このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の くらしの衛生 の中の みんなの食品衛生 の中の 安全に関わる知識(表示、アレルギー、添加物等) の中の 食品に関わる苦情について のページです。

本文ここから

食品に関わる苦情について

更新日:2019年3月28日

保健所には様々な食品に関わる苦情が寄せられています。東京都では平成23年度に4478件の苦情が保健所等に届出されました。届出された事例は一部であり、実際はそれ以上に苦情につながるような事例は発生していると思われますが、例年4000から5000件の事例が発生しています。
東京都食品衛生の窓

苦情原因のワースト5(平成24年度 東京都)
要因 有症苦情 異物混入 施設・設備 食品の取扱い 異味・異臭
件数  1472 681 514 499 292

有症苦情:体調を崩すこと

異物混入について

食品に関わる苦情の総件数4867件の内681件が「異物混入」によるものでしたが、異物の内訳をみると、ハエ・ゴキブリ等の虫の混入(28.5パーセント)、魚介類等に付着している寄生虫(4パーセント)、ガラス・石等の鉱物性異物(16パーセント)、人毛・獣毛等の動物性異物(17.5パーセント)、その他に合成樹脂、木、紙、繊維などとなっています。


マドレーヌの中からゴキブリ


カビの生えたどら焼き

食品に関する苦情の届出について

「購入した食品から異物が出てきた」、「購入した食品の味や臭いがおかしい」等で生活衛生課食品衛生担当に届け出をする場合は、原因究明のために以下のことにご協力をお願いします。

購入した時の状況をできるだけ詳しく教えてください!

 ●いつ・どこで・どのくらいを買いましたか?
 ●レシートはお持ちですか?
 ●お店で陳列されていた時の状況はどうでしたか?
(冷蔵でしたか?常温保管でしたか?直射日光に当たっていませんでしたか?)
 ●買った後、どこで・どのように・何日間保管していましたか?
 ●異常に気付いたのは、いつですか?(開封する前・開封してすぐ・一部を食べた後)
 ●調理するなど、その食品に何か加えたり、他の食品と混ぜたりしましたか?
 ●苦情品の現品・容器包装は保管されていますか?

調査して欲しい食品の持ち込み方法は?

異物だけでなく、食品全体を容器や包装ごとお持ちください。
また、購入先でのレシート等があれば、一緒にお持ちください。
開封する前に異常に気付いた場合は、そのまま開封せずにお持ちください。
生鮮食品などの要冷蔵冷凍品は、保冷剤等で冷やしてお持ちください。
異常の発見後、できるだけ早く届け出てください。時間の経過により、原因究明が難しくなることがあります。

お問い合わせ

生活衛生課 

食品衛生
大田区大森西一丁目12番1号 大森地域庁舎
電話:03-5764-0697
FAX :03-5764-0711
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)