このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 国保・年金 の中の 後期高齢者医療 の中の 保険料 のページです。

本文ここから

保険料

更新日:2019年5月1日

保険料の金額

 後期高齢者医療制度では、被保険者一人ひとりが保険料を納めていただきます。保険料は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と、所得に応じて負担する「所得割額」の合計になり、東京都後期高齢者医療広域連合が条例で定めます。

保険料の計算(平成31年度の保険料の算定です。)
保険料 均等割額 所得割額
被保険者一人当たり(限度額62万円) 43,300 (総所得金額ー33万円)×8.80%

(注)平成31年4月から令和2年3月までの年度は「平成31年度」と表記しています。

 普通徴収のかたには、4月に前年度の保険料額を基に仮計算した3か月分の金額を通知します。特別徴収のかたは、前年度の2月と同額を4月・6月・8月まで仮徴収します。(6月・8月の仮徴収額は調整の為、変更することがあります。
 7月にすべての被保険者に前年の所得を基に本算定して通知します。

均等割額の軽減

 所得の低い方は、同じ世帯の世帯主と後期高齢者医療制度に加入されている方(被保険者)全員の所得の合計額に応じて、軽減されます。 
 なお住民税の申告をしていないと軽減判定が受けられない場合があります。

均等割額の軽減
区分 所得の合計が下記の基準を超えない世帯 軽減割合
平成31年度 令和2年度 令和3年度
1 世帯所得が33万円(基礎控除額)以下で、被保険者全員の年金収入が各々80万円以下(その他の所得がない)の世帯 8割 7割
(本則)
2 世帯所得が33万円(基礎控除額)以下で、上の条件を満たさない世帯 8.5割 7.75割 7割
(本則)
3 33万円(基礎控除額)+28万円×被保険者の数 5割
4 33万円(基礎控除額)+51万円×被保険者の数 2割

注)65歳以上(1月1日時点)の方の公的年金所得については、その所得からさらに15万円(高齢者特別控除額)を差し引いた額で判定します。
注)区分1、2の軽減割合は、法令上は7割です。国により特例として実施されてきた軽減は、介護保険料の軽減拡充や年金生活者支援給付金の支給が行われることとあわせ、上表のとおり見直されました。また区分3,4の軽減の基準額が前年度より引き上げられ対象範囲が広げられました。

所得割額の軽減

 保険料の所得割額を負担しているかたのうち、総所得金額等から33万円を引いた金額が、58万円以下のかたは軽減されます。

所得割額の軽減(東京都広域連合独自の軽減措置です)
総所得金額等 − 33万円(基礎控除額) 軽減割合
15万円まで 5割
20万円まで 2.5割

 会社の健康保険などの被扶養者だった方の軽減

 これまで会社の健康保険などの被扶養者で自分で保険料を納めていなかった方も、後期高齢者医療制度では被保険者となり保険料を納めることになりますが、保険料の軽減措置があります。
【対象となる方】
後期高齢者医療制度の対象となった日の前日まで会社の健康保険など(国民健康保険、国民健康保険組合は除く)の被扶養者だった方
【軽減内容】
均等割額:5割軽減(加入から2年を経過する月まで。平成29年4月30日以前に加入した方は平成31年3月まで)
所得割額:当面かかりません。

保険料の納め方

 お支払い方法は、原則として公的年金からの天引きになります。年額18万円以上の年金受給者で、介護保険料と後期高齢者医療保険料が年金の年額の2分の1以下のかたについては、原則年金の定期払(年6回)の際、介護保険料と同時に天引きされます(特別徴収)。
 その他のかたは、納付書や口座振替で納めていただきます(普通徴収)。
 納付書でのお支払いは、納期限までにお近くの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、農協)、ゆうちょ銀行・郵便局、コンビニエンスストア、MMK設置店(注)、区役所、特別出張所で納めてください。
 また、年金から差し引かれているかたでも、ご希望により口座振替で納めることができます。お手続きには、「変更申請書」と「口座振替依頼書」の提出が必要となりますので、下記お問い合わせまで、ご連絡ください。

(注)MMK(マルチメディアキオスク)設置店とは、納付書のバーコードを読み取ることによって収納手続きを行う端末が設置されている有人店舗のことです。
 対象となるMMK設置店は駅構内に所在するコンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーマーケット等です。店舗詳細についてはMMK設置店のホームページをご確認ください。

保険料を納めないと

保険料の納め忘れは、制度の健全な運営に支障をきたすことに繋がりますので、必ず納期限までに納めてください。納め忘れになっている方等については、区が委託した民間事業者(納付案内センター)が、電話や訪問により納付案内を行っています。特別な理由もなく保険料を滞納した場合、有効期限の短い被保険者証の交付や財産の差し押さえを行うことがあります。納めることができない場合は、後期高齢者医療収納担当までご相談ください。

保険料は納期までに納めましょう(後期高齢者医療収納担当)

保険料を納期内に納めている人(納付義務者)との公平性を図るため、平成31年度の後期高齢者医療保険料の賦課より延滞金の加算と徴収を行います。
納期限までに納付がない場合、未納の保険料に対して納期限の翌日から納付日までの期間に応じて延滞金が加算されます。

延滞金の計算方法(後期高齢者医療収納担当)

延滞金=保険料×利率×延滞日数÷365
 ・保険料:期別の保険料のうち未納分
 ・利率:年8.9%(ただし、納期限の翌日から3か月までは年2.6%)   
 ・延滞日数:納期限の翌日から納付日までの期間

延滞金計算対象の例外(後期高齢者医療収納担当)

・期別保険料が2,000円未満の場合は、延滞金は徴収しません。
・期別保険料の1,000円未満は、切り捨てて計算します(例:2,100円→2,000円)。
・期別保険料を完納した時点で発生した延滞金が、1,000円未満の場合は徴収しません。
・延滞金は100円単位で加算していきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

国保年金課

保険料・減免について
後期高齢者医療資格担当
電話:03-5744-1608
保険料のお支払い・口座振替について
後期高齢者医療収納担当
電話:03-5744-1647
FAX :03-5744-1677
納付案内センター
 後期高齢者医療保険料
  電話:03-5744-1681

メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)