区内学校、保育施設等、社会福祉施設関係者の皆様へ

ページ番号:240948431

更新日:2022年10月18日

インフルエンザに関する施設別発生状況の報告について

 早期にインフルエンザの患者発生状況を探知し、感染の蔓延を防止することを目的に、施設内においてインフルエンザ様疾患の患者が発生した際に、発生状況の報告をお願いしております。

報告していただく条件

学校等
(1)インフルエンザ様疾患による臨時休業(学級閉鎖・学年閉鎖・休校 )となった場合
⇒「インフルエンザ 様疾患による 臨時休業に関する連絡書 」 にて報告 をお願いします。

社会福祉施設等
(1)インフルエンザ様疾患による臨時休業 となった場合
 ⇒「インフルエンザ様疾患による臨時休業に関する連絡書」 にて報告をお願いします。
(2)インフルエンザによる死亡者が発生した場合
(3)インフルエンザによる入院が 7 日間に 2 名以上発生した場合
(4)インフルエンザ様疾患 患者 1 が7日間に 10 名以上または全利用者の半数以上発生した場合
(5)上記に該当しない場合であっても、インフルエンザの集団発生が疑われ、施設長が報告を必要と認めた場合
 ⇒(2)~(5)「インフルエンザ様疾患患者集団発生に関する連絡書」 にて報告をお願いします。

報告方法

・ 別紙 「インフルエンザ様疾患患者集団発生に関する連絡書」 「インフルエンザ様疾患による臨時休業に関する連絡書」 に必要事項を記入の上、FAXまたはメールにて大田区保健所感染症対策課まで送信してください。
・ 合わせて、区立小学校、中学校は、教育委員会学務課保健給食係へ報告してください。

その他

 状況に応じて 保健所より電話にて詳細 をお伺いします。 その際 「インフルエンザ 発症 経過票」の 提出依頼や 、 調査 訪問 をさせていただく場合があります。また、検査 (咽頭ぬぐい液 によるインフルエンザの検査など について ご 相談させていただく場合も あります。 ご協力をお願いいたします。

感染症対策課

電話:03-5744-1263
FAX :03-5744-1524