このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 地域社会 の中の 人権 の中の 人権学習のとびら の中の 企業と人権 の中の 企業の取り組み(採用選考時の差別解消) のページです。

本文ここから

企業の取り組み(採用選考時の差別解消)

更新日:2008年11月27日

採用選考時の差別解消

 採用選考時に差別することは、重大な人権侵害であり反社会行為といえます。
 就職の機会均等の保障は、同和問題解決の中心的課題の一つであり、とりわけ重要な事柄です。採用選考にあたって、その適性や能力が問題にされる前に、同和地区に対する予断や偏見による差別のために希望する職に就けないという実態があります。こうした偏見に基く就職差別は、女性や障害者、外国籍の人々などに対しても数多く見られます。
 同和問題をはじめとする人権問題について理解を深めて、採用方針や求人、選考基準、選考方法、採用後の配置等の雇用管理にいたるまで就職の機会均等の保障という見地から点検を行い、公正な採用選考体制を確立することが重要です。

国際人権規約

 世界人権宣言を具体的に条約化したもので、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(社会権規約)」(A規約)と「市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由規約)」(B規約)があります。
 1966年(昭和41年)の第21回国連総会で採択され、1976年(昭和51年)に発効しました。
 「社会権規約」で保障されているのは、労働の権利、社会保障についての権利、教育についての権利などの社会権です。
 また、「自由権規約」で保障されているのは、思想・言論・集会・結社の自由、身体の自由と安全、移動の自由、差別の禁止、法の下の平等などの自由権です。

お問い合わせ

人権・男女平等推進課

電話:03-5744-1148
FAX :03-5744-1556

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)