このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の 特別展、企画展のご案内 の中の 特別展「川瀬巴水−版画で旅する日本の風景−」のご案内 のページです。

本文ここから

特別展「川瀬巴水−版画で旅する日本の風景−」のご案内

更新日:2021年6月10日

イベントカレンダーへ

特別展「川瀬巴水−版画で旅する日本の風景−」

 川瀬巴水(本名:文治郎、1883〜1957)は、大正7(1918)年から新版画の制作に携わり、戦後にかけて600点以上の作品を残しました。作品の題材となったのは、日本全国を旅する中で出会った風景や、巴水のふるさとでもある東京です。巴水は画業の大半を大田区で過ごし、代表的なシリーズ作『東京二十景』のなかでも大田区の風景を5作品描いています。
 本展示では、初期から晩年までの作品を前期・後期に分けて展示します。前期では、巴水の生まれ故郷でもあり、思い入れのある「東京」の風景を、後期には旅を好んだ巴水が訪れた「旅先」の風景をご紹介します。また、作品に合わせて関連資料を展示し、巴水が写しとった美しい日本の風景をご紹介するとともに、等身大の巴水にも触れていただく機会とします。
 特別展の情報は毎月更新します。ぜひご覧ください。

会期

前期:令和3(2021)年7月17日(土曜日)〜8月15日(日曜日)
後期:令和3(2021)年8月19日(木曜日)〜9月20日(月曜日・祝日)

開場時間

午前9時から午後5時まで

会場 

大田区立郷土博物館 第1展示室(2階)、第2展示室(3階)

入館料

無料

休館日

・月曜日(ただし、休・祝日の場合は開館し、振替休館はしません) 
・展示替えに伴う休館日
(1) 7月12日(月曜日)〜7月16日(金曜日)
(2) 8月16日(月曜日)〜8月18日(水曜日)
(3) 9月21日(火曜日)〜9月27日(月曜日)

特別展の会期中は、常設展の一部が見学できなくなりますので、ご了承ください。

展示資料・点数

(1) 川瀬巴水作品 約400点(前期・後期)
(2) 愛用品、写真、展示会目録他
(3) 映像資料「版画に生きる 川瀬巴水」(約40分)を3階ロビーにて上映

催事

1 講演会
  題目 新版画と川瀬巴水
  日時 令和3年9月5日(日曜日)午後2時〜午後5時
  講師 西山純子氏(千葉市美術館上席学芸員)
  定員 40名(抽選)
  申込 往復はがきに「氏名・住所・電話番号・催事名」を明記し、「大田区立郷土博物館 催事係宛」へお申込みください。8月16日(月曜日)消印有効。

2 展示解説
  日時 7月25日(日曜日)、8月14日(土曜日)、8月28日(土曜日)、9月11日(土曜日)午後2時〜午後4時
  定員 各回先着30名
  申込 7月25日と8月14日は7月11日(日曜日)から、8月28日と9月11日は8月11日(水曜日)から、いずれも電話申し込み

3 巴水講座
A 東京の風景編
  日時 7月28日(水曜日)、8月7日(土曜日)午後2時〜午後4時
  定員 各回先着30名
  申込 7月11日(日曜日)から電話申し込み
B 旅先の風景編
  日時 8月28日(土曜日)、9月11日(土曜日)午後2時〜午後4時
  定員 各回先着30名
  申込 8月11日(水曜日)から電話申し込み

4 その他
  プレ展示として、6月12日(土曜日)から7月11日(日曜日)まで約30点の作品を展示します。

チラシ

特別展「川瀬巴水」のチラシは、こちらからダウンロードできます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

特別展、企画展のご案内

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)