メニュー

新型コロナウイルス感染症に関する区の公表の考え方

更新日:2020年5月12日

新型コロナウイルス感染症に関して区内で発生した場合は、次のとおり公表することとします。

  1. 目的
    大田区における感染症のまん延を防止し、感染症による健康リスクが個人や社会に与える影響を最小限にし、区民の命と健康、暮らしを確保することを目的とする。
  2. 公表の対象
    (1)区施設で感染が発生した場合
      区施設とは、区からの委託や指定管理により運営を行う施設も含む。
    (2)区内で感染が確認され、その感染に起因して、感染拡大の恐れがある場合
      ただし、区が公表することについて、原則として、事業者などの了解を得るもの とする。
    (3)その他、感染者の状況や感染拡大のリスク等を総合的に勘案し、区が公表すべきと判断した場合
  3. 公表内容
    感染者の特定に至らない範囲で、以下の情報のうち必要な情報を公表する。
    (1)感染者の年代、性別等
    (2)感染者の症状・経過等
    (3)公衆衛生上の対策
  4. 公表方法
    (1)プレスリリース
    (2)ホームページ
    (3)記者会見
  5. その他
     個人情報又はプライバシーに係る情報の公表に本人の同意が得られず、あるいは公表することでプライバシーや事業運営に重大な支障が生じるおそれがある場合は、公表内容のうち全部あるいは一部の情報を公表しないことがある。

お問い合わせ