このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 予防接種 の中の BCG予防接種について のページです。

本文ここから

BCG予防接種について

更新日:2017年7月31日

BCG予防接種とは

一生に一度の結核の予防接種。お子さんを結核から守るために必ず接種しましょう。

制度変更のお知らせ

 平成25年2月1日に施行された『予防接種施行令の一部を改正する政令の施行等について』により、BCG予防接種の接種対象者及び標準的な接種期間及び接種方式が下記のとおり変更となりました。

接種対象者

1歳に至るまで(1歳を迎える誕生日の1日前までとなります。)

標準的な接種期間

生後5か月に達した時から生後8か月に達するまでの期間
接種時期を遅くしたことにより、小児の結核罹患率が若干増加することが懸念されています。標準的な接種期間になりましたら、速やかにBCG予防接種をお受けください。

BCG接種後の経過

 接種後10日頃から接種したところに赤いぽつぽつができ、一部に小さいうみができることがあります。この反応は、接種後4週間頃に最も強くなりますが、その後は、かさぶたができて接種後3か月までには治り、小さな傷あとが残るだけになります。これは異常反応ではなく、BCG接種により抵抗力(免疫)がついた証拠です。自然に治るので、包帯をしたり、バンソウコウをはったりしないで、そのまま清潔に保ってください。ただし、接種後3か月を過ぎても接種のあとがジクジクしているようなときはかかりつけの医師に相談してください。

接種後の反応が早く出た場合(コッホ現象)

 接種後1日から数日以内に接種したところの発赤・腫脹(はれ)及び化膿等を起こすことがあります。これを「コッホ現象」といいます。お子さんが結核菌の自然感染を受けている可能性があり、速やかにツベルクリン反応検査や胸部レントゲン検査を行う必要があります。局所の反応そのものは自然に治まっていくので清潔にするだけで構いません。そのため、コッホ現象と思われる反応がお子さんにみられた場合は、速やかに接種医療機関を受診してください。

お問い合わせ


感染症対策課 
電話:03-5744-1263
FAX:03-5744-1524
メールによるお問い合わせ

大森地域健康課
 電話:03-5764-0661
 FAX:03-5764-0659
調布地域健康課
 電話:03-3726-4145
 FAX:03-3726-6331

蒲田地域健康課
 電話:03-5713-1701
 FAX:03-5713-1509

糀谷・羽田地域健康課
 電話:03-3743-4161
 FAX:03-6423-8838

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)