このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 職員募集 の中の 非常勤職員募集 の中の 大田区消費生活相談員(非常勤職員)の募集(募集期間延長) のページです。

本文ここから

大田区消費生活相談員(非常勤職員)の募集(募集期間延長)

更新日:2018年1月12日

1 採用職種

大田区消費生活相談員

2 採用人数

若干名

3 採用の時期

平成30年4月1日

4 勤務場所   

大田区立消費者生活センター   
大田区蒲田5丁目13番26-101号

5 採用条件

(1)任用期間  平成30年4月1日から平成31年3月31日まで。再度の任用の更新は4回まで可、以降の公募に応募は可
(2)身分 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤職員
(3)勤務日数 週4日程度(平均月16日)、年間192日
(4)勤務時間 午前9時から午後5時まで(休憩60分)
(5)報酬額月額 214,600円(平成29年4月1日現在)
 (注釈1)報酬は29年度実績であり、30年度の報酬額については議会の議決が必要となります。
30年度額については議決後、内定者に通知します。
別途交通費支給、社会保険及び雇用保険あり
(6)勤務の内容 電話、面接による消費生活相談業務、出張啓発等
(7)休暇 年次有給休暇、慶弔休暇等
(8)超過勤務 有

6 応募資格

消費生活相談に関する、次に掲げるいずれかの資格を有し、かつPIO-NETの入力実務経験が1年以上ある者
(1) 独立行政法人国民生活センターが付与する消費生活専門相談員の資格
(2) 一般財団法人日本産業協会が付与する消費生活アドバイザーの資格
(3) 一般財団法人日本消費者協会が付与する消費生活コンサルタントの資格
(4)消費者安全法(平成21年法律第50号)の規定による消費生活相談員の資格

7 選考方法及び合否発表

(1)一次選考 小論文及び書類審査
合否通知発送日 平成30年1月29日頃
<小論文の採点要素>
ア 問題意識「職務にあたる視点で状況認識ができているか。問題意識に幅広さや深さが感じられるか。」
イ 論理性「記述内容に説得力があるか。課題に対する知識が豊富で、論理に幅広さや深さが感じられるか。」
ウ 独自性・表現力 「自分の言葉で記述しているか。文章が分かりやすく、表現が豊かか。」
(2)二次選考 平成30年2月13日(面接審査)(一次選考合格者のみ)
<評定要素>
ア 知識・技能「職務上必要な専門知識・技能の保有度はどうか。」
イ 積極性「意欲を持って職務に当たることができるかどうか。」
ウ 勤勉性「真面目にかつ熱心に職務に当たることができるかどうか。」
(3)合格発表 平成30年2月19日頃

8 申込方法

(1) 大田区立消費者生活センター消費生活相談員(非常勤職員)申込書、資格証明書の写し、小論文(A4版400字詰め横書き原稿用紙3枚に1,000字程度。自筆)を大田区立消費者生活センターあてに簡易書留で郵送または持参。提出書類は一切返却いたしません。申込みの際いただいた個人情報は適切に管理し、目的以外に使用いたしません。
(2) 小論文のテーマ 「相談業務における区民目線の対応について、具体的な事例をあげてあなたの考えを述べてください。」
(3) 申込期限 平成30年1月25日 午後5時必着(募集期間を延長しました)

9 申込み・問合せ先

〒144-0052東京都大田区蒲田5丁目13番26-101号
大田区立消費者生活センター
電話03-3736-7711
FAX03-3737-2936

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

消費者生活センター

大田区蒲田五丁目13番26-101号
電話03-3736-7711
FAX03-3737-2936

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)