケー競技の体験会、オリンピアン・パラリンピアンなどによる講演や実技指導など、様々な取組みを通じて大会や競技の魅力を区民に伝え気運醸成を図ります。

会場の誘致等

ブラジル選手団の事前キャンプ等受入れ事業

大田区では、東京2020大会のブラジルオリンピック選手団の事前キャンプを受入れます。今年度は、男子バレーボール、女子ハンドボールの合宿を受入れる予定です。

大田区青少年交流センター(旧平和島ユースセンター)の開設

青少年健全育成施設としての機能を維持しつつ、区の特性を活かし、国内外のアスリートや公園利用者等、多様な人々が利用・宿泊・交流可能な施設として整備していきます。(令和元年10月21日開設予定)


(注釈1)写真はイメージです。外装等は変更になる可能性があります。

大田区青少年交流センター

大田スタジアム施設改修

大田スタジアムのグラウンド・スタンド・外壁等の改修をはじめ、ユニバーサルデザイン改修として、エレベーターの新設等による移動円滑化経路の確保やサイン掲示等の充実を図ります。

大田スタジアム施設改修工事

セキュリティ対策

安心なまちづくりキャンペーン

地域安全安心パトロール活動費用助成や街頭防犯カメラの設置費用助成等、区民の安全・安心を守るためのセキュリティ対策を実施します。

地域防犯パトロール活動に対する助成

防犯カメラの設置に対する助成(自治会・町会・商店街等向け)

お問い合わせ

大田区役所スポーツ推進課
東京オリンピック・パラリンピック推進担当
電話:03-5744-1189
FAX :03-5744-1539
sports@city.ota.tokyo.jp

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)