このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 大田区からのお知らせ一覧 の中の 大田区からのお知らせ(目的別) の中の 福祉 の中の 地域で高齢者を見守り、熱中症を予防しましょう のページです。

本文ここから

地域で高齢者を見守り、熱中症を予防しましょう

更新日:2021年7月21日

熱中症にご注意を!

 高齢者は体内の水分が不足しがちで熱中症が起こりやすくなりますので、室内や夜間でも注意が必要です。
 無理な節電をせず、エアコンや扇風機を活用し、十分に水分や栄養を取りましょう。

 新型コロナウイルス感染症の影響で「新しい生活様式」による熱中症予防が必要となります。
 マスクの着用により、顔を中心に熱がこもりやすくなる、のどの渇きに気づきにくいなど熱中症のリスクがより高まります。
 ・人との距離(2メートル以上)を確保できる時は、マスクをはずす  
 ・いつもよりこまめに水分補給をする 
など、十分に注意しましょう。

 大田区では高齢者を熱中症から守るため、以下の取り組みを行っています。
 区民の皆さんも、ご近所同士の声かけや見守りをお願いします。

1 高齢者のお宅に熱中症予防啓発チラシなどを投函します。

 民生委員・地域包括支援センター職員・区職員が、主にひとり暮らし高齢者のお宅に、熱中症に関して注意を呼びかけるチラシなどを投函しています。

2 区立施設を涼み処(クールスポット)として開放しています。

 9月30日まで、下記の区立施設をまちなかの涼み処として開放します(一部、スペースの都合等で開設していない施設もございます)。
 入口付近にあるのぼり旗を目印に、外出時の休憩場所としてご利用ください。

のぼり
のぼり旗

3 地域包括支援センターを高齢者の熱中症予防に関する相談窓口とします。

 高齢者やそのご家族に対して、熱中症予防の声かけや情報提供を行います。

もしもの時にも安心!「高齢者見守りキーホルダー」に登録しませんか?

 元気なときから緊急時に備えましょう。区では高齢者見守りキーホルダー登録事業を行っています。
 事前に緊急連絡先や医療情報等を登録しておくことで、外出先での救急搬送時や保護された際に、医療機関や警察の照会に対して、迅速に情報提供が出来ます。

 高齢者の見守りに関する取り組みについては、こちらをご覧ください。

見守りキーホルダー

高齢者見守り・支え合いネットワーク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

セミナーに関するお問い合わせや高齢者の熱中症に関する相談

高齢者の相談窓口

その他のお問い合わせ

高齢福祉課

電話:03-5744-1250
FAX :03-5744-1522

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)