メニュー

住民票所在地以外での接種について

更新日:2021年6月14日

 新型コロナウイルスワクチンの接種は、原則、住民票所在地での接種となります。
 国が定めた「やむを得ない事情で住民票所在地以外において接種を受ける者」に該当する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、住民票所在地以外において接種を受けることができます。
 やむを得ない事情があり、住民票所在地以外において接種を受けることができる方は次のとおりです。

「住所地外接種届」が必要な方

・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
・その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している者
・その他市区町村がやむを得ない事情があると認める者 

上記の方は、接種をする医療機関等が所在する市区町村に対して 「住所地外接種届」を行い、「住所地外接種届出済証」の交付を受けてください。
接種を受ける際は、「住民票所在地の市区町村から発行を受けた接種券(クーポン券)」と「住所地外接種届出済証」を接種会場へお持ちください。

大田区に住民票があるが、区外で接種を希望する方

(1)大田区が発行する接種券を使用します。
(2)接種を希望する自治体に住所地外接種届を提出します。
(3)「住所地外接種届出済証」の発行を受けます。
(4)接種を希望する自治体で予約をします。
(5)接種券、本人確認書類、「住所地外接種届出済証」を持参して会場に行ってください。

大田区に住民票がないが大田区で接種を希望する方

(1)住民票所在地の接種券を使用します。
(2)大田区に「住所地外接種届」を行い、「住所地外接種届出済証」を取得する。
(3)接種券を準備のうえ、大田区新型コロナワクチン接種コールセンターへ電話し、予約番号の登録を依頼する。予約番号登録の翌日から予約が可能となりますので、ご了承ください。
(4)接種の予約をしてください。予約システムにログインする際は、自治体コード6桁の後に接種券番号10桁を追加した16桁の数字を入力してください。
(5)「住所地外接種届出済証」を持参して会場に行ってください。
(注釈)大使館職員、海外から一時帰国中の方、ホームレスの方等への接種券発行については以下の添付ファイルをご確認ください。

大田区への「住所地外接種届」の申請方法

大田区への「住所地外接種届」の受け付けを行っております。
「住所地外接種届」の申請方法には、WEB申請、郵送申請があります。
(1)WEB申請【推奨】
厚生労働省のコロナワクチンナビを使用して住所地外接種届のインターネット申請が行なえます。電子申請を行うと「住所地外接種届出済証」がすぐに発行されます。
届出済証を印刷するか、印刷画面を保存し、接種会場に持参してください。
(2)郵送申請
以下のものを同封し、送付先へ郵送してください。
・住所地外接種届
 届出書を印刷し、必要事項を記入してください。
・接種券の写し
 住民票所在地の自治体から送付された接種券の写し
・返信用封筒
 封筒に住所、氏名を記入し切手を貼ったもの。
[送付先]
〒144-8621
大田区蒲田五丁目13番14号
大田区役所感染症対策課 大田区新型コロナワクチン接種コールセンター

以下に該当する方は、「住所地外接種届」の提出は不要です

・入院・入所者
・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合(基礎疾患についてはこちらをご確認ください。)
・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
・災害による被害にあった者
・勾留又は留置されている者、受刑者
・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である者
上記の方は、接種を受ける際に、会場でご申告ください。

お問い合わせ

大田区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:03-6629-6342 
FAX:03-5744-1574
受付時間:平日、土曜=午前8時30分~午後5時15分
お電話のかけ間違いが多くなっております。発信前に改めて電話番号をご確認いただくようお願いいたします。