このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の ペット の中の の中の 大田区飼い主のいない猫対策モデル地域事業 のページです。

本文ここから

大田区飼い主のいない猫対策モデル地域事業

更新日:2019年8月30日

まちの猫問題、「地域力」で解決しませんか?

 区の特徴である地域力を活用して自治会・町会等の地域自治団体が主体となって取り組む地域猫対策を推進させるために、モデル地域を認定して支援する取組みを実施します。
 令和元年度は、5地域を上限として認定し、飼い主のいない猫の去勢・不妊手術等において1モデル地域当たり10匹まで費用助成を行うとともに、捕獲ケージの貸出し及び職員が自治会・町会等へお伺いして地域猫対策の普及啓発に努めます。

自治会・町会等への支援内容

  1. 地域の実情を踏まえた飼い主のいない猫対策及び管理方法を助言。
  2. 飼い主のいない猫の去勢不妊手術、及び手術に伴う獣医療行為(堕胎措置、ノミ予防措置)の費用助成。
  3. 飼い主のいない猫の保獲ケージの貸出し。
  4. 飼い主のいない猫対策に関する普及啓発(啓発資料の提供、希望に応じて職員が自治会・町会等へお伺いします。)。

モデル地域になるためには

  1. 自治会・町会等を中心として、地域住民が活動の主体になります。
  2. 区から事前に事業の概要について説明を受けます。
  3. 管理を行う猫を把握し、一覧表を作成します。
  4. 猫の管理方法(猫用トイレ設置場所、給餌場所)を決めます。
  5. 猫を管理していく予定地の地域住民に、対策の目的や方法等を周知します。
  6. 猫を管理していく予定地の土地の管理者から、管理方法について同意を得ます。
  7. 地域住民の理解の下に、地域の実情を踏まえた飼い主のいない猫対策を計画し、「活動実施計画書」を作成します。
  8. 自治会・町会の単位で区生活衛生課へ申請を行い、モデル地域の認定を受けます。

具体的な活動内容

  1. 管理する猫を把握  (目的:管理する猫と、それ以外の猫を区別します。)
  2. 去勢・不妊手術の実施(目的:地域に生息する猫の数が今以上に増えなくなります。)
  3. 定時・定点の給餌  (目的:猫を適正に管理することで、新たな猫の侵入を防ぎます。)
  4. 猫用トイレの設置   (目的:ふん被害が軽減し、苦情が減ります。)
  5. 飼い主のいない猫を適正に管理・継続することによって、まちの美化が進みます。
  6. 年度末に活動状況の実績を、区へ報告します。

猫の去勢・不妊手術の申請方法

  1. 去勢・不妊手術予定の猫を保護します。(区では猫保護ケージの貸出しを行っています。)
  2. 区へ助成金交付申請を行い、決定通知を受け取ります。(申請用紙は生活衛生課の窓口で交付します。)
  3. モデル地域事業に協力する動物病院(協力動物病院)に連絡し、猫の搬入日を確認後、施術します。
  4. 手術総額から助成額を引いた額を、自治会・町会等が協力動物病院へ支払います。(自治会・町会等に代わって、協力動物病院が助成額を立て替えて、後日協力動物病院が区へ申請します。)
  5. 協力動物病院から猫を引取り、元の場所に戻します。
  6. その後は、地域で猫の適正管理を継続します。

協力動物病院

協力動物病院は、東京都獣医師会大田支部より御協力いただいています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都獣医師会大田支部ホームページ

助成内容

手術済の識別措置として耳先カット等を必ず行います。

猫の「去勢・不妊手術助成額」及び「医療措置費等助成」 (1地域、10匹まで)

  • おす(去勢手術 + 医療措置費等)13,000円(1匹あたり)(上限額)
  • めす(不妊手術 + 医療措置費等)21,000円(1匹あたり)(上限額)

 上記の金額には、東京都獣医師会大田支部による助成 おす1,000円、めす2,000円が含まれています。

  • 去勢手術とは、おす猫の精巣の摘出、不妊手術とは、めす猫の卵巣、卵巣及び子宮の摘出をいいます。
  • 医療措置費等とは、去勢・不妊手術に伴って行われる、堕胎措置、ノミ予防措置、手術済識別措置(耳先カット)にかかる費用をいいます。
  • 手術済の識別措置として耳先カット等を必ず行います。

 なお、10匹を超過した場合は、区と東京都獣医師会大田支部が行っている猫の去勢・不妊手術費用助成制度(おす7,000円、めす14,000円)が利用できます。

猫の去勢・不妊手術費用助成制度についてはこちらを御覧ください。

報告書の提出

モデル地域の代表者は、モデル地域事業実施報告書を作成し、その年度の末日までに区長に報告します。

地域猫活動

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活衛生課

大田区大森西一丁目12番1号
電話:03-5764-0670
FAX :03-5764-0711
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)