(講座は中止となりました)【じんけんカフェ】コロナ禍の子どもたち~「わたし」はどう向き合うか~

ページ番号:846273804

更新日:2021年3月8日

 緊急事態宣言期間の延長に伴い、中止を決定しました。今回楽しみにしていただいた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

コロナ禍で大きく変化した子どもを取り巻く環境。
社会、地域、自分を知ることで、子どもに向き合う「わたし」を見つめ直す講座です。

【対象】原則として区内在住・在勤・在学の方
【定員】15名(定員を超えた場合には、抽選を行います。)
     保育付き(概ね1歳半~未就学児が対象)
【会場】入新井集会室 大集会室及び小集会室

第1回 データでみるコロナ禍の子どもたち

日時

3月12日(金曜日)午前9時45分から午前11時45分まで

学習支援者

株式会社博報堂 こそだて家族研究所 上席研究員 亀田 知代子かめだ ちよこ

内容

 コロナ禍における子どもたちの生活の変化を、データから客観的に捉えてみましょう。

第2回 「わたし」が見た子どもたち

日時

3月19日(金曜日)午前9時45分から午前11時45分まで

学習支援者

気まぐれ八百屋だんだん店主 近藤 博子こんどう ひろこ

内容

 地域の子ども達を見守る子ども食堂から、身近な子どもたちの様子や変化を知り、共に考えましょう。

第3回 子どもと向き合うために

日時

3月26日(金曜日)午前9時45分から午前11時45分まで

学習支援者

認定NPO法人 エンパワメントかながわ

内容

 「日常生活の中で、大人の価値観や都合で子どもと接していないか」を考えるワークショップを通じて、親の人権、子どもの人権について話し合いましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

地域力推進課

区民協働・生涯学習担当
電話:03-5744-1443
FAX :03-5744-1518
メールによるお問い合わせ