このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の まちづくり の中の 大田区の景観 の中の 大田区景観計画に基づく景観資源【文化財】の指定解除について のページです。

本文ここから

大田区景観計画に基づく景観資源【文化財】の指定解除について

更新日:2016年6月15日

 国の登録有形文化財で、大田区景観計画に定める景観資源【文化財等】に指定されていた「鈴木家住宅主屋」、「加藤家住宅主屋」の2件が下記のとおり、除却されました。

登録有形文化財の登録抹消となった物件について
物件名称 所在地 登録年月日 除却日(届出日) 備考
鈴木家住宅主屋 田園調布3-3-17 平成12年2月15日 平成27年4月23日除却
(平成27年5月29日届出)
平成27年10月16日に開催された第163回文化審議会文化財分科会において、登録文化財(建築物)の登録抹消について諮問・答申された。
加藤家住宅主屋 田園調布3-45-19 平成14年6月25日 平成27年7月31日除却
(平成27年8月8日届出)

 上記2件の除却を踏まえ、景観形成において配慮すべき建築物がなくなったことから、第3回大田区景観審議会で決定した「景観資源の指定の取扱い方針」(登録抹消の場合)に従い、当該建築物がなくなった段階で、大田区景観計画に基づく景観資源【文化財】の指定を解除しました。
 また、下表の備考のとおり、本件は、大田区景観計画における「軽微な変更」として、第5回大田区景観審議会に報告しました。

登録有形文化財の登録抹消時の景観資源の指定の取扱い方針
区分 景観資源の指定の取扱い方針 備考
登録抹消の場合 「文化財保護法」の登録抹消の告示後、又は建て替え等により当該建築物がなくなった段階で、自動的に景観資源【文化財】の指定を解除する。 大田区景観計画の「軽微な変更」とし、景観審議会に報告する。
参考:国・登録有形文化財の概要
項目 内容
登録 所有者の同意を経て、教育委員会が決定
登録の抹消 所有者側から登録の抹消ができる
現状変更 教育委員会に届出が必要(「許可」が必要になるわけではない)
備考 国の登録有形文化財の指定は建築物、土木構造物及びその他の工作物のうち、原則として建設後50年を経過し、かつ、次のいずれかに該当するものとされている。
@国土の歴史的景観に寄与しているもの
A造形の規範となっているもの
B再現することが容易でないもの

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市計画課

電話:03-5744-1333
FAX :03-5744-1530
メールによるお問い合わせ
(注釈1)用途地域や都市計画道路(都市計画施設)等の照会に関するお問い合わせ、地区計画・景観計画に係る具体的な建築計画の事前相談、審査中の案件に関する連絡等には利用できません。
 諸連絡等は直接担当課へお願いいたします。

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)