このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の トピックス の中の 特集展示「川瀬巴水−日本を歩く−」のご案内 のページです。

本文ここから

特集展示「川瀬巴水−日本を歩く−」のご案内

更新日:2020年8月29日

特集展示「川瀬巴水−日本を歩く−」

 今年7月より開催を予定していた特別展「川瀬巴水」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となりましたが、特別展の内容を縮小し、特集展示「川瀬巴水―日本を歩く―」を開催します。

【注意】ホームページからの二次利用や無断転載は固く禁じます。資料や画像につきましては、大田区立郷土博物館にお問い合わせください。

 川瀬巴水(本名:文治郎、1883-1957)は、大正8(1919)年から新版画の制作に携わり、戦後にかけて600点以上の作品を残しました。その多くは、版元・渡邊庄三郎のもとで生み出され、近年、国内外で高い人気を得ています。本展示では、渡邊版の作品を中心に、生まれ故郷である東京と、旅を愛した巴水が日本国内を歩き、描いた風景版画を約50点展示します。そして、旅に出る際、いつも持ち歩いたスケッチ帖もご紹介し、どのような過程の中で作品が生まれたかをご覧いただきます。
 現在、川瀬巴水が目にし、作品とした風景の多くは失われてしまいました。伊東深水から「旅情詩人」と評された巴水の等身大の目線を通して、古き良き日本の風景がどのように描かれたのか、その作品世界をご堪能ください。

テキスト 「五月雨ふる山王」大正8年
「五月雨ふる山王」大正8年

テキスト 「西伊豆 木負」昭和12年6月
「西伊豆 木負」昭和12年6月

テキスト 「周防 錦帯橋」大正13年
「周防 錦帯橋」大正13年

テキスト 「洗足池乃残雪」昭和26年
「洗足池乃残雪」昭和26年

会期

令和2年8月18日(火曜日)から同年9月22日(火曜日・祝日)まで
会期の終了日は変更になる場合があります。

開館時間

午前9時から午後5時まで

会場

郷土博物館 3階 第2展示室(馬込文士村コーナー)

入館料

無料

休館日

月曜日(祝祭日の場合は開館)

展示チラシ

↑こちらのPDFをダウンロードして、ご利用ください。

出品作品目録・略年表

↑こちらのPDFをダウンロードして、ご利用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)